ライフスタイル

離婚した場合義父との関係は?

シンママStyle編集部

 

離婚原因が夫ではなく同居している義父だというのはよくある話です。夫とは付き合う中で性格はある程度把握はできますが、相手の両親までとなるとなかなか難しい問題です。今回はそうした義父の様々な問題で離婚を考えるに至ったケースを考えてみましょう。

 

■義父との別居を理由に離婚

 

義父からの暴言やそこに血の繋がった夫に似たような部分を見てしまうと、子供にも影響するのではないかと危惧する方もいます。でも義父が一人で高齢だったりすれば夫も家を出るに出られないことだったあるでしょう。また最近は義父の介護疲れで離婚したいと考える妻もいるようです。

 

いずれも同じ家で顔を見合わすことで積み重なったストレスが原因に一つと考えられます。一度距離を置くことも必要なのですがそれができないとなると、最悪離婚へと舵を切ることになるかもしれません。しかし、夫が離婚に否定的だとすんなりとは行きません。

 

夫婦間の問題で法律上認められた離婚原因であれば夫の意志は関係ないのですが、義父の問題となると厄介です。

 

■同居が理由で離婚する夫婦

 

しかしながら実際に家族との折り合いが悪くなって離婚調停を申し出る人は多いのです。

 

こうした場合はやはり夫を説得させて別居するしか方法はありません。離婚も視野に入れていることを夫に理解してもらうのです。それでも別居が無理なら離婚に合意してもらうしか方法はありません。特に義父との折り合いが悪い状態は子供にも良い影響は与えません。

 

同居していることで辛いなら外に出て働くことも選択肢になるかもしれません。ただし、働いている間は義父に子供の面倒を見てもらうこともあるので理解を得られるかが問題になります。そこで理解が得られないなら、どうしても働きたいので同居を解消するといったこともチラつかせることができるでしょう。

 

■夫からの同意なし、それでも別居

 

夫婦には同居の義務があります。しかし、夫婦関係が破綻状態で協議の最中とか、夫も納得の上で別居に踏み切るなら問題はありませんが、一方的に家を出てしまうのは同居の義務を放棄したと解釈されます。そうなると最悪、夫から慰謝料を求めるもできるのです。

 

ましてや子供を連れて出ていくと、離婚調停で親権を争う際に不利に働くことになります。つまりあくまで同意なくして別居はできないことになるのです。

 

■対策

 

少しでも家にいる時間を減らすことです。一日顔を見合わせる環境はストレスが溜まる一方です。仕事や趣味を持つなどして外に出かけるようにすれば気分になります。また義父が好きな芝居やスポーツ、コンサートなど外に出かける準備をしてあげるのです。相手にもストレス発散は必要です。

 

お互いに気持ちにゆとりができれば些細なことで揉めるような発言も減っていくものです。

 

■慰謝料

 

義父が原因で夫が承諾して離婚になった場合、通常夫婦間の問題で離婚する場合は問題を起こした方が慰謝料を払います。この場合は精神的な苦痛に対する賠償という意味合いで支払いは可能になります。

 

☆まとめ☆

 

今回は義父との同居が原因で夫婦が離婚をするという点で見てきました。最近は介護問題やDVなど夫婦間の問題だけでなく同居する親子間の問題も複雑に絡み合ってきています。

 

まずは夫婦で話し合い、子供がいるなら子供のために一番良い選択肢を導き出すことです。またこういった場合、夫は別居をすることに抵抗感がある人が多いのも事実です。子離れ親離れができていない家庭が問題を難しくするのです。

 

妻は子供第一を強調して、夫の親を責めるようなことを夫には言わないようにしましょう。自然と外に出ていける環境づくりが親にも夫婦にも子供にも望ましいのです。子供がいない夫婦は妻が外に出て働くことでストレスも解消できるでしょう。

 

何れにしても夫婦でどうにか解決したいという意志があるならとことん話し合いましょう。

 

 

(文/ルーミス 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!