協議離婚が最適な離婚方法なの?メリットとデメリットを解説

「離婚した」と友人から聞いても、その離婚が協議離婚と調停離婚、それとも裁判離婚なのかを気にすることもないかもしれません。しかしいざ自分が離婚をするとなった場合、どの方法で離婚をするかによって、離婚にかかる費用や手順が大きく異なります。

タグ: ,

his and her word stylish bedroom interior design with black patterned pillows on bed and decorative table lamp.selective focus

 

「離婚した」と友人から聞いても、その離婚が協議離婚と調停離婚、それとも裁判離婚なのかを気にすることもないかもしれません。しかしいざ自分が離婚をするとなった場合、どの方法で離婚をするかによって、離婚にかかる費用や手順が大きく異なります。

 

国内で離婚した人の約9割が協議離婚です。調停離婚や裁判離婚と聞くと、揉めて離婚した印象があります。協議離婚は円満離婚と思われるのは、双方の話し合いだけで離婚が成立するからです。

 

協議離婚は話し合いにおいて双方が離婚に同意した場合、離婚届を記載し、市役所に提出すれば受理されます。一方で協議離婚には、メリットとデメリットがあります。離婚が頭をよぎった際、このメリット、デメリットを知っておくことがとても大切です。

 

■協議離婚のメリット

 

  • 短期間で離婚が成立する

 

協議離婚は、お互い同意ができれば、いつでも離婚が可能です。早い人では、数日で離婚が成立する場合もあるため、新しい人生にむけて、早くスタートができます。

 

  • 離婚の理由はなんでもいい

 

調停離婚や裁判離婚では、とても詳しく離婚の理由を聞かれます。裁判離婚では法律で認められた理由でしか離婚が認められないため、「性格の不一致」などの理由では離婚が成立しません。しかし、協議離婚は理由を特に問われないため、「性格の不一致」でも離婚が可能です。

 

  • 離婚条件も柔軟に決めることができる

 

離婚に関する条件をすべて自分たちで決めることができるため、養育費、面会交流、解決金などお互いの意向を尊重して決められます。条件は自由度が高いため、話し合い次第では高額な養育費やマイホームを受け取り、余裕のあるシングルマザー生活を送れることもあるのです。

 

■協議離婚のデメリット

  • 相手が意見を途中で変える可能性がある

 

相手が話し合いを重ねていく中で、突然決めたはずのことを覆すことがあります。そうなるとまた一から話し合いをしなければいけません。イライラが募り、時間もかかってしまうでしょう。言った、言ってないと言い争いになることもあります。

 

  • 暴力、暴言などに対しても対応しなくてはいけない

 

双方の話し合いで離婚が成立するということは、相手が暴言や暴力を振るっても、自分で対応しなくてはいけません。そうすると、うまく話し合いが進まないでしょう。さらに精神的なダメージも与えられます。

 

  • 自分が相手に言いくるめられる可能性がある

 

相手が言葉巧みに条件を提示してきた場合、それが本当に正しいのかの判断を自分がしなくてはいけません。早く離婚したいがために悪条件を受け入れる、もしくはそれが悪条件と気づかないまま離婚成立となる場合もあります。年金分割のような取り決めた方がよい事項に気付かず離婚してしまうこともあります。

 

  • お金がかかることもある

 

特にこどもがいる場合は、養育費や慰謝料、面会交流、住宅ローンが残っている場合などその取り決めを公正証書に残しましょう。公正証書は養育費や慰謝料などの支払いが滞った時に効力を発揮しますが、これを作成するには費用がかかります。その内容に記載された養育費の金額や話し合いで決めた金銭面の総額において、その作成費用が異なります。公正証書を作成するのにかかる費用は、5万~数十万円を見積もっておきましょう。

 

☆まとめ☆

 

協議離婚は一番簡単な手続きで離婚が成立します。しかし、公正証書などの作成費用や万が一自分に不利になる可能性を考えると調停離婚の方が安心できるでしょう。離婚は決めなければいけない事柄が多いのですが、それを知らずに協議離婚で離婚を成立すると後から後悔することもあります。離婚をしようと思ったときは、まず離婚の種類や特徴をしっかり頭に入れておかなければいけません。

 

 

(文/あやん 画像/123RF)

 

タグ: ,