シングルマザーだって楽したいときがある

シングルマザーって大変ですよね。しがみついてでも離婚なんかしなければいいのに…などいう人もいるでしょう。でも実際、その当事者になると離婚に至るまでの葛藤は凄まじいものです。

 

シングルマザーって大変ですよね。しがみついてでも離婚なんかしなければいいのに…などいう人もいるでしょう。でも実際、その当事者になると離婚に至るまでの葛藤は凄まじいものです。

 

もちろん子供のことが優先されますが、もう精神がボロボロになって、離婚以外に道はないと考えシングルマザーになる人はいるのです。固定観念に長らく縛られてきた日本人は未だにシングルマザーには否定的です。社会的にみてもシングルマザーへの補償体制は十分だとは言えません。

 

■シングルマザーの生活

 

母親と子供だけの生活、楽しそうに見えて実は大変なんです。毎日仕事が終われば、次は家事と育児。その繰り返しが何年も続きます。

 

家族と同居していれば誰かが助けてくれますが、1人だとそうもいきません。色々な民間の便利なサービスを受ければ育児も、家事も少しは楽にはなりますが、お金がかかります。

 

でも疲れたから今夜は簡単に済まそうと、お弁当やお惣菜を買ってきたり、結婚中ではできない手抜きも許されるのです。この“手抜き”は実はシングルマザーが生活をする上で重要なポイントになるのです。

 

■シングルマザーの月収

 

シングルマザーの平均的な月収は約15万円だそうです。その他に、養育費、児童手当、児童扶養手当などがプラスされます。養育費は元夫から離婚時の条件に基づいて支払われます。それ以外の補助金は申請すればもらえるものです。これらの手当は月給のプラスアルファになるので必ず申請しておかなければなりません。

 

■シングルマザーの仕事

 

結婚中も就職をしていていれば、離婚後も安定した収入も期待できますが、離婚後に仕事を探すとなるとまず無理でしょう。資格があれば就職もスムーズに決まるでしょうが、資格もないとなると条件はさらに不利になります。

 

結婚をしようがしまいが常に自己啓発をしておくことが必要です。離婚をしなくとも夫が病気や事故で亡くなることもあります。人生先は誰にも分からないのです。

 

どういった状況になっても生きて行くだけの術は身につけておくのです。収入さえ安定していれば、住宅を借りるのも簡単に見つかります。

 

■子供との時間

 

シングルマザーは子供との時間を持ちたいと思います。頭では分かっていても現実的には子供が小さい時は、一緒に過ごす時間は限られてしまいます。親を必要とする時に時間が取れないのです。でも子供がもう少し大きくなれば気持ちにも余裕ができるので楽になれます。辛い時間はそう長くは続かないのです。

 

■子供は見ている

 

子供は母親の姿を見ています。幼いながらも子供は母親の役に立ちたい、母親を守りたいと思うのです。普通の家庭で育った子供より、気持ちの優しい子供に成長してくれることでしょう。

 

子供が母親の気持ちを分かってくれれば、気持ちが楽になります。1人の時間も自然と作れるようになります。旦那といた頃は1人の時間などありませんでした。ようやく自分らしい時間が持てるようになれば、子供との絆も深くなれます。自分の心に余裕が持てれば、子供にももっと優しく接することができます。

 

☆まとめ☆

 

シングルマザーになるのは厳しい状況に身をおくことになります。それだけにシングルマザーになるのなら準備をして離婚をすることです。辛いこと、理不尽なことがたくさんあるかもしれません。でも子供がそばにいてくれます。いつも母親を見ています。

 

辛い思いをした分、きっと楽な時間が訪れてくれます。子供はきっと母親の気持ちを理解して優しい心を持って成長してくれるでしょう。

 

そして、少しばかりの手抜きはシングルマザーには必要なんです。完璧を心がけると行き詰まります。手抜きは時間を作ってくれ、気持ちに余裕を持たせてくれます。

 

 

(文/ルーミス 画像/123RF)