• HOME
  • ライフスタイル
  • 円満離婚がしたいなら何を準備すると良いの?協議離婚と調停離婚

ライフスタイル

円満離婚がしたいなら何を準備すると良いの?協議離婚と調停離婚

シンママStyle編集部

 

離婚の原因が沢山あるように、離婚の仕方も人それぞれ。まずは大きく2つに分けて協議離婚と離婚調停に離婚の方法が分かれます。この2つの離婚を比較して、どちらがよりあなたにとって円満な離婚手段であるか確認してみましょう。

 

 

(ちなみに私は協議離婚して7年経ちましたが、今ちょっと調停の方が良かったかなと後悔しています。)

 

 

■協議離婚のメリット・デメリット

 

 

協議離婚とは夫婦が2人で話し合って離婚届に判を押し、離婚が成立する事です。相手がイエスと言えばすぐにでも離婚できます。

 

2人で相談するにあたって重要なポイントは、

 

①(子供がいれば)子供の親権、面会など

②妻の姓の変更の有無

③今後の住居

④養育費について

⑤財産分与について(持ち家含む)

⑥保険関係

 

ものすごくざっくり分けるとこんなかんじですが、夫婦によっては2年も3年もかけて話し合うところも。互いが納得いくまで話し合うのですから当然です。

 

メリットとして、

 

・離婚というあまり他人に立ち入って欲しくない内容を、2人だけで決められる。

 

・相手が離婚届けを書いてくれればその日にでも離婚できる。

 

という点が挙げられます。

 

ですがデメリットとして、

 

・他人が立ち入らない分、感情論になりやすい。

 

・養育費、財産分与など金銭面での縛りがゆるい。

 

といった、後々後悔しそうな欠点もあります。

 

浮気・不倫・借金・暴力といった他人に聞かれたくない内容も話し合うため、協議離婚を選択する夫婦は多いです。

 

【準備するもの】

 

・離婚届

・印鑑

・財産、保険、住居関係各種書類

 

■調停離婚のメリット・デメリット

 

調停離婚とは、夫婦2人の離婚について家庭裁判所での裁判にて、それを審議する仕組みです。こちらはケースバイケースですが、調停ですので必ずしも弁護士を雇わなくてはいけないという裁判ではありません。

 

調停離婚の大まかな流れは以下です。

 

①夫婦関係調整調停申立書をダウンロード、もしくは家庭裁判所から取得し、記入する。

②1回目の調停日を決める

③家庭裁判所で調停を行う

④1回目以降の調停があれば次の調停日を決める

 

かなりざっくりと書きましたが、①以降のすべてに家庭裁判所の方の仲介があります。

 

離婚したい理由、離婚したくない理由によっては調停での決着がなかなかつかず、2回、3回と行われ、その後の離婚裁判までなかなか到達しない夫婦もいます。(国内ではいきなり離婚裁判は行えません。必ず調停を行ってからの離婚裁判となります)

 

離婚後の親権、養育費、子供との面会などについても、調停では本人らの意思を尊重しながら慎重に取り決められます。

 

取り決めは申立人の希望により公正証書という文書に残すことができます。

 

例えば離婚後パートナーが養育費を支払わなくなった場合、記載の事項に従ってパートナーから、法的手段を使って養育費を支払わせることが出来ます。

 

調停にかかる費用は約3000円。プラス各種請求(慰謝料請求、養育費請求、婚姻費用分担請求ほか)1件につき1200円の加算となります。

 

【準備するもの】

 

・夫婦関係調停調整申立書

 

・申立人の戸籍謄本

 

・申立人の印鑑

 

・パートナーの戸籍謄本

 

・年金分割のための情報通知書

 

■どっちが円満!?離婚の仕方は夫婦次第

 

どちらの別れ方の方が、後々後悔しない選択になるのでしょう? 私の夫はギャンブルと子供への肉体的・心理的虐待がありました。「さっさとこんな人と別れたい!一緒にいるのも嫌。」

 

そんな考えで旦那に離婚を突き付けたところ、別居も無しにアッサリ離婚。離婚届に判を押し、家から出て行ってくれました。

 

面会も数回だけ。1年半後には養育費の支払いも無くなり。再婚した今となっては「半年に1回くらい思い出す人」です。

 

でも今冷静に考えてみると、子供たちのためにも調停で公正証書を作り、18歳になるまでは養育費を貰っておけるようにしておくべきだったと思います。(公正証書は協議離婚でも作ることが出来ます。弁護士事務所など介さなくても大丈夫です。)

 

☆まとめほし

 

協議・調停、アナタにとってどちらが円満離婚に繋がりそうですか? 将来、夫婦どちらもお互いが楽しい人生を謳歌できるような離婚方法は、一体どちらでしょう?

 

パートナーと、冷静になってよく相談してくださいね。

 

 

(文/namiki 画像/123RF)

 

 

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!