シングルマザーが老後の住まいを考える。

老後の暮らしについて、想像するきっかけになればとも思い、老後の住まいについて、いくつか紹介します。

タグ:

 

みなさんは、老後の暮らしを想像したことはありますか?

 

今、現在の生活に追われ、なかなか将来を想像する時間がないのが現状だという人もいると思います。まだまだ自分には関係ないと思っていても、いずれ訪れる老後のこと。特に子育てに必死の毎日を過ごすシンママのみなさんは、子育てが落ち着いて、いざ自分の時間が取れるようになったころには、退職して老後の人生を考える時期になっていたということもあるかと思います。

 

そんな老後の暮らしについて、想像するきっかけになればとも思い、老後の住まいについて、いくつか紹介します。

 

■賃貸住宅

アパートや市営住宅など、賃貸住宅に住む方法です。

 

◎メリット

・維持費を抑えることが出来る

ひとりで住むのであれば、部屋数も多くは必要ありませんし、家賃や維持費を低く抑えることが出来ます。

・移動できる

子どもが巣立った後は自分の住みたいところに移住するなど、賃貸住宅であれば持ち家と違い、引っ越しもできます。

 

△デメリット

・借りられない可能性がある

その時の収入によっては賃貸住宅を借りることが出来ない可能性もあります。

・身体的問題などによって引っ越しを余儀なくされることも

バリアフリーの賃貸住宅も増えていますが、アパートなどは階段があることが多いです。老後、体の衰えとともに、住みにくい環境となってしまう恐れがあります。

 

■持ち家

自分で購入した家や、実家に住む方法です。

 

◎メリット

・資産を残すことが出来る

自分がいなくあった後も、子どもに資産として残すことが出来るというのが、持ち家の大きなメリットです。

・自由自在に使える

子どもの成長や生活スタイルによって自由にリフォームできるのも持ち家ならではのメリットです。ゲストルームも作っておけば、来客を招くこともできます。

 

△デメリット

・維持費がかかる

固定資産税や土地代がかかるので、賃貸住宅に比べると維持費はかさみます。

 

■シェアハウス

最近では、若者だけでなく、老後、共同で生活するシェアハウスを選択する方もいます。

 

◎メリット

・寂しい思いをしないですむ

老後、もし子どもと離れ、一人で生活するようになれば、心配なのは孤独死など自分の身に何かあった時のことだと思いますシェアハウスであれば孤独死の心配もなく、話し相手がいないという寂しさもありません。

 

△デメリット

・気を使う

他人同士で共同生活をするわけですから、気の合う仲でないと気疲れする可能性がありあます。

 

■施設入所

身体的理由などで自分一人では日常生活を送れない日が来るかもしれません。そうなったら子どもの世話にはなりたくないというママも多いかと思います。そんな時のために、施設入所についても知っておく必要があります。

 

◎メリット

・介護が受けられる

自分だけでは日常生活を送るのが困難な際に、施設のスタッフが手助けしてくれます。

 

△デメリット

・入所できる施設がない可能性がある

保育園がどこもいっぱいであるのと同じように、介護施設も需要が高いので、すぐに入居できるかは定かではありません。

・入所費用がかかる

施設入所といっても介護付き有料老人ホームや、グループホーム、サービス付きの高齢者向け住宅など、種類がいろいろあり、施設によって費用はさまざまですが、入所費用や月額利用料などがかかります。

 

☆まとめ☆

老後の住まいについて、いくつか紹介しました。老後、自分はどんな生活をしているのか、少し想像するきっかけになったり、少しでも老後の住まいについての参考になれば幸いです。

 

 

(文/ぶー 画像/123RF)

タグ: