ライフスタイル

離婚に弱いのは男の方?妻に子供に未練がある男たち

シンママStyle編集部

 

離婚後、弱い立場とみられるのは女性陣。子供が小さいとなかなか正社員での就職が難しかったり、困窮していくケースが多いなど、社会全体の問題にもなっていますよね。

 

ですが離婚後、多少体はきつくても開放感を感じており、自分の人生を心から謳歌できているのも女性です。仕事も子育ても、結婚していた時よりも充実していると感じている方がたくさんいます。

 

男性の方はと言うと、女性のようにあっさりと気持ちを切り替えることが出来ないご様子! ここでは離婚後の男の心理や、元妻や子供に対する未練・執着について触れたいと思います。

 

■離婚を後悔している男性は多いらしい!

 

離婚を後悔している理由として

 

・さみしい

・1人での生活が辛い

(買い物、掃除と言った家事を舐めていた)

・周囲の「バツイチを見る目」が辛い

・子供と一緒に生活できない

・嫁が謝ってくると思っていた

 

などが挙げられます。

 

女性目線だと「そんなの離婚した瞬間、想定できそうなことでしょ!?」と、思わずイラっと来てしまいそうな言い分ですよね。

 

離婚理由が、主に夫にあった場合は、それこそ自業自得。身から出た錆です。そういったケースでは「かわいそう」などと思う元嫁さんは少数でしょう。

 

■仕事終わりの虚無感に耐えられない

 

男性は女性とは違って、ライフイベントに「出産」がありません。その分、体や精神は働いたり誰かのために役に立ちたいと思った時に、動くことが出来るようにできています。

 

そんな「男」という生き物が、離婚後に陥りやすいのが働いた後の「虚無感」です。今まで、形式だけだったかもしれないけど家族という形があった。

 

その中で、自分の為と言うより家族のために働いていたし、家族の誕生日や記念日にそばにいる事で、働いている事への目に見えない恩賞が、自然と与えられていた。そのことに、離婚して初めて気づき、大きな虚しさに襲われるのです。

 

当たり前だった家族との絆が、こんなにも自分にとって大きなものだったのだと、離婚してじわじわと感じていくのでしょう。

 

■バツイチ男性は再婚も出来ず、出世できない事が多い?

 

 

離婚後、なかなか再婚できない男性が殆どです。理由として

 

・結婚はもういいと思っている

・子供がいるからできない

・相手を幸せにできる自信が無い

 

などなど。

1度失敗しているので当然でしょうか。

 

夫婦どちらかの不倫や浮気が原因で、泥沼を経験して離婚した方なら、尚更再婚しようなんて思わないでしょう。

 

さらに離婚により会社から信用を失墜し、昇格対象からしばらく外されてしまう男性もいます。

 

そんな環境に耐えられず転職したり、どうしていいか解決策を見つけることが出来ず、うつになる男性も中にはいるようです。

 

バツイチ男性を偏見の目で見るのは会社の人間だけではありません。家族・友人もそうです。

 

お盆やお正月に実家に帰りづらくなる。友人の集まりや同窓会に顔を出しづらくなる。

 

結婚していた時とは大違いの生活に耐えられず、「やりなおしたい」と思う気持ちから、1人になった時に子供の写真を眺めたり、元妻に連絡したり、通学路で車越しに子供の姿を確認したりする男性も。

 

そんな行動がエスカレートして、まだ未就学の子供と2人きりで会い、隠れて無理心中を図った男性までいました。これは国内で会った本当の事件なのですが、悲しいことに子供だけ命を奪われてしまったのです。

 

☆まとめ☆

 

こういったケースを想定し、離婚する際は男性を傷つけない様、誠意をもって接するべきです。男性は意外とメンタルが弱いので、よりよいシンママ生活を送るためには離婚の仕方に気を付けましょう。

 

 

(文/namiki 画像/123RF)

 

 

 

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!