ライフスタイル

シングルマザーが老後の住まいを考える

シングルマザーのみなさん、老後の暮らしを想像したことはありますか?

今、現在の生活に追われ、なかなか将来を想像する時間がないという人も多いと思います。まだまだ自分には関係ないと思っていても、いずれ訪れる老後のこと。とくに子育てに必死な毎日を過ごすシンママのみなさんは、子育てが落ち着いて、いざ自分の時間が取れるようになったころには、退職して老後の人生を考える時期になっていたということもあるかと思います。

そんな老後の暮らしについて、想像するきっかけになればとも思い、老後の住まいについて、いくつか紹介します。

◎賃貸住宅

アパートや市営住宅など、賃貸住宅に住む方法です。

【メリット】

・維持費を抑えることができる

ひとりで住むのであれば、部屋数も多くは必要ありませんし、家賃や維持費を低く抑えることができます。

・移動できる

子どもが巣立った後は自分の住みたいところに移住するなど、賃貸住宅であれば持ち家と違い、手軽に引っ越しもできます。

【デメリット】

・借りられない可能性がある

そのときの収入によっては賃貸住宅を借りることができない可能性もあります。

・身体的問題などによって引っ越しを余儀なくされることも

バリアフリーの賃貸住宅も増えていますが、アパートなどは階段があることが多いです。老後、体の衰えとともに住みにくい環境となってしまう恐れがあります。

◎持ち家

自分で購入した家や、実家に住む方法です。

【メリット】

・資産を残すことができる

自分がいなくなった後も、子どもに資産として残すことができるというのが、持ち家の大きなメリットです。

・自由自在に使える

子どもの成長や生活スタイルによって自由にリフォームできるのも持ち家ならではのメリットです。ゲストルームを作っておけば、来客を招くこともできます。

【デメリット】

・維持費がかかる

固定資産税や土地代がかかるので、賃貸住宅に比べると維持費はかさみます。

◎施設入所

身体的理由などで自分一人では日常生活を送れない日が来るかもしれません。そうなったら子どもの世話にはなりたくないというママも多いかと思います。そんなときのために、施設入所についても知っておく必要があります。

【メリット】

・介護が受けられる

自分だけでは日常生活を送るのが困難な際に、施設のスタッフが手助けしてくれます。

【デメリット】

・入所できる施設がない可能性がある

保育園がどこもいっぱいであるのと同じように、介護施設も需要が高いので、すぐに入居できるかは定かではありません。

・入所費用がかかる

施設入所といっても介護付き有料老人ホームや、グループホーム、サービス付きの高齢者向け住宅など、種類がいろいろあり、施設によって費用はさまざまですが、入所費用や月額利用料などがかかります。

■寂しい老後を過ごさないために。「高齢者向けシェアハウス」とは?

以上で紹介した以外にも、高齢者向けシェアハウスというものがあります。シェアハウスというと、あるテレビ番組でもあったように、若者が共同生活を送るというイメージがあるかもしれませんが、シンママ専用のシェアハウスや高齢者向けのシェアハウスなど、多種多様な方向けのシェアハウスがあります。

◎高齢者向けシェアハウスとは?

〇他のシェアハウスとの違い

・高齢者向けサービスが受けられる

定期的な買い物への送迎サービスや、報酬つきの清掃業務などのサービスが受けられる高齢者向けならではのシェアハウスもあります。ただし、あくまでもシェアハウスであり、介護施設ではないので、自立した生活を送ることができる人たちが共同で生活する場になります。

【メリット】

・家賃分割で安く済むことができる

家賃は同居人同士で折半するので、年金で生活しなくてはいけない高齢者にとって、少しでも家賃が安く抑えられることは嬉しいことです。

・孤独死などの心配が少ない

高齢になって一人で生活するのは、自分の身に何かが起きたとき、突然動けなくなったときなどの不安があると思います。シェアハウスであれば、ずっと一人でいるという寂しさもありませんし、何かあったときでも誰かがそばにいてくれるので安心です。

【デメリット】

・バリアフリーとは限らない

高齢者向けのシェアハウスの多くは、高齢者に優しいバリアフリーですが、なかには家賃を抑えるため、空き家をそのまま高齢者シェアハウスとして使っている物件もあるようです。オーナーは福祉の専門家とは限らないので、バリアフリーでない建物もあります。

・気を使う

例えば、どうしても折が合わない同居者がいた場合は困ります。長年かけて築かれた性格は今さら変えることはできませんし、人は高齢になるとだんだん子どもに返り、わがままになる傾向があるともいわれていますよね。

さらに認知症の症状や身体的に思うようにいかないことが増えたなど、自分で自分をコントロールするのが難しくなれば、当然人とのトラブルが起こりやすくなります。

ただでさえ、他人との共同生活は気を使うことも多いかと思いますが、高齢者ならではのトラブルの原因もそこに加わり、気疲れする場面もあり得るでしょう。

■サービス付き高齢者向け住宅との違い

サービス付き高齢者向け住宅とは、高齢者向けの賃貸住宅で、専門的な生活相談のサービスを受けることができます。建物もバリアフリーなので安心です。「孤独死は嫌だけど、共同生活も苦手」という方は、サービス付き高齢者向け住宅を検討してみるといいでしょう。

◎高齢者×若者のシェアハウスも

シェアハウスは、NPO法人などが管理しているところや、オーナーが民間で管理しているところとさまざまなので、シェアハウスによってもスタイルはさまざまです。例えば、家賃をできるだけ抑えたい学生など若者と、高齢者をマッチングさせて共同生活するところもあります。

■シンママが老後を元気に過ごすために

子育てが落ち着いて、住居も決まり、やっと自分の時間がもてた!という頃、元気に若々しく人生を満喫できるように、老後を元気に過ごすためのポイントを紹介します。

◎適度な運動する

・有酸素運動で認知症予防

有酸素運動とは、酸素を利用して脂肪などをエネルギーに変えて燃焼する運動です。激しい運動ではなく、ウォーキングなど深い呼吸をしながら行う運動です。

有酸素運動によって酸素が取り込まれ、血流が良くなります。脳内の血流も良くなり、新鮮な酸素が巡ることで、脳機能が活性化し、記憶力の増強など認知症予防の効果もあるのです。

・ストレッチで心もほぐす

ストレッチは、筋肉の緊張をほぐすことで肩こりなどの不調が改善できます。また、ストレッチ後はα波が増加し、副交感神経も活発になるので、リラックス効果があります。体がリラックス状態になることは、心の緊張も解けている状態なので、筋肉のコリをほぐしながら、心もほぐされるのです。リラックス時間を作ることでうつ病などの予防になり、心の健期待できます。

◎健康的な食事

・バランスのいい食事

長寿に効果的であるとされる食べ物はいろいろありますが、一番はやはり偏食せずにバランスよく食べること。バランスよく食べることで、栄養も偏らずにまんべんなく摂取することができます。

和食の基本である主食、主菜、副菜、汁物の一汁三菜をベースに、赤:体を作る食べ物(魚、肉、豆類、乳製品など)、黄色:エネルギー源となる食べ物(穀類、イモ類、糖類、油など)、緑:体の調子を整える食べ物(野菜、海藻類、果物など)の三色を意識するとバランスのとれた食事になります。

一日でバランスをとるのは難しい場合は、3~7日の間で不足を補うようなイメージで食事をすると、偏りにくくなります。

・食事を楽しむ

忙しい毎日のなかではなかなか食事を楽しむ余裕がなく、お腹が満たされればいいという食事になっている人も少なくないと思います。誰と、どこで、どんなふうに食べるか、香りや見た目も楽しんでいるかなど食事自体を楽しんでいると心も満たされ、満足感をあげることができます。

過食が抑えられ、心も体も健康になります。一週間に一回や月に一回でも食事を楽しむ時間を作ってみてはいかがでしょうか。

◎「生きたい」という気力を持つ

・生きがいをみつける

生きがいがあると、長生きしたいと思えるでしょう。それは自分の趣味でもいいですし、仕事へのやりがい、子どもとの時間、孫の顔が見たいなど、どんなことでもいいので、何か一つでも楽しみがあることで、もっと長生きしたいと思えます。

また、目標があると、それに向かって生きようとする活力が湧いてきます。日々の生活のなかで何か一つ、小さなことでも目標をもって生活する習慣を身につけてみて下さい。いくつになってもチャレンジ精神をもって何事にも取り組む人は、常に目標があるのでイキイキとした生活を送っています。

・人との関わりを大切にする

孤独を感じると、コルチゾールの分泌が活発になるそうです。コルチゾールとは、ストレスや低血糖に反応して副腎皮質で生産される、ホルモンの一つです。

コルチゾールは免疫を抑え炎症を抑える働きがあるので、コルチゾールが活発であると免疫力が低くなってしまうそうです。

また、孤独を感じると人は無気力になり、生きる気力を失ってしまいます。そうならないためにも人との関わりを常に持っておくことが大切です。趣味を通じて人と関わったり、新しいコミュニティグループに参加してみるなど、人との出会いを大切に、また、今いる人との関係を継続できるように心がけてみて下さい。

☆まとめ☆

伴侶がいないからといって、寂しい老後になるというわけではなく、今回紹介したように、老後も他の人と関わりを持ちながら楽しく暮らせる方法がたくさんあります。

どんなことも時代とともに多様化していきますが、暮らしのかたちもその一つです。高齢化が止まらない日本、今後ますますいろいろな生活スタイルが確立されていくかもしれませんね。

(文/ぶー 編集/シンママStyle編集部 画像/123RF)

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!