ライフスタイル

知って損なし!離婚の慰謝料には税金がかかる?かからない?

 

離婚を経験した事のある方もそうでない方も、慰謝料という言葉は聞いたことがありますよね。慰謝料と一言で言ってもその意味は一つではなく、一般的には精神的・無形的な損害(精神的苦痛など)に対する損害賠償金とされています。

 

皆さんの中には慰謝料について税金っていくらくらいかかるんだろう?いくらくらいの割合になるんだろう?と考えたことのある方もいると思います。

 

そして税金については過去に慰謝料を受け取ったけど納得していないという方や、これから慰謝料についての話し合いを控えているという方に是非知っておいてほしい情報だと思います。

 

そこで今回は慰謝料を受け取る際についての注意点などをお話したいと思います。

 

■そもそも慰謝料とはどういうお金なのでしょうか?詳しくお話します

 

上記でもお話した通り慰謝料とは精神的・無形的な損害に対する損害賠償とされており、その額はケースバイケースでその問題により様々です。夫の不貞行為による離婚の場合は、夫と夫の不貞相手(不倫相手や浮気相手)が妻に対して連帯して払う義務のある金銭の事を指します。

 

また、慰謝料というのは双方に落ち度がある場合は支払われることがなく、どちらか一方に落ち度がある場合にのみ支払われます。

 

そのケースとして挙げられるのが、離婚理由第一位の 性格の不一致 です。性格の不一致は双方に落ち度があり、慰謝料が支払われる可能性は0に近いと言えるでしょう。ですが、性格の不一致が原因で夫または妻が不貞行為に走ったという場合は慰謝料が発生する場合もあります。

 

■基本的に慰謝料は課税対象ではありません!ですがその例外とは?

 

慰謝料とは分割して支払われる事もありますが、一般的には一括で支払われますよね。その際に気になるのは税金の事ではないでしょうか?

 

皆さんが気にされている 贈与税 や所得税に慰謝料が含まれるのではないか?金額に対してどのくらいの割合で税金が発生するのか?など不安に思いますよね。

 

ですが、基本的に慰謝料は非課税対象とされています。上記でも説明した通り慰謝料は贈与ではなく、損害に対しての賠償金という形で支払われるので税金はかからないとされています。もう少しかみ砕いて説明すると、友人に新しい自転車を貸したが、壊れて戻ってきた為に自転車代を弁償してもらった。この様に損害を補う為の金銭受理ですので税金はかかりません。

 

ですが、まれに偽装離婚や慰謝料の額が社会通念上あまりにも高額な場合は税金が発生します。あまりないケースだと言えますが覚えておくといいかもしれませんね。

 

■慰謝料の受け取りに一番適している方法とは?利点やその後の生活も考えましょう

 

そして慰謝料の支払いに一番適しているのはやはり一括で受けとる事だと言えるでしょう。慰謝料の場合は税金もかかりませんし、一括で受け取る事で今後関わらなくて済むという利点もありますよね。

 

ですが、どうしても一括で払う金銭が準備できそうになく、分割での支払いにしてほしいと言われた場合は第三者を間に挟み公正証書を作成する、最初に支払ってもらう一時金の割合を上げる等工夫をこらすといいでしょう。

 

養育費同様どうしても分割にしてしまうと途中で支払われなくなる可能性が高くなってしまいますので細心の注意が必要です。

 

ここまで慰謝料と税金についてお話させていただきましたが、難しく考えてしまい面倒だからこれくらいでいいや、これ以上関わりたくないから妥協してしまった等諦めてはいけません。お子さんとご自身の為にも今一度慎重に考えてみてはいかがでしょうか?当事者同士での話し合いが進まない場合は無料の法テラスなども活用しながらいい方向へ進めるといいですよね。

 

 

(文/音葉 画像/123RF)

 

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!