離婚後、旧姓に戻さないメリットとデメリット

離婚をしたらほとんどの女性が旧姓に戻すか、結婚時の姓を名乗り続けるか悩みますよね。子供がいるかいないか、または子供の年齢によっても選択肢は違ってきます。そこで離婚をした後、旧姓に戻さないことのメリットとデメリットについてまとめました。

タグ: ,

 

離婚をしたらほとんどの女性が旧姓に戻すか、結婚時の姓を名乗り続けるか悩みますよね。子供がいるかいないか、または子供の年齢によっても選択肢は違ってきます。そこで離婚をした後、旧姓に戻さないことのメリットとデメリットについてまとめました。

 

離婚後、旧姓に戻さないメリット

 

  • 離婚を知られない

 

そのままの姓でいることは、周囲に気を遣わせることなく人間関係を円滑にやり過ごすことができます。会社内や取引先、習い事上の知り合いなど、わざわざ離婚を報告する間柄ではない人もたくさんいるでしょう。「私事ですが、この度離婚いたしまして…」というような報告メールを送ることも避けたいことです。離婚はデリケートな問題なので、親しい人以外には知られたくないですよね。

 

  • 膨大な名義変更手続きに煩わされない

 

旧姓に戻ると戸籍や住民表をはじめ、銀行口座、免許証、保険証、パスポートなど、これ以上にも名義変更手続きが必要なものがたくさんあります。全てを1か所で出来ればいいのですが、そういう訳にはいきません。必要書類を揃えるだけで、時間もお金もかかります。一方で結婚時の姓のままであれば、旧姓に戻すために必要な時間もストレスも必要ありません。

 

  • 子供が父親との繋がりを感じられる

 

子供がある程度の年齢に達していれば、両親の離婚によって心に傷をつけてしまうこともあるでしょう。離婚が原因で学校に行きづらくなってしまう子もいるかもしれません。大人の都合で子供に迷惑をかけてしまうことは母親としては辛いところです。また、父親も自分の姓を子供が名乗ることで、父親としての自覚を持ち続けられるという人も少なくありません。

 

離婚後、旧姓に戻さないデメリット

 

  • 嫌いな元旦那の姓を名乗ることになる

 

特別な理由があって別れた訳ではない限り、思い出したくもないこともあるでしょう。元旦那の姓を名乗ることは、嫌なことも思い出してしまう可能性があります。また、本人の意思とは関係なく未練があると取られてしまう恐れもあります。

 

  • 後に旧姓に戻すことは簡単でない

 

離婚後しばらく経過してからでも旧姓に戻すことは可能ですが、離婚と同時に旧姓に戻すことに比べて、手続きが大変です。旧姓に戻すには家庭裁判所の許可が必要です。家庭裁判所に申立書を提出し、その後さらに旧姓に戻したい理由を事細かに説明する必要があります。家庭裁判所から許可をもらい、市役所に提出することで、旧姓に戻せます。

 

  • 再婚後、離婚することになった場合に旧姓には戻れない

 

厳密には離婚後の選択肢は元の戸籍に戻る、または、新しい戸籍を作るしかありません。新しい戸籍を元旦那の姓で作った場合、こちらが旧姓という解釈になってしまうため、最初の結婚前の旧姓には戻れなくなってしまいます。

 

離婚後、旧姓に戻したい時の手続き

 

離婚時に子供が学生であったため元旦那の姓を名乗っていたけど、子供が成人したから旧姓に戻したい・・・と、離婚後しばらくたってから旧姓に戻すときは、家庭裁判所の許可審判が必要となります。許可されるためにはやむを得ない事由が必要であるとされています。

 

ただ、結婚前の旧姓に戻る場合は以前使用していた実績もあることから比較的緩やかに変更を許可してもらえます。お住いの管轄の家庭裁判所で「氏の変更許可審判申立て」を行います。許可が出た後は、確定証明書を取り付けて、審判書とともに役所に提出することで旧姓に戻す手続きは完了します。

 

☆まとめ☆

 

最近は女性側の姓を選択されるご夫婦も増えてはきていますが、全体の4%と決して多いとは言えません。子供がいる、再婚を考えている女性にとっては離婚後の姓は重要です。子供の学校環境や自身の職場環境を考慮して、最善の方法を考えましょう。

 

 

(文/あやん 画像/123RF)

タグ: ,