• HOME
  • ライフスタイル
  • 離婚したいとお互いに言っていたのに!いざとなったら夫が離婚拒否

ライフスタイル

離婚したいとお互いに言っていたのに!いざとなったら夫が離婚拒否

 

結婚した当初は予想もしていなかった離婚。それは、夫から言われるか自分から切り出すかによって立場は大きく異なります。結婚生活を送っていく中で喧嘩やすれ違いなどは、どの家庭でもあるかもしれません。しかし、日常的に冷え切った関係が続いていくと、「離婚」が頭をよぎることもあるのではないしょうか。

 

ここでは、言い合いになった時に「離婚してやる」と口癖のように言っていた夫に対し、妻の方から「離婚したい」と切り出すと、その離婚を受け入れることができず、慌てふためき、拒否をする夫が実は多いのです。

 

■離婚しようと言っていた夫が離婚を拒否する理由

 

普段から「離婚してやる」と言っていたはずの夫がいざ妻から離婚を切り出されると拒否する理由はいくつか考えられます。

 

  • 世間体がよくない
  • 老後が心配
  • 一人になると何もできない
  • こどもに迷惑をかける

 

以上がよくある原因です。

 

妻が離婚を切り出した時というのは、口癖のように言っていることは少なく、将来的なことを考えた上で、それでも婚姻関係を継続していくことが不可能と考えた時に意を決して告げることが多いため、その思いはぶれることがありません。

 

■夫に離婚を拒否された場合は離婚調停を検討しよう

 

頑なに離婚を拒否する夫に対して、話し合いにもならない状況であれば、離婚調停を行うことをオススメします。協議離婚はお互いが話し合いを行い、離婚や今後のことに対していくかの条件を決め離婚をしますが、それはあくまでも口約束であることを忘れてはいけません。しっかり離婚に関する条件、例えば親権や養育費、慰謝料はとても重要な事柄です。これらに効力を持たすためには、公正証書を作成しなければいけません。

 

一方、離婚調停は、離婚をしたい側が申立人となり、家庭裁判所に離婚の調停を申し立てます。実際に調停にかかる費用は全て自分で行えば一万円もかかりません。離婚調停では、弁護士をたてる、たてないも自由です。なるべく費用をかけないようにと思えば弁護士をたてずに自分で行うことも可能です。調停では、いかに調停員を自分の味方につけるかが大変重要となります。

 

離婚を拒否する夫は、当然のように離婚成立に不利となる話をしてきたりすることもありますが、これまで婚姻生活の中でいかに自分が耐えられない状況であったかを細かく調停員に話すことが重要です。また、調停員のように当事者以外の第三者が入ることで、お互い冷静に話をし、他者の意見を聞くことができるため、感情ばかりが先行することも少なくなります。一方で調停員は別れさせ屋ではないので、申立人である妻に対しても厳しい言葉をかけることもあるでしょう。

 

もし離婚成立後に養育費の未払いや子供との面会交流などで約束が守られないことがあった場合、調停で離婚が成立していれば調停調書が作成されるため支払いの督促などができます。

 

☆まとめ☆

 

離婚は、お互いが同意しなければ成立はしません。離婚を拒否する側の理由をしっかりと把握しておくことが離婚への近道になることは間違いありません。拒否されている時は、非常に精神的ダメージも大きく、どうすれば同意してくれるのかと悩むことも多いかと思いますが、自分で話し合いを進めることができないときは、こうした調停を申し立てる方法もあるということを知っておくだけでも、少し楽になれるのではないでしょうか。もし、自分が離婚を拒否する側である場合は、相手がこのような対応をしてくることを頭に入れておくといざという時に役に立つはずです。

 

離婚せずに人生を過ごせることが良いことなのかもしれませんが、離婚によって新たな幸せをつかむこともあります。離婚は結婚よりも労力を使います。一度の人生、よく考えて自分で決断することが大切です。

 

 

(文/あやん 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!