ライフスタイル

離婚調停で相手が嘘をつくときの対処方法

シンママStyle編集部

 

協議では離婚条件がまとまらず調停までもつれ込んだときには、かなり心身ともに疲れ切っていると思います。そんなときに、相手が調停の場で全くの嘘でこちらを攻撃してきたら、パニックに陥りそうになりますよね。

 

調停委員はもちろん家庭のことを知っているわけではないので、夫の嘘を鵜呑みにされてしまったらたまったものではありません。

 

でも、こちらのペースを乱されたら負けです。本記事では、調停の場で嘘をつき続ける夫に対して、どのように対処するべきかをまとめました。

 

・なぜ相手が嘘をつくのかを見極めよう

 

まずは、その嘘に悪意があるのか無いのかを見極めてみましょう。嘘なのだから当然悪意があるのでは?と思いがちですが、たまに相手は本当にそう思い込んでいることもあるのです。

 

会話の情報伝達って意外と誤解を生みやすいもの。特に、関係が悪化した相手の言葉は、必要以上に悪く解釈しがちです。こちらが嘘だと思っていても、相手は本心で話しているパターンもあることを知っておきましょう。この場合は、第三者を挟んで冷静に話してみることでお互いの意見の食い違いが見えてくることもあります。

 

一方、悪意のある嘘ですが、こちらにもいくつか種類があります。まずは、追い詰められてとっさに出る嘘です。これは多くの人が経験があるのではないでしょうか。

 

離婚調停となると、子供の親権、養育費、場合によっては高額な慰謝料など、今後の人生に大きな影響を及ぼすことを決定しなければなりません。緊迫した状況でとっさに保身のために嘘をついてしまい、後戻りできなくなっている可能性も考えられます。

 

最も厄介なのが根も葉もない嘘を堂々とついてしまえるタイプです。こういう人は嘘がうまく、周りを信じさせてしまいそうになるのが厄介です。ただ嘘が明るみに出れば、当然調査委員の相手に対する心証は非常に悪くなります。嘘の主張をどう切り崩して行くのかが大切です。

 

・嘘を覆すチャンスを待とう

 

真っ向から否定しても、悪意を持って嘘を突き通そうとしている人にはあまり意味がありません。また、調停の場でカッとなり感情的になってしまうと、調停委員からもあまり良い印象を持たれません。相手のペースに乗らないように注意しましょう。以下に、相手の嘘の主張を覆すためにやっておきたいことをまとめました。

 

①会話は必ず録音を

 

現在、相手の嘘を証明できる証拠が何もない!という方は、今からでもそれを手に入れるように頑張ってみましょう。彼との電話でのやり取り、対面での会話などはこまめに録音しておくことがたいところ。もし彼に口裏を合わせている人物がいるのなら、その人とのやり取りも録音しておきましょう。

 

②順序立てて問い詰める

 

彼がなかなか口を滑らせないようなら、相手の嘘を順序立てて問い詰めるのを何度か繰り返してみるのがおすすめです。「いつ頃」「どのように」「なぜ」「どこで」など、問い詰める内容が細かくなるほど一貫性を失う可能性があります。また、繰り返し行うことで、以前の主張との矛盾点が見つかるかもしれません。

 

嘘だからこそ、詳しい情報を出そうとするとボロが出やすくなります。

 

③最適なタイミングで証拠を提出

 

相手のボロが出た瞬間にそれを突いてはいけません。嘘をつく人はまた嘘を重ねます。調停の場などで嘘の主張をさせてから、それに反する証拠をその場で突きつけるのが最適です。公の場で突然嘘が明るみに出れば、彼もうろたえて嘘を塗り重ねにくいはずです。

 

④調停を不成立にして裁判に移行するのもあり

 

どうしても彼の尻尾をつかめず、調停委員も嘘を信じ込んでいる様子なら、こちらが合意をしないことで調停を不成立にしてしまう方法もあります。そうすると、離婚裁判に移行させることができます。

 

実は、調停では嘘の証言をしても“偽証罪”にはなりません。そのため、もしかしたら相手もそれを承知の上で「言ったものがち」と考えて嘘をついている可能性もあります。

 

ですが、裁判では嘘の供述をすれば偽証罪の罪に問われることがあります。裁判は、時間も費用もかかりますが、より証拠重視となる上に嘘をつくことで罪になる可能性があるので、彼もだいぶやりづらくなるはず。最終手段として知っておくと心が少し楽になりますよ。

 

 

(文/こまち 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!