離婚後の就職活動をする前に決めることは最低限の希望条件

実家暮らしや親が近くにいないなど、シングルマザーといっても家庭環境によって条件は違いますが、子供をひとり親で養っていかないといけないのは皆同じです。したがって仕事を探すときはまず、これだけは譲れない希望条件を決めなければいけません。

タグ: ,

 

離婚後シングルマザーになって就職活動を行う場合、夫がいた時と異なり仕事を選ぶ際の基準が変わります。子供を養っていくためにできるだけ希望に沿った、長く働ける会社を選びたいですよね。

 

実家暮らしや親が近くにいないなど、シングルマザーといっても家庭環境によって条件は違いますが、子供をひとり親で養っていかないといけないのは皆同じです。したがって仕事を探すときはまず、これだけは譲れない希望条件を決めなければいけません。

 

■これだけは譲れない希望条件を決めよう

 

シングルマザーが就職活動をするときに最初に決めることは、最低限の希望条件です。子供を養っていかなければいけないシングルマザーは、子供のお迎えの時間や休日があるためこれだけは譲れない希望条件を書き出してから求人を探しましょう。

 

(例)3歳の息子がいるシングルマザーの最低限必要条件

  • 勤務時間は9時〜18時までの間
  • 通勤時間は1時間以内
  • 日曜日と祝日、年末年始は休み
  • 基本給16万円以上
  • 残業なし

 

子供が大きくなっていれば、働く時間はある程度融通が利くようになりますが、子供が小さいうちは残業をすることができません。また保育園の休園日に合わせて、日曜日と祝日、年末年始の休みは外せませんでした。児童扶養手当や子ども手当があれば、基本給が16万円でなんとか生活していけます。

 

シングルマザーの仕事探しは、子育てがあるので希望条件を優先にしなければならず、独身の時のように自分の好きな仕事ばかりを選ぶわけにはいきません。最低限の希望条件の中から、あなたが働きやすいと思える仕事を選びましょう。

 

■希望条件が決まったら求人を探そう

 

シングルマザーが働きやすい求人があるところといえば、ハローワークやタウンワーク、とらばーゆなどの求人サイトです。私が実際に就職活動や転職活動をしていて、希望条件に合う求人が多いと感じたのはハローワークでした。先ほど例に出した希望条件で、事務職に絞って求人を探していました。

 

ハローワークは無料で求人を掲載できるので、大手求人サイトでは見つけられないような地元企業の求人がたくさんあります。地元の中小企業だと残業がない職場も結構たくさんありました。ただ無料で求人が載せられるため、条件が悪い求人も中には存在します・・・。

 

タウンワークでも地元の求人はたくさん掲載されていますし、とらばーゆは女性向け求人サイトなので、シングルマザーが求人を探すにはぴったりでした。子育てママが働いている企業や協力的な企業についても一目でわかる仕組みなので、シングルマザーが就職活動するときは一度目を通しておいたほうが良いでしょう。

 

■シングルマザーだからといって、妥協はしない!

 

シングルマザーになり仕事がなかなか決まらなかった場合、すごく焦ってしまいますよね。ママが働かなければ、生活を支える人はいません。離婚直後は特に「私が子供を守らなければ!」と気合が入っていると思います。

 

だからといって、シングルマザーが仕事を決めるときは妥協をしすぎてはいけません。なんとか早く仕事を決めたいがために、「給料が安くてもいいや」「やりたくない仕事だけど仕方ない」と思い就職を決めても身が持ちません。

 

給料が安いと生活は厳しくなってしまいますし、やりたくない仕事でストレスを溜めると子供に優しく接することができなくなるかもしれません。就職先の会社が合わないと、またすぐに就職活動をする羽目になってしまいます。

 

最低限の希望条件をギリギリクリアする会社で良いので、自分が決めた条件が全て合う会社を探してくださいね!

 

☆まとめ☆

 

離婚後に就職活動をするときは、まず最低限の希望条件を決めることです!そして最低限の希望条件は全てクリアしている求人を探しましょう。求人の数は少ないかもしれませんが、働く場所はきっとあるはずです。

 

 

(文/あやん 画像/123RF)

タグ: ,