ライフスタイル

夫側 妻側ともに離婚原因トップ3!?話題のモラハラとは

 

現在では約30%の夫婦が離婚しており、離婚という事自体珍しい事ではなくなってきていますよね。現にシングルマザーになった方の中でも未婚のシングルマザーより、一度は結婚をしたが離婚を経てシングルマザーになったという方の割合の方がダントツに多いです。そして離婚の原因として夫婦ともにトップ3に入っているモラハラ、少し前には三船夫妻のニュースが話題になり一気にモラハラという言葉が世間に浸透しましたよね。

 

ですがモラハラという言葉は聞いた事があるけど実際どういう意味なの?と思っている方も多いと思います。そこで今回はモラハラについて詳しくお話ししたいと思います。

 

■離婚原因トップ3!モラルハラスメントについて詳しくお話します。

 

皆さんはモラハラという言葉をご存知でしょうか?コトバンクによるとモラハラとはモラルハラスメントの略で言葉や態度によって人の心を傷つける、精神的な暴力や嫌がらせのことを言います。職場上での力関係を背景に行われるパワーハラスメント(パワハラ)や性的な嫌がらせでもあるセクシャルハラスメント(セクハラ)もモラルハラスメントの一種とされています。

 

平成27年度の家庭裁判所に申し立てられた離婚調停の原因で夫側から申し立てられた理由第二位に精神的虐待、妻側から申し立てられた理由第三位にも同じく精神的虐待が入っています。精神的虐待、モラハラとは暴力をふるうDV(ドメスティックバイオレンス)とは違い目に見えない虐待を日常的に行う事により相手を支配し思考を停止されると言われており、モラハラ被害者はDV被害者と同じく自分がモラハラを受けている自覚がない方が多いのもまた事実であり、自覚できたとしても決定的証拠もなく日々の生活にわたるものなので決心がつかずズルズル月日だけが流れるというパターンが多いようです。

 

■典型的なモラハラ夫とは?当てはまる数が多いと要注意です

 

典型的なモラハラ夫としてあげられるのはやはり昔からの亭主関白を基本として考えている男性に多いのではないかと思われます。ですが、亭主関白と決定的に違うのは誰の幸せを願っているのかという点です。

 

亭主関白な夫は一番に家族の事を思い、仕事は優先するがその分キッチリ稼ぎ家族に苦労をかけまいと頑張ります。ですがモラハラ夫は違います。モラハラ夫が一番に優先なのは自分自身なのです。悪化するとお子さんへの影響も懸念され放っておくと大変な事になるでしょう。

 

また、妻が年下の場合やはりモラハラ夫になる可能性が出てくると言えるでしょう。少し前にニュースになった三船夫妻もこのパターンだと言われており、結婚当初まだ16歳だった妻を保護者としての立場も兼ね備えていたからなのかズルズルその関係性が今にまで続き、妻側の限界がきたと言われていますよね。また、門限や夫が帰ってくるまでご飯を食べてはいけない等決まりがあったとも言われており、徐々に限界に達したんでしょうね。

 

■シングルマザーになってからも苦難の連続…、モラハラ夫と離婚するには

 

モラハラ夫には自分が加害者という自覚が全くと言っていいほどありません。自分が妻を正している、妻の間違いを正しているだけだという考えなのでしょう。ですが妻側からすると常日頃から考えを否定され、行動を指図され段々と自分の言いたいことも言えない様な環境にならざるを得なかったと言えますよね。

 

このような場合、すぐに離婚するのは難しいかもしれませんがとりあえず別居をする、調停を申し込むなど第三者を挟むのが適作と言えるでしょう。もし今モラハラ夫で悩んでいる方がいらっしゃるなら市の専門機関や法テラスなどを検討してみてはいかがでしょうか?

 

これからのより良い生活の為にも今一度考えてみてほしいものです。

 

 

(文/音葉 画像/123RF)

 

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!