離婚後の激ヤセ。病気の可能性も。

離婚後、疲労で激やせしたという方、痩せてきれいになれてよかった♪と喜べる程度なら問題ありませんが、もしストレスからくる精神疾患による激やせであれば、治療が必要です。また、突然の激やせは他の病気である可能性も考えられます。今回は、離婚後の激やせについて取り上げます。

タグ: ,

 

離婚後、疲労で激やせしたという方、痩せてきれいになれてよかった♪と喜べる程度なら問題ありませんが、もしストレスからくる精神疾患による激やせであれば、治療が必要です。また、突然の激やせは他の病気である可能性も考えられます。今回は、離婚後の激やせについて取り上げます。

 

■考えられる主な病気

 

◇摂食障害

摂食障害とは、主に二つに分けられます。

 

・拒食症(神経性食欲不振症)

極度に食べる量を制限する症状です。いずれは食べ物を口にしないようになり、脳が食べることを拒否し、食べたいのに食べ物を受けつけない体になることもあります。

 

・過食症(神経性大食症)

食べる量をコントロールできず、過剰に食べてしまう症状です。大量に食べたのちに、自ら嘔吐をしてまた過食するという症状の出る方もいます。

 

摂食障害とは、このような異常な食行動が症状として現れる精神疾患です。

 

〇摂食障害の原因

・ストレス

摂食障害は先にも紹介したように、精神疾患の症状です。ストレスによって食べ物を受け付けなくなったり、あるいは食べずにはいられなくなることがあります。特に離婚後は急な生活の変化や、今後の生活に対する不安などからストレスがかかりやすくなります。

 

・過剰なダイエット

摂食障害の一般的な原因は、ダイエットによるものです。過剰なまでのダイエットが摂食障害を招きます。

 

〇摂食障害になりやすい人の特徴

・完璧主義

人からどう見られているかを気にする人、「細い=美しい」という固定概念にとらわれ、ストイックなまでに美を追求する人などが摂食障害になりやすいと言えます。

 

・自己肯定感が低い

自己肯定感とは、自分で自分を認めること。誰かに認められる経験が、自己肯定感につながります。自己肯定感の低い人は、誰かに認めてほしい、気にかけてほしいという想いから、細い体系を維持しようと拒食症になったり、誰にも認めてもらえないという満たされない思いを満腹感で補うように過食症になることもあります。

 

〇摂食障害の克服法

・ありのままの自分を受け入れる

完璧を求めすぎず、今の自分をそのまま受け入れるということが克服の鍵です。また、自分で何か夢中になれることをみつけるなど、心が満たされるようなことがあると回復に向かいやすくなります。

 

・周囲の協力、理解

摂食障害であることを打ち明けられる人、そして理解してくれる人がいると、回復しやすくなります。自分一人で抱え込まず、思いきって誰かに相談してみましょう。人に話すことで自分の今の状態を客観視できることもあります。

 

 

■その他の病気

 

急な激やせは摂食障害以外にも考えられる病気がいくつかあります。

 

・糖尿病

インスリンの働きが低下し、食事から得たエネルギーをうまく利用できなくなるため、脂肪や筋肉がエネルギーとして使われるので体重が減ることがあります。

 

・バセドウ病

甲状腺ホルモンが過剰に分泌され、新陳代謝があがるため、体重が減少することがあります。

 

・肝硬変

肝硬変なると栄養を必要な形に変換することが出来なくなるので、体重減少につながります。

 

・胃腸炎・胃潰瘍

体重減少は消化器系の病気も考えられます。下痢が続き体重が減少する、食欲低下のための体重減少などもあります。

 

☆まとめ☆

 

体重の急激な減少や、食欲不振は病気の可能性もあります。病院に行かなくても大丈夫と放っておくと、重大な病気を見逃すことにもなりかねません。忙しくて病院に行く時間がないと後回しにせず、自分の体のSOSときちんと向き合い、健康な毎日を過ごしてください。

 

 

(文/ぶー 画像/123RF)

タグ: ,