我慢しないで。離婚する勇気を。

DV被害で悩んでいる女性は少なくなく、2015年のデータでは、3日に1一人、夫によって妻が殺されているという現状がここ日本であります。

タグ: ,

 

DV被害で悩んでいる女性は少なくなく、2015年のデータでは、3日に1一人、夫によって妻が殺されているという現状がここ日本であります。

 

はたから見れば、どうして離婚しないのかと思うような状態でも、簡単に離婚できない理由が、人それぞれあります。

 

DVによる暴力は身体的暴力、精神的暴力、性的暴力、経済的暴力などがありますが、今回は特に身体的暴力や精神的暴力について取り上げ、離婚する勇気をもつきっかけにしてほしいと思います。

 

■DV被害者が離婚できない理由

 

〇被害による無力感

暴力や罵声をずっと浴び続け、何をやっても認めてもらえないという経験が積み重なると、人は無気力になってしまいます。そんな無気力の状態では、新しい生活を始めようと言うパワーはありません。

 

〇被害による自責の念

「お前はダメな人間だ」「お前は間違っている」と否定され続けると、あたかもそれが真実であるように脳が学習してしまい、「自分が間違っている」とか、「自分の我慢が足りない」などと自分を責めてしまうことがあり、自分がもっと頑張れば、我慢すればいいんだと離婚という選択を選ばないこともあります。

 

〇経済的理由

夫の収入で生活していたり、自分より夫の収入の方が上であると、自分一人では生活できないと経済的理由で結婚生活を続けることもあります。

 

〇子どものこと

離婚すると子どもにも少なからず影響はあります。離婚することで悲しい思いをさせてしまうのではないか、引っ越ししたら転校しなければいけない、など子どものことを考え、離婚できないという場合もあります。

 

このほかにも、自分自身の会社での立場や、親戚の目などを気にして離婚できないなど、さまざまな理由がありますが、上にあげたようにDVによる影響で無気力や自責感で離婚できないとしたら、自分の本来のパワーを取り戻して、安全な生活を取り戻して欲しい、そう思います。そんな自分のパワーを取り戻すコツについてお話します。

 

■自分のパワーを取り戻すコツ

 

〇暴力から離れる勇気を

無気力であっては、仕事や家事はおろか、自分のことも考えられない状態です。やる気がでないというだけでなく、深刻化すれば鬱などの病気にもつながります。

 

すぐに離婚とはいかなくても、少しでも暴力のある環境から離れて、ママ自身のパワーを取り戻す必要があります。そうすることで今ある現状を客観視することが出来るようになれば、このまま関係を続けていくかどうするか考えることができるようになります。

 

まずは自分のことを客観視できるようになるまでのパワーチャージが必要です。

 

〇あなたは決してダメな人間ではない!

「自分は無能だ」というのは配偶者から植え付けられた概念であって、真実ではありません。自分が出来ていることを書き出してみるなど、できることに目を向け、無能ではないと自覚してください。どんな些細なこと、当たり前のことでもできていると評価することが大切です。

 

〇友達のことと置き換えて話してみる

自分のこととなるとなかなか客観視するのが難しい場合があります。そんな時は、自分の友達に置き換えて、自分の状況をあてはめ、誰かに話してみましょう。人に話すことで記憶も整理され、客観視できるようになります。一人で考えていると、なかなか客観視できないので、話したり書き出したりすると、自分の現状が見えてきます。

 

☆まとめ☆

 

DVは、ハネムーン期と爆発期をいったり来たりしながら繰り返すと言われています。優しいときもあるから大丈夫と思わず、暴力はどんな理由であれいけないことだと自覚し、暴力のない環境で、本来の自分を取り戻してほしいと思います。

 

 

(文/ぶー 画像/123RF)

タグ: ,