離婚後、学資保険に入るべき?

離婚をして、今後一人で子どもを育てていくといった場合、なおさらきちんと教育費を蓄えておく必要があります。そんなときにオススメなのが学資保険です。今回は、学資保険について紹介したいと思います。

タグ: ,

 

「子どもを一人育てるのには2,000万円かかる」などと聞いたことがある方も多いと思いますが、実際、全て私立の学校に通ったとすると幼稚園から大学までの教育費だけで約2,500万円かかります。教育費だけでその金額です。そのほか離れて住むことになれば、生活費や家賃、引っ越し代などもかかってくるのです。子ども一人育てるのにはお金がかかるというのが現実としてあるのです。

 

離婚をして、今後一人で子どもを育てていくといった場合、なおさらきちんと教育費を蓄えておく必要があります。そんなときにオススメなのが学資保険です。今回は、学資保険について紹介したいと思います。

 

■学資保険とは?

 

子どもの入学金やそのほか学習費を準備するための貯蓄型保険のことです。

 

■学習保険のメリット

 

・医療保障もつけられる

学資保険は、学習費を貯蓄するだけでなく、子どもの医療保障がついているものもあります。

 

・親に万が一のことがあったら、払い込みが免除に

万が一、親が亡くなって振り込みが出来なくなった場合、その後の振り込みが免除になり、保障はそのまま継続され資金を受け取ることができるというのも大きなメリットです。

 

・受け取るタイミングを自由に設定できる

子どもが小学校、中学校、高校と入学するたびに受けとる、大学入学まで貯めて受け取る、など、受け取るタイミングも自分で設定出来るのが学資保険の特徴の一つです。

 

このように、学資保険に入って子どものために貯蓄する方が、自分だけで貯蓄するよりもメリットが多いのです。

 

■離婚後、保険料を払えるか心配…。

 

離婚後は自分たちの生活でいっぱいであったり、経済的に不安になることもあると思います。そんな中、毎月決まった額をしはらうことが出来るか心配な方も少なくないでしょう。

 

毎月の支払いには毎月入ってくるお金を当てるといいでしょう。

 

例えば養育費や児童手当を目安に保険料を設定すれば、保険料を賄うことが出来ます。ただし、毎月確実に支払いが出来るように設定しなければ、振り込みがされないと保険解約という事態になってしまう恐れがありあすので、注意が必要です。

 

児童手当や養育費を保険料にあてる際の注意点をお伝えします。

<注意点>

〇児童手当

・所得によって支給額が制限される

・子どもの年齢によって支給額が変わる

・第何子かによって支給額が変わる

・児童手当は15歳の誕生日を迎えた後の最初の3/31までの支給

・4か月に1度、4か月分まとめて支給される

 

〇養育費

・確実に支払われるか確かではない

・金額は夫婦間で話しあった金額、または離婚調停で決まった金額であり、人によって異な

・相手に支払えるほどの経済力がなければ、滞ってしまうことも

 

以上のような注意点を踏まえ、自分の収入、毎月の支出等を考慮して、無理のない保険料を設定してください。

 

■学資保険選びのポイント

 

学資保険はたくさんあるのでどれを選んだらいいのか迷うと思います。まず、自分が一番求めるものは何かを明確にすることが大切です。具体的には

 

・返礼率

返戻率が100%を超えるものもあり、かけたお金よりも受け取るお金の方が多い場合があります。

 

・医療保障の充実

保障を充実させることで万が一の場合に備えて安心できます。ただし、保障が充実していると、返戻率は高くならないこともあります。

他にも、先に述べたような

 

・受け取るタイミング

・毎月の保険料

・いつまで振り込むのか

・死亡特約(親に万が一のことがあった場合、振り込み免除)がついているか

など、いくつか選ぶ際のポイントがあるので、自分が求めるものは何か、よく考え、それに合った保険を選ぶことが大切です。

 

☆まとめ☆

離婚をして経済的に厳しい、そんなときこそ、保険を活用するのが賢明だと思います。まだ学資保険に加入していないという方はぜひ検討してみてください。

 

 

(文/ぶー 画像/123RF)

タグ: ,