ライフスタイル

離婚したら永住権はどうなる?

 

日本で働く外国人も増え、それに伴い日本人と国際結婚をするケースも増えています。しかし、日本人同士同様に離婚も増えているのが実情です。国際結婚をして離婚をした場合、配偶者ビザはどうなるのでしょうか。特に子供が産まれて、離婚をするとその状況が大きく変わるので注意が必要になります。

 

■離婚もしくは離婚に近い状態

 

日本人と結婚をして、配偶者ビザを取得して日本で生活をしていて、離婚はしてなくても別居するなど関係が悪化して夫婦生活が破綻している場合、この状態でビザの在留期限更新が訪れた場合に申請は下りるかどうかですが、結論はできません。

 

なぜなら婚姻はしていても夫婦として一緒に生活をしていない、生計をともにしてない破綻に近い状態はビザの更新はできません。離婚をしていればなおのことです。

 

離婚調停中であっても関係修復に向けて話し合いをしているなどが認められれば更新ができる可能性もあります。

 

また、離婚後でも「定住者」の在留資格に変更をするのが一般的です。日本において生活が続けられるだけの収入がある、日本人との間に子供がおり、母親もしくは父親が親権者の場合は定住者と在留資格に変更の上、在留が認められます。子供は日本国籍を持つので一緒に暮らすために永住権を取得することも可能です。

 

■離婚後の子供の親権

 

法律では、親子間の法律関係は、子の本国法が父又は母の本国法と同一である場合は子の本国法により、その他の場合は子の常居所地法によることとされています。つまり、子供の国籍と父母のどちらかと同じ場合は、子供の国籍の法律が適用されるということになります。子供の国籍が父母どちらとも異なる場合は、子供が住んでいる場所の法律が適用されます。

 

日本で生まれた子供は、両親のどちらかが日本国籍を保有していれば日本国籍を取得できます。また、婚姻相手の国の法律にもよりますが、20歳までは二重国籍の状態で、子供が20歳を迎える時点で自ら国籍を選択することになります。

 

■日本における永住権

 

俗に言う永住権は人では、永住許可もしくは永住者の在留資格とか言います。日本人の配偶者の身元保証で永住許可を取得しても、離婚したからといって直ちに永住許可が取り消されることはありません。法に違反した行為をしていなければ心配はいりません。しかし、離婚後6ヶ月以内に「日本人の配偶者等」から「定住者」か「就労資格」に変更知る必要はでてきます。

 

仮に離婚を考えてるなら、婚姻中に永住ビザを申請した方がいいでしょう。永住ビザの取得条件に安定した収入が必要になります。日本の場合、離婚による定住者ビザは未成年の養育や離婚後の生活などを考慮して許可されます。

 

■日本の永住権の審査

 

日本の永住権は書類審査のみです。つまり書類を作成することが大変重要になります。非常に細かな書類が要求されます。さらに永住者ビザの審査も厳しくなっていますので、専門の行政書士に相談をすることをおすすめします。

 

離婚後、外国人配偶者ビザは更新ができませんので、定住者ビザに変更しますが、その際には資産や収入などを示す書類が必要になります。収入証明書や預金残高証明書といったものです。そういった書類を提出することで引き続き日本に滞在する許可がおります。

 

☆まとめ☆

 

近年、日本を訪れる外国人は増えており、日本で結婚するケースもまた離婚するケースも増えています。

 

婚姻をする際には配偶者ビザを申請しますが、離婚後の手続きが複雑です。そのまま日本に住み続けたい場合は定住者ビザに変更しますが、添付書類など煩雑な手続きがあります。

 

またビザにもかなりの種類があります。子供の親権を持っているなど事情も様々ですから一度専門の弁護士などの相談をする方が良いでしょう。

 

 

(文/ルーミス 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!