ライフスタイル

離婚するとき義両親との関係はどうなる?

シンママStyle編集部

 

離婚の原因が同居していた義理の両親との折り合いが悪く耐えられず、両親と別居を提案したところ夫から離婚を切り出されたと言うケースがあります。

 

やはり義両親との折り合いが離婚の大きな原因になることもあります。義両親との付き合いの難しさは誰もが経験することです。ましてや離婚をするとなると様々な問題が起こってきます。今回は義両親と離婚について考察していきましょう。

 

■離婚の最大の原因は義両親

 

義両親と別居しているなら顔を合わせないですむところですが、同居となるとそうもいきません。同居を始めてからも衝突しそうな関係を我慢してきて、子供が生まれると育て方や躾について口を挟むことが多くなり、妻としてイライラする日々が続いたりします。

 

ましてや、子供に悪口を吹き込んだりすれば、子供の教育にも悪影響を与えかねません。そうした義両親との関係が原因で離婚に踏み切る夫婦がいるのです。

 

■義両親には子供を会わせたくない

 

元夫に子供を会わせられても義両親には絶対に会わせたくないと思うのも当然でしょう。面会をする際に元夫以外の人には会わせないようにすることは可能なのでしょうか。

 

当事者同士で話がまとまらない時は弁護士に相談する方がいいでしょう。離婚をする際にはルールを決めることが大切です。離婚した夫には会いたくない、連絡もしたくない、離婚した夫以外には子供を会わせたくないなど細かなルールを弁護士と話し合うのです。

 

そうして家庭裁判所に調停を申し立てます。ここでは面会の場所・日数や頻度・宿泊など事細かく決めて行きます。曖昧なままで面会をしてトラブルにならないようにするためです。

 

義両親と面会させたくないのはよくある話です。そもそもこうした面会は親権を持った親と親権を無くした親が会うことを想定しています。祖父母に会わせる義務は本来ありません。

 

■義両親との問題に夫は見て見ぬふり

 

往々にして嫁と義両親の間がうまく行かない時に、夫は知らん顔なのです。逆に間に入って疲れたからもう離婚でいいなどと言う始末なのです。

 

典型的な親離れができない夫からすれば自分の両親は大切であり、そこの嫁が来てもめるのは嫁が悪いからとなってしまうのです。妻からすればもうそこに自分の味方はおらず、完全孤立状態です。子供がいてもそうした環境で生活を続ければいずれどうなるか心配で離婚を決意するのも仕方のないことかもしれません。

 

■親権が確保できるか心配な方

 

義両親と同居であれば親権が母親に行くのは容易ではありません。周到に準備をしなければなりません。まずは離婚しても生活して行ける状態を早く見つけることです。そして注意したいのは離婚の意志を悟られないことです。

 

こうした場合には一人で悩まずに、弁護士に相談をすることをおすすめします。親と同居しながら、離婚と親権を確保するには専業主婦にはハードルが高いからです。家には義両親がおり、子供を育てて行く環境は整っているように見えます。ましてや子供がなついていればなおさらです。遠くに別居して義両親がいるケースとは大きく異なるのです。

 

☆まとめ☆

 

離婚原因の一つに義両親との折り合いが悪く離婚になる夫婦が多いのです。特に同居が原因の一つと言えます。離婚に際しては子供との面会が一番問題になりますが、本来親権を持った者と親権を奪われた者が取り決めをして会うものです。

 

義両親に会わせる必要はないのです。仮にそれを要求されたら拒絶する方法もあります。そうした細かな詳細はきちんと離婚時に決めておく必要があります。

 

また義両親と同居している状況下で離婚をし、親権を確保することは容易なことではなりません。それを承知でシングルマザーになるにはやはり弁護士に相談をして事を進めるのが肝要です。

 

 

(文/ルーミス 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!