• HOME
  • ライフスタイル
  • 離婚前に感じる不安と「離婚して良かった!」と心から実感できること

ライフスタイル

離婚前に感じる不安と「離婚して良かった!」と心から実感できること

夫との生活に耐えきれず早く離婚したいけど、子どもを抱えたまま離婚することに不安を感じている人がいるのではないでしょうか。

今まで専業主婦だった人は、とくに離婚後の生活に不安を感じますよね。また、共働きでもあなたがパート収入のみなら、やはりあなただけの収入で子どもを養っていけるのか不安になるでしょう。

ただ、離婚後生活が安定するまでは不安なことが多いですが、離婚してシングルマザーになるととても解放的な気分になり、「離婚して良かった」と感じることも多いのです。それでは、離婚前はどのようなことを不安に感じるのかを見ていきましょう。

■離婚したらどうなる?と不安なあなたへ

◎離婚したい理由をよく考えてみる

離婚したいと思うにはそれなりの理由があるはず。でも離婚までしなくても別居して冷静に考えてみる方法もありますよね。

離婚の理由としてよくいわれるのが、性格の不一致、浮気、DV、ギャンブル、借金、働かないなどが主な理由です。そのなかで相手の起こす行為には何かしらかの原因があるかもしれません。

ただ、浮気、DV、借金は夫婦の関係を阻害する大きな原因になるために離婚に至るケースが高いと言えます。

◎離婚して後悔するケースとは

勢いで離婚をして後悔しないようにするためにも、離婚経験者がどういったことで離婚を後悔するのか押さえておく必要があります。後悔する原因としては大きく分けて、経済的な問題と子どもに関する問題が大きな要因です。

・経済的な要因

母親が何か資格を持っている、婚姻中も正社員として働いていたなどがあれば別ですが、専業主婦だったり、とくに資格もないといきなり働いて生活していくのは容易なことではありません。

慰謝料や財産分与なども一般的なサラリーマンだと金額は多くは望めません。養育費に至っては滞ることも多いのです。

・子どもに関すること

これまで夫婦でなんとか子どもを養育していたのが一人で行うことになり、目が行き届かなくなることもあります。また一人だと、思った以上に負担が大きく、父親がいない不憫さも感じることになるのではないでしょうか。

◎離婚を後悔しないために

離婚をして後悔しないためには、離婚後の生活設計をしっかり立てておくことです。収入をどうやって確保するのか、子どもが小さければ保育園を探しておけなければなりません。仕事と育児が両立できる職場かどうかも確認しておきましょう。

見通しが立たないまま安易に離婚をすることは後になって後悔することにつながります。

できれば離婚をしないでやり直しができないかもう一度考えてみるのも大事です。冷却期間が必要なら実家に戻るとか、別居をしてみることも冷静に考える時間を持つことができるので有効な手段でもあります。

また相手方の親と交流があるなら、そこから相手との関係修復も可能かもしれません。復縁は夫婦だけではどうしようもないときは親戚や友人・知人、女性専用のカウンセラーなど相談してみるのもいいでしょう。一人で悩やまないことが大事なのです。

■離婚直前の不安定な自分の精神状態にどうやって向き合うべき?

◎今の感情は終わりが見えているからこそ

離婚の日が近づいてくると、いっぱいいっぱいだった心に少し余裕が生まれます。これまでは喧嘩続きだったり、彼の言動や行動に許せない部分があったとしても、別れの日が近づくにつれて悲しみが嫌だった思い出を上回りやすくなります。そして「自分はもう少し頑張れたのではないか」という錯覚を起こさせることがあります。

ただ、それは今その日々が終わるからこそ思えること。散々話し合って、それでもお互いに譲れなかった部分というのはそう簡単には埋められません。

寂しさに心を支配され、思わず二人で懸命に出した結論を取り下げたくなるかもしれませんが、過去に自分が下した判断に自信を持ち、安易に流されないようにしましょう。

◎失うものではなく得たものに目を向けてみる

離婚というとどうしても後ろ向きなイメージが付きまといますが、これまでの結婚生活のなかでは、得られた貴重な体験なども数え切れないほどあるはず。今回離婚に至ったことも含めて、結婚前の自分と比べて大きく変化・成長した部分があるはずです。

そうしたものに目を向ければ、失うものばかりではないということに気がつけるはずです。この経験を生かせば、次はもっと良い恋ができるかもしれませんよ。

◎今そばにいてくれる人に感謝をする

離婚協議中は苦しかった一方、親や友達など、身近で支えてくれた人のありがたみにも気付けたのではないでしょうか。また、自分にとってかけがえのない存在の子どもも離れずにこれからもそばにいるのなら、このうえなく幸せな状態です。

今は失ったものが大きく感じられるかもしれませんが、それ以上に大切な存在がしっかりとそばにいてくれることに感謝をしましょう。

◎時間が必ず解決してくれる

これからさらに強く襲ってくる寂しさが恐ろしく感じられるかもしれませんが、これまではどんなに苦しいことも時間が癒してくれたはず。今回の心の痛みも、必ず時間が癒してくれます。また、離婚後は手続きや仕事、子どもの世話などが忙しくなるため、そうしたものに集中していればあっという間に時間が過ぎていきます。

無理に元気になる方法を探るよりも「なんとかなる」精神で、時間に身を任せてしまうのが得策です。

◎今の感情を自然なものとして受け入れる

離婚はどれほど苦しいのか、これからの生活はどうなるのかについてなど、いろいろと想像を巡らして怖くなってしまうと思います。多くの方にとって離婚は初めてで未知の経験です。そのために、より一層恐ろしく感じられてしまうかと思いますが、身近な人との別れと大きな環境の変化が一度にくるのだから不安を感じて当然なのです。

感情の赴くままに悲しんだり落ち込んだりして、無理に今の感情を否定しないようにしましょう。そうやって感情をいったん受け入れることで次に進みやすくなります。

◎理想の未来を思い描く

離婚直後は、これまで思い描いていた未来が白紙になり、先が真っ暗になったように思えるかもしれません。ただ、裏を返せばこれからもっといろいろな未来を思い描けるようになったということです。忘れかけていた夢や目標を思い出してみて、ワクワクするような人生を描いてみましょう。

これからの人生を描ければ、自然とやりたいことも出てきて前向きに過ごせるようになりますよ。

■離婚して良かったと思えること

離婚するとひとりで子どもを育てていかないといけないので、不安なことは多いですが、それ以上に「離婚して良かった!」と思えることがたくさんあります。女性が離婚して良かったと思うことは次のことです。

・嫌いな元夫と一緒にいるストレスがなくなった

・お金や時間を自由に使えるようになった

・恋愛ができるようになった

・義理家族と付き合う必要がなくなった

・財産分与や慰謝料で多額のお金をもらえた

・子どもと心穏やかに過ごせるようになった

離婚は世間からマイナスなイメージを持たれがちですが、離婚した本人は清々しい気持ちになっていることが多いのです。

今までストレスの元であった夫との生活から解放されることは、何よりも嬉しいことです。夫と別れることで義理家族とも付き合わなくて良くなります。それだけでもかなりのストレスが軽減されますよね。

さらに今後は夫に気を使う必要がないので、時間もお金もあなたの自由に使えます。夫のことを気にしながら行動する必要もありません。また、離婚することで元夫から慰謝料がもらえたら、今後の生活の不安が少なくなりますよね。

もし夫に何か原因があり離婚するときは、今後の子どもとの生活でお金が必要になることも考え、慰謝料はきちんともらっておくべきです。

そして、親がストレスを感じていると、子どもも自然とそれを感じ取ってしまいます。それが離婚することでママに笑顔が戻れば、子どものストレスもなくなるでしょう。

☆まとめ☆

離婚すると生活が安定するまで不安がなくなることはありませんが、今までのストレスから解放されるのはそれ以上に嬉しいことです。「離婚は子どものために良くないのではないか」という声もありますが、夫婦仲が悪く家庭環境が良くない方が子どもにとってはストレスになります。

ママが幸せでいると子どもも幸せに感じるはずです。シングルマザーとして子どもを育てることに不安があるかもしれませんが、人生は一度きりなのであなたがより幸せになれるような後悔のない選択をしましょう。

(文/あやん、こまち、ルーミス 編集/シンママStyle編集部 画像/123RF)

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!