離婚時の解決金、相場は?

離婚裁判の際に「慰謝料」とはよく耳にしますが、「解決金」とは慰謝料と何が違うのでしょうか? 今回は、離婚裁判の際の解決金について紹介します。

タグ: ,

 

離婚裁判の際に「慰謝料」とはよく耳にしますが、「解決金」とは慰謝料と何が違うのでしょうか? 今回は、離婚裁判の際の解決金について紹介します。

 

■離婚解決金とは?

 

不貞行為などがあった場合は相手に慰謝料を請求したり、請求されたりすることがありますが、解決金とは離婚のいざこざを解決するために支払われる手切れ金のようなもので、明確な支払い理由は限定されていません。

 

「お金を払ってくれるなら離婚する」「お金を払うから離婚して欲しい」そんなときに解決金という名目を使います。

 

■慰謝料との違い

 

慰謝料とは、上にも述べたように、相手に不貞行為等があった場合に、精神的苦痛に対する賠償金として支払わせるお金です。

 

解決金とは別の言い方をすれば、「和解金」です。双方が納得して払われるというのが特徴です。和解金に似ている言葉で、「示談金」という言葉を耳にすることもあると思います。相手にけがを負わせた時など、損害賠償を請求されたときに使われます。示談金とは、裁判になる前に交渉して解決するためのお金です。解決金は、裁判で決着をつけるためのお金ですので、示談金とは異なります。

 

■金額の相場は?

 

相手が離婚をしたくないために高額を要求してくる場合もあります。しかし、一般的に離婚調停においては50~100万円の範囲で設定されることが多いです。

 

ちなみに慰謝料の相場は、100~300万円なので、相場で見ると、慰謝料よりは解決金の方が低いのがわかります。

 

■解決金のメリット

 

・支払う側の負担感が軽減できるかも!?

「慰謝料」や「生活費」というと、払わされているという感覚になるかもしれませんが、「解決のためのお金」となると、その感覚がある程度和らぐかも!?しれません。

 

逆に、相手に不貞があったとして、反省させたい、謝らせたいと思うなら、慰謝料請求の方がその意味合いは強くなりますが、支払ってくれないと元も子もないので、とにかくお金を払って欲しいという気持ちが強いのであれば、解決金という名目で請求するのも一つの方法です。

 

・後に別の名目で請求されることがない

解決金は理由が曖昧で漠然としているところが大きな特徴です。そのため他の名目で後になって請求されるということがありません。

 

■解決金のデメリット

 

・法的な支払い義務がない

双方が納得して支払う、支払われるということになりますので、そこに法的根拠はありません。もちろん、支払いに対する法的な強制力もありません。

 

確実にお金を支払って欲しいのであれば、慰謝料請求や財産分与などの方法で請求するのが良いでしょう。

 

■金額の決め方

一概に金額設定する基準というものはありません。自分の希望する金額を要求します。今までの夫婦生活や、今後の自分の生活にかかる費用、双方の収入等を考え、妥当な金額を設定しましょう。先にも述べたように、解決金は慰謝料よりも低いのが相場ですし、高額を請求して反感を買う恐れもありますので注意が必要です。

 

最終的には調停員が交渉の間に入って、お互い納得のいく金額で決定します。

 

☆まとめ☆

 

何度協議しても離婚に応じてくれないときや、不貞行為があったわけではないけれど相手と何とか離婚したいときなどに解決金を利用するという方法があります。

 

お金をもらうという目的ではなく、あくまでも、お金によって離婚問題を解決したいときに使う方法ですので、問題解決のためにはいくらが妥当なのか見極めることが大切です。

 

 

(文/ぶー 画像/123RF)

タグ: ,