ライフスタイル

慰謝料の相場とは?離婚原因等によりケースバイになる!?

 

離婚を経た方もそうでない方も、元パートナーからの慰謝料を受けとる際に相場はいくらなのか?と疑問に思った事があると思います。また、すでに慰謝料の話し合いが済んでいる方も適正な価格を知ることが大切だと思います。

今回は慰謝料の相場はいくらなのか?皆はどうしているの?という疑問をお話したいと思います。

 

■相場はいくら?離婚原因、元パートナーの支払い能力によって変わります

 

一言で慰謝料と言っても離婚原因やお互いの年齢、婚姻期間や自分自身の落ち度などたくさんの要因を含めて慰謝料は確定します。

 

まず、慰謝料というのは離婚原因が浮気の場合だと、浮気していた夫や妻がその浮気相手から受けた精神的な苦痛に対して払われる金銭になるため明確な基準がありません。

 

例えですが、夫又は妻が浮気した場合離婚も別居もせずそのまま夫婦関係を続けた場合の相場は50万~100万、浮気が原因で別居した場合は100万~200万、浮気が原因で離婚した場合は200万~300万となっています。

 

また、浮気以外にもDVで離婚した場合の相場は50万~300万と言われておりDVによる慰謝料が増額 高額となる要因は日常的にDVが繰り返されていた、被害による怪我や障害の程度、DV相手の年齢等があります。

 

そして、浮気による離婚もDVによる離婚も必ず証拠が必要になってきます。浮気の場合、正直なところラインや二人で写っている写真などはあまり意味がないようです。離婚調停や裁判などで不貞行為の証拠として認められるのは肉体関係が立証できるものになります。ですが、パートナーと浮気相手の肉体関係の証拠など出来る限り見たくはないですよね。この場合は浮気相手との宿泊旅行、浮気相手の自宅に宿泊している証拠や複数回の出入りの証拠でも大丈夫な様です。

 

そしてDV被害の決定的証拠というのは病院などでの診断書、警察などへの相談履歴があればいいです。実際殴られている所をビデオなどに収めるのは難しいですし、診断書が一番ベターと言えるでしょう。

 

そして、養育費同様元パートナー側の支払い能力があるかどうかでも変わってきます。一般的には年齢が上がるにつれて支払い能力があると認められ慰謝料も増額される傾向にあるそうです。

 

■慰謝料を諦めてはいけません!ご自身とお子さんの為にもしっかり受け取りましょう

 

離婚をする際に一番してはいけないのは早く別れたい一心で慰謝料や養育費を受け取らないと言ってしまう事です。私自身もそうなのですがDVが原因で離婚する際に金輪際関わりたくない一心で慰謝料を拒否しました。今となっては受け取ればよかった…とふと思ってしまいます。(笑)

 

皆さんには私と同じ失敗はしてほしくないですし、お子さんをこれから一人で育てていくわけですからお金はいくらあっても困りませんよね。是非一度冷静になって考えてみてほしい所です。

 

もし、金輪際関わりたくないが慰謝料や養育費はキチンと受け取りたいというなら一括払いもできるのをご存知でしょうか?ママタレントとして活躍しているスザンヌさんも離婚を経験しているシングルマザーですが、養育費を一括で受け取ったとテレビでお話されていますよね。元パートナーの方が支払い能力のある方ですとこの様な選択肢もあるというのを覚えておくといいかもしれません。

 

離婚は結婚よりも心身ともにエネルギーを消費してしまいますよね。それに運転免許証や通帳、新しい印鑑など一般的に言えば女性の方が変更手続きが多く難儀な思いをしますよね。

 

ですが、新しい一歩を踏み出せばまた新しい生活が待っています。ご自身とお子さんの未来の為にも今一度考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

(文/音葉 画像/123RF)

 

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!