ライフスタイル

離婚届を出す前に夫婦できちんと話し合うべき7つのこと

 

「とにかく早く離婚をしたい」と思っていると、決めなければいけないことを決めずに焦って離婚してしまいそうですが、離婚前に決めておかないといけないことはたくさんあります。

 

これから紹介することをきちんと決めずに離婚すると、離婚後も揉め続けないといけないので、離婚届を提出する前にきちんと決めておきましょう。

 

これからシングルマザーになろうとしている人が、離婚届を提出し正式に離婚となるまでに決めておきたいことは、次の7つです。

 

・親権はママかパパのどちらが持つのか

・婚姻前の姓に戻るかどうか

・離婚届の証人を誰に頼むか

・財産分与

・養育費の金額と支払い方法

・面会交流の有無や頻度、方法

・慰謝料の金額、支払い方法

 

離婚前に決めておきたい7つのことについて、詳しく見ていきましょう。

 

  1. 親権は母親か父親のどちらが持つのか

 

親権をどうするかは最も大切なことですね。母親が親権を持つことが多いですが、もちろん父親にも親権があります。ただ子供がまだ乳幼児の場合、親権は母親が優先されます。また、子供が15歳以上なら子供の意思が尊重されるようになるのです。

 

どちらにしても子供の意見を尊重することは大切ですが、親の事情も踏まえてしっかり話し合いましょう。

 

  1. 婚姻前の姓に戻るかどうか

 

離婚後は婚姻前の姓に戻るのが原則となっています。しかし、子供の学校での名前が変わったり仕事に影響したりする場合は、本人の意思で決められます。

結婚時の姓でいる必要がなくなったタイミングで、旧姓に戻すこともできますよ。

 

  1. 離婚届の証人を誰に頼むか

 

婚姻届を出した時と同じように、離婚届にも証人が必要です。証人には、本人以外の成人した男女であれば誰でも良いとされています。そのため、家族や親族、友人にお願いすることになるでしょう。

 

しかし、家族が近くにおらず友達にも相談できていない人は、証人代行サービスや離婚でお世話になっている弁護士にお願いすることができます。

 

  1. 財産分与

 

離婚するときは、婚姻生活に必要だった家財道具や不動産、預金などを夫婦で折半しなければいけません。ただし、結婚前に貯金や相続した財産は、財産分与の対象にはなりません。

 

もしシングルマザーになるなら財産分与次第で子供との生活が変わってくるので、きちんと納得する形で話し合いを済ませましょう。

 

  1. 養育費の金額と支払い方法

 

養育費も今後シングルマザーとして子育てしていくなら、とても大事なことです。支払い開始日や子供が何歳まで支払うのか、金額、支払日、振込先など、養育費について決めることはたくさんあります。

 

養育費の金額については、こちらの養育費算定表と両親の収入を参考にして決めます。養育費の金額と支払い方法を話し合っても、実際は母子家庭の20%しか養育費を受け取れていないというデータがあるので、継続して支払われないと意味がありません。

 

もし父親からの支払いがストップした時に請求できるように、離婚協議書や離婚公正証書を作成しましょう。

 

  1. 面会交流の有無や頻度、方法

 

両親が離婚をしても親子には変わりないので、親権を持っていない親は面会を要求することができます。

 

そのため、月1回なのか2ヶ月に1回なのか、どのようにして会うのかについて話し合わなければいけません。

 

子供が小学生以上であれば、子供が自分で父親と連絡を取り合い面会をしてもらうことができますが、まだ小さい場合母親も面会に行かないといけないのです。離婚した相手と定期的に会うのはお互いにストレスになるでしょう。

 

しかし、子供にとっては大切なことでもあるので、できるだけストレスなく面会ができるように工夫することも大切です。

 

  1. 慰謝料の金額、支払い方法

 

元夫の不貞行為や暴力で離婚に至った場合は、相手に慰謝料を請求できます。離婚の慰謝料はだいたい200万円〜300万円であることが多く、不貞行為があった場合その相手の女性にも慰謝料を請求でるでしょう。

 

しかし、慰謝料を請求するのは簡単ではなく、夫婦で協議したり、弁護士に依頼したり、ときには訴訟を起こしたりとストレスのたまる作業が続きます。もし金銭に余裕があるなら、できるだけ弁護士に依頼し、ママは子供との穏やかな日々を取り戻しましょう。

 

☆まとめ☆

 

離婚すると不仲な夫婦生活を続けるよりもスッキリすることが多いですが、子供がいる以上関係を切ることはなかなかできません。

 

離婚後も養育費や面会など関係は続いていきますが、できるだけスッキリした状態で離婚ができるように、離婚届を出す前にきちんと納得のいくまで話し合いましょう。

 

 

(文/あやん 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!