• HOME
  • ライフスタイル
  • 離婚に後悔なし! シングルマザーが離婚してよかった!と思うとき

離婚に後悔なし! シングルマザーが離婚してよかった!と思うとき

シングルマザーが「離婚してよかった!」と思う瞬間は、どんなときなのでしょうか。

タグ: ,

 

離婚をするということは、相当のエネルギーが必要です。それでも離婚を決めて前に進んだシングルマザー。母は強しです。

 

離婚により母子家庭になる世帯は、年々増加していて、平成28年度の厚生労働省の調べでは、母子家庭世帯の79.5%が、離婚による母子家庭という結果がでています。そんなシングルマザーたちは、貧困や苦労ばかりを取り上げられることが多いですよね。

 

もちろん、シングルマザーの生活は楽なものではありません。しかし「後悔は一度もしたことがない。」などの前向きな意見も多いんですよ。

 

そんな、シングルマザーが「離婚してよかった!」と思う瞬間は、どんなときなのでしょうか。

 

■家でリラックスしているとき

 

離婚の原因が夫のDVやモラハラだった場合、人生の再スタートを切ったということは、イコール家庭内の平穏を手に入れたということになります。

 

家庭の中で、気を使ってビクビクする生活は精神的な苦痛が大きすぎます。無視されたり、意味もなく叩かれるなど、人として大切にされていないと感じるような行為をされ続けた結果、鬱になってしまう人もいるほどです。離婚は、そんな生活からの解放を意味します。

 

しかし、離婚後も精神的な病気の完治は難しく、その後の人生を大きく変えてしまうことも少なくありません。

 

それでも、一歩ずつ前に進んで行くしかないのです。そうやって、シングルマザーは人としても大きく成長します。

 

そうやって手に入れた家庭でのリラックスタイムは、幸せそのものです。

 

■お金に困らなくなったとき

 

離婚の理由が、浪費癖のある夫という場合があります。高級車を欲しがる、高価なものを集める趣味があるなどが理由で、結婚生活は借金地獄。

 

すでに借金地獄だというのに、いつまた夫がお金を借りるかわからないといった暮らしでは、信頼関係も何もあったものではありません。

 

そんな負担ばかりの結婚生活を終わらせてみたら、シングルマザーになったけど結婚していた頃よりお金に困らなくなったという人もいます。

 

借金問題だけではなく、結婚当時から夫より収入が多かったという人の場合、夫分の出費が減って生活が楽になったという声もあるんですよ。

 

人生、結局はお金とまではいいませんが、お金はあって困るものではありませんし、自分の知らないところで借金を作られる心配のない生活は、安心できるものです。

 

■家事の量が減ったと思うとき

 

単純に洗濯物は一人分減りますし、食事も子どもと自分の分だけを作るなら楽なものですよね。

 

それに、平日に夕飯を一緒に食べられる家庭は少ないですから、夫が帰宅したら食べさせるというパターンが多いはず。それがなくなっただけでも家事の量はグッと減ります。

 

イクメン、家事メンなんて言葉もありますが、夫というものは、家庭の中では何にもしないというパターンが非常に多いもの。

 

おまけに、脱げば脱ぎっぱなし、鞄もリビングにドカッと置きっぱなし、玄関に行ってみれば靴の脱ぎ方も知らないのか?なんて状態でも不思議はないものです。

 

離婚によって、そんな夫がいなくなったら、一気に家事が楽になったと感じるのも納得ですよね。

 

■働くことで自分に自信がついたとき

 

特に専業主婦だった人は、離婚後に自分が一家の大黒柱として働かなければいけないことに不安を感じるものです。

 

結婚・妊娠・出産・育児と長く家庭に入っていた場合、自分が社会のスピードについて行けるのかと不安があって当然。

 

しかし、いざ離婚して働き始めると、毎日をイキイキと暮らせるようになったと感じたり、気が付けばバリバリと仕事をこなすワーキングママになっていたという人もいるんですよ。

 

離婚は、できるなら経験しなうほうがよいものです。しかし、離婚をきっかけに働くことの楽しみを知ったシングルマザーもたくさんいます。

 

■まとめ

 

悩んだ結果、決断した離婚。先が見えなくて辛い日だってもちろんあります。

 

それでも「後悔なんてしていない。」この言葉から、たくましく前に進んでいくパワーを感じます。

 

 

(文/kaolin 画像/123RF)

タグ: ,