ライフスタイル

離婚の危機を回避する、夫婦円満のポイント

 

一度は愛し合って結ばれた者同士、例えその関係に亀裂が入ると時があっても、また修復できたらベストだと思います。そこで今回は、離婚の危機に立った時、その危機を回避する方法や、離婚危機を未然に防ぐ、夫婦円満の秘訣について、自分の経験で学んだことをもとに紹介したいと思います。

 

■離婚の危機に至ったら

 

夫婦関係が危機的状態に陥ったら、そこから再度修復するための方法を紹介します。

 

〇距離を置く

物理的にも一旦距離をおくことも重要です。実際離れてみて、相手のいいところに気が付くこともあります。

 

また、一旦距離を置くことで、冷静な気持ちを取り戻して、お互いのことや、自分の将来のこと、子どものことなどを考える時間が必要です。一時の感情で離婚してしまっては、後悔することもあるでしょう。

 

大事な決断は、頭が冷静なときに判断しなくてはいけません。

 

〇第三者を交えて話をする

 

お互いの言いたいことばかりを言って、相手の意見を聞く余裕がなくなっているときは、何度話し合いをしてもケンカになるばかりで、悪循環をうみます。

 

そんな時は、どちらか一方の味方につくような人ではない、第三者に間に履いてもらい、お互いの意見をきいてもらって客観的な意見を聞いてみましょう。

 

それでも納得がいかないこともあるかもしれませんが、もしかしたら新しい事実に気づくきっかけになるかもしれません。

 

〇初心を思い出す

過去の写真などを見返して、ラブラブだったころの記憶を呼び覚ましましょう。

 

また、たまにはあえて時間と場所を指定して、待ち合わせして出かけるなど、デート気分を思い出してみてはいかがでしょうか?

 

■夫婦関係を有効に保つために

 

離婚の危機に直面する前に、普段から夫婦関係を有効に維持していたいですよね。そんな夫婦円満の秘訣を紹介します。

 

〇プチサプライズをする

夫婦関係を有効に保つためには、マンネリ化を防ぐことが大切です。空気のような存在、それが心地いいと感じる人もなかにはいますが、いくつになっても刺激を求める好奇心旺盛の人には、空気的存在は、少々退屈に感じます。日々、プチサプライズを考えて、相手を飽きさせないことが大切です。

 

〇記念日や誕生日にはプレゼントをする

プレゼントをもらって嫌な気持ちになる人はいません。何を上げたらいいかわからないという人は、花束をあげるなど、例え定番化してしまったとしても、記念日や誕生日を覚えていてくれた、祝ってくれたというだけで、単純に嬉しいものです。相手を気にかけているという姿勢を伝えるには、ときは言葉やしぐさだけでなく、プレゼントという目に見えてわかる形で伝えることも効果的です。

 

〇常に自分を磨く努力をする

男は男であり続ける、女は女であり続ける、簡単なようで容易なことではありません。特に女の人は、子どもが出来た瞬間、母になります。旦那さんに対しても、母になってしまう女性は少なくありません。旦那様が女性として見てくれないと不満があるなら、自分が女性としてみてもらえるような努力をすることも必要です。

 

下着姿で家の中を歩いたり、出会った頃とは体系が明らかに変わったりしていませんか?男性も同じです。男として、自分を磨き続けることを忘れない男性は、いくつになっても男性としての魅力があります。

 

〇適度な距離を保つ

夫婦円満の秘訣は、適度な距離を保つことも重要だと思います。適度な距離を保つためには、お互い依存しあわない、一人の大人として自立できているかどうかがポイントです。

 

また、やってくれて当たり前と思わず、相手を一人の人間として尊重する気持ちや、感謝のこころを忘れないようにしましょう。

 

☆まとめ☆

 

暴力を受けているなど、命の危険にさらされている場合は、すぐに自分の身の安全を確保して下さい。

 

そうでなければ、離婚という選択をする前に、いろいろ試してみて下さい。それでも関係が修復できないときには離婚する、でも遅くないと思います。後悔だけはしないよう、冷静に判断することをオススメします。

 

 

(文/ぶー 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!