ライフスタイル

離婚した相手と復縁できる確率は?

シンママStyle編集部

 

一度夫婦になった相手と離婚するというのは、相当な覚悟をもって決断したことだと思います。ですが、離れて初めてわかることというのもあります。また、自分は離婚したくなかったけど相手に強引に離婚させられたなどという場合、やり直したいと思う方もいるかもしれません。

 

そんな復縁を願う人のために、離婚した相手と復縁できるのかどうか、考えたいと思います。

 

■復縁できる可能性が高い

 

復縁できる可能性がある例を紹介します。

 

・離婚後も交流がある

離婚した後も子どもはもちろん、親同士も友好な関係である場合、復縁の可能性はあります。復縁できるかどうかは、もちろん相手も同じように復縁したいと思っているかどうかが重要です。

 

・経済的に厳しい

一人親で子どもを育てるのは大変です。特に経済的負担は大きいです。子どものために、両親2人で育てた方がいいと思った場合、復縁があるかもしれません。

 

・孤独感

離れてみて、冷静になり、相手の良さを再確認したなど、やり直したいと思う人がいるかもしれません。また、一人になってみて孤独を感じ、相手の必要性を再確認することもあります。

 

■復縁できる可能性が低い

 

・疎遠になっている

離婚後、一切連絡をとっていない、子どもにも会っていないという場合は、相手は完全に縁を切って新しい人生を歩もうという現れである可能性が高く、復縁は厳しいと言えます。

 

・嫁姑問題

夫婦間の問題ではなく、夫の親とうまが合わなかったなどという場合、夫が親と別居しない限り夫婦同士は仲が良くても、また籍を入れるというのは難しいと考えられます。

 

・お互い自立している

お互いが経済的にも自立していたり、仕事も充実しているなど、安定した生活を送っている場合、それぞれの道を歩んでいけるので、復縁の可能性は低くなります。

 

■復縁できる確率は?

 

復縁したいと考えている人は、縁できる確率を知りたいところだと思いますが、残念ながらそのような確かなデータはありません。復縁したいと思っている相手と復縁できるかどうかは、あなたと、相手次第です。数字で考えられるものではありません。

 

実際、復縁できる可能性が低いと紹介した例でも、一概に復縁できないとは限りません。疎遠になっていて、偶然久しぶりに会ったら、お互い惹かれあったということもあるかもしれませんし、お互い自立していたとして、逆に自立している同士だから、再婚したらうまくいったということもあるかもしれません。嫁姑問題も、解決策がないとは限りません。

 

その逆も考えられます。離婚後もお互い仲がいいからと言っても、結婚となるとまた話は別なのです。復縁を望むなら、相手とよく話すことが大切です。

 

■執着していない?

 

復縁したいという気持ちは、本当に相手のことを想っての気持ちですか?自分本位ではありませんか?寂しいだけではありませんか?一度は家族になった相手ですから、思い出もあるでしょう。過去の良い思い出に執着しているだけではありませんか?

 

少しでも思いあたる節があるなら、一旦冷静に自分の気持ちと向き合って下さい。自分本位の気持ちを相手に押し付けることは、結婚してもうまくいくとは思えないし、最悪の場合、相手に迷惑をかけることにもなりかねません。

 

■復縁を成功させるには

 

冷静に自分と相手のことを考えて、それでも復縁した方がいいと思ったら、今結婚すれば離婚前より幸せな生活が送れると相手に知ってもらう必要があります。そのためには、自分や、自分の環境を変えるしかありません。人は簡単に変わりません。相手に復縁した方がいいと思わせるには、相当の努力が必要だと思います。

 

努力をしなくても、お互い自然と惹かれって、また復縁するという夫婦もいるでしょう。しかし、そういった場合、また離婚という事態にならないか、きちんと冷静に判断することが大切です。

 

☆まとめ☆

 

復縁の可能性は数字では表せません。自分の人生、相手の人生をよく考え、復縁すべきかどうか冷静に判断することが大切です。

 

 

(文/ぶー 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!