離婚したら、家のローン返済はどうなる?

離婚を考えているけど、家のローンがまだ残っている。ローンはどうなるのだろう? そんな悩みを持つママもいるかと思います。

タグ: ,

 

離婚を考えているけど、家のローンがまだ残っている。ローンはどうなるのだろう? そんな悩みを持つママもいるかと思います。

 

離婚をすると、財産分与によって土地や財産などを夫婦2人で分割することができますが、気を付けなければいけないのは、プラスの財産だけでなく、当然マイナスの財産、つまりローン返済等も分割になるということです。ただし、どんな場合も分割になるわけではありません。

 

そんな、離婚時の家のローン返済について紹介します。

 

■財産分与とは?

 

そもそも財産分与とはどういうことなのか説明します。

 

〇財産分与の対象

財産分与の対象になるものは、名義に関わらず、実際に共有していたものであれば対象になります。当然婚姻中の共有財産についてなので、例えば、婚姻前にどちらかが買った家などは対象になりません。しかし、購入後、婚姻し、夫婦一緒にローンを払っていたのであれば、婚姻後のローンについては分割することになります。

 

また、別居後の財産についてですが、原則として別居した時点で夫婦関係は破綻しているとみなされ、別居後の財産は分与の対象になりません。

 

財産分与の対象は、あくまでも「共有していたもの」ですので、マイナスの財産も分割すると言っても、どちらか一方のために借り入れた借金、例えばギャンブルのために一方が借りた借金などは分与の対象外となります。

 

〇財産分与の時期

「離婚当時は離婚することで頭がいっぱいで、財産分与のことまできちんと決めなかった」と後悔している方もいるかと思いますが、財産分与は離婚後2年後まで請求することが出来ます。

 

〇財産分与の方法

財産分与の方法は、単純に金額を分割し、配分するという方法だけでなく、いろいろな手段があります。

 

例えば、

・物は自分が保持し、相手に金銭を支払う

・家など対象物を売却して出た利益を分割する

・現物を分与する

などの方法があります。

 

■家のローン返済について

 

離婚後のローン返済については、離婚後、家をどうするかによって誰が返済の責任を負うのかが変わってきます。

 

〇家を売却し、残った額を分割する

夫婦2人とも新たな場所で生活するとなれば、婚姻中に住んでいた家を売却し、売値を差し引いて残った額のローン、または売値でプラスになれば、そのプラスの額を分与することになります。

 

〇名義人が住む場合

家の名義人がそのまま家に住み続ける場合、離婚後(または別居後)のローン返済は住み続ける人が返済することになります。

 

ただし、名義人以外、例えば名義人が夫であった場合、家を出る妻も婚姻中はローンを支払っていたとなれば、離婚後の返済について金融機関と相談し、支払いの責任を外してもらえるのかどうか協議が必要です。

 

〇名義人以外が住む場合

名義人が夫の場合、夫はローンを支払うが、住むのは妻。と約束し、そのような形をとる夫婦も中にはいるかもしれませんが、後々のトラブルを引き起こしかねませんので、名義を変更し、住む人が払う方法が良いでしょう。

 

☆まとめ☆

お金に関することですので、きちんとした取り決めをしなければ、離婚後もトラブルになる可能性があります。すっきりとして、お互い新たな人生を歩むためにも、離婚を決めたなら、財産分与のこともきちんと話しておく必要があります。

 

話し合いで円満に決まればいいのですが、その後、トラブルになるというケースも考えられますので、お金に関することは、やはり専門家に相談し、裁判や公正証書などの公的な約束として交わすのが一番だと思います。トラブルを避けるためにも、また、自分ばかりが負債を背負ったりすることがないよう、公的な場できちんと公平に判断してもらいましょう。

 

 

 

(文/ぶー 画像/123RF)

 

タグ: ,