シングルマザーに関するランキング

ネットを検索すると、離婚や死別を経験したシングルマザーに関する情報がランキング付けされています。日々悩んだり苦しんだりしているシングルマザーには、同じ経験をしてきた女性が、何を思い、どう生きているのか参考になります。気持ちもほぐれるのではないでしょうか。

タグ:

 

ネットを検索すると、離婚や死別を経験したシングルマザーに関する情報がランキング付けされています。日々悩んだり苦しんだりしているシングルマザーには、同じ経験をしてきた女性が、何を思い、どう生きているのか参考になります。気持ちもほぐれるのではないでしょうか。

 

またシングルマザー就職、悩みなど今すぐ知りたい情報がランキング付けされいるので参考になります。

 

■シングルマザー人気ランキングブログ

 

同じ状況下で生きているシングルマザーがいることは勇気を与えてくれます。子育てを経験中、もしくは経験した人のブログにはたくさんの希望・夢・反省などがあります。

 

またブログには日々シングルマザーが感じた生の声や工夫、考え方なども満載です。子育てがうまくいかない、仕事や人間関係で悩んだり、元夫からの養育費が滞ってどうやって対処していいのか分からないなど、悩み多いシングルマザーの疑問や質問の解決方法にもヒントになるものがあります。

 

そして、ブログを見れば色々なシングルマザーがいることが分かります。それぞれが色々な環境で生活をして、それぞれの考えを持って社会の中で生きています。気晴らしに覗いて参考にしてみるのもいいですよ。

 

■シングルマザーの就職ランキング

 

日本の母子家庭は約120万世帯を越えています。その中で働くシングルマザーは80%を越えていますが、母子家庭の正規雇用が40%程度に対し、非正規雇用が60%、ちなみに父子家庭だと正規雇用約90%、非正規雇用10%です。

 

特に単身の女性と違い、子供がいるシングルマザーは何かと制約が発生します。そのため差し障りのない部署や非正規雇用で雇うケースが多いのです。シングルマザーも正社員になると子供との時間が減ること、子供が小さい時は保育園の送り迎えが必要で勤務に支障が出ることを考慮して非正規を選ぶのです。

 

そうしたシングルマザーの就職希望ランキングが1位一般事務・2位営業事務・3位医療事務となっています。事務職であればキャリアを磨いて転職も夢ではありません。

 

そして、実際に就職を果たしたランキングでは1位介護職・2位営業職・3位ドライバー職となっています。

 

全体的に見ればサービス業は人手不足で正社員として就職しやすいのですが、時間の拘束や休みの融通が利かないなど、シングルマザーには人気のない職種です。

 

■ランキングにはシングルマザーの苦悩が垣間見える

 

シングルマザーの生活に関するサイトは現代社会での立ち位置がよく分かります。シングルマザーの本音は収入を増やしたいのです。でも一方で子供との時間も大切にしたいのです。

 

その現実と理想の溝がこういったランキングには見えてしまいます。仕事と子育ての考え方を変えてみるのも解決策の一つです。目の前の条件に左右されず、将来を見据えて行動を起こすべきです。

 

つまり、事務職なら関連業務での資格を目指して働けば、子供の手が離れた時に、社員としてバリバリ仕事ができます。

 

介護職も日勤だってありますし、週末お休みの施設などもあります。未経験者から介護の仕事を始めて、資格を取り年収が倍に増えた例もあります。

 

子供と一緒に過ごす時間は工夫次第でできるものです。また短い時間でも濃密な時間が過ごせればいいのです。

 

目先のことばかりではなく、5年、10年先を見据えて早くから収入アップに繋げる努力をするのです。

 

☆まとめ☆

 

ネットにはシングルマザーが気になるランキング情報がたくさんあります。ランキングが全てではもちろんありませんが、それをうまく参考にして自分の人生設計を考えてみることもできるのではないでしょうか。

 

シングルマザーと子供の明るい未来を実現するために、自分にあった生き方をランキングから読み取って、是非活かして欲しいと願っています。

 

 

(文/ルーミス 画像/123RF)

 

タグ: