ライフスタイル

シングルマザーの本音って?言える相手っているの?

シンママStyle編集部

 

こんにちは~、バーバです! 最近のおもちゃって、すごく精巧に出来ていてびっくりしますね。先日も、ジージの叫び声でお風呂場に飛んでいくと、湯船の中にちっちゃな恐竜が沈んでいました。ジージは、どうもヤモリと間違えたみたいですね。

 

さて人との関わりの中で、本音を言うことってあるでしょうか? 言いたい衝動はあるかもしれませんが、中々言えないものです。今回は、シングルマザーや周りの人達の本音に迫ってみましょう。

 

■本音が言える場所って?

 

身内であったり友人であっても、時と場合によって本音が言えない時があります。それは親しいからこそ言えない場合もあります。ご近所付き合いでも、本音で言ってしまうと、気まずくなってしまうことってありますね。

 

バーバは、猫ブログを書いていた時、結構自分の気持ちを吐き出していましたね。言葉にして綴っていくと、知らず知らずのうちに本音が出たりします。

 

ブロガーの中にはエキサイトして、実名まで出してしまう人もいますけど、それはちょっと行き過ぎですね。誰に対しても誹謗中傷をするのは、やはりNGです。ブログって、自分の思いを伝えるには最適の場所だと思います。

 

思い切って書くことによって、様々な意見があって、コメントとして寄せられます。励まされたり、アドバイスを頂くことで、とても励みになっていきます。今はSNSが盛んで、何かしらの繋がりを持っている人が多いです。バーバの年代でも、写真をアップして頑張っている人もいますからね。発信して自分自身が楽しいのだと感じます。

 

ブログは、もう少し重いというか、個人の意見に対して、共感もあれば異論もあります。ですから、コメントの内容によっては、自分の本音をつい書いてしまうというのはよくあることです。それに対して真剣に対応してくれる人も少なくないです。

 

バーバも未だ数人のブログ友達がいますけど、猫に対する知識が豊富な人の意見は、とても貴重で為になります。家族に相談できないことでも、言えてしまうのが不思議です。お友達の一人は、本音を出せるのはバーバしかいないと言ってくれます。

 

それは嬉しいことですけど、たぶん住んでいる場所も離れていて、メル友だから話せるのだと思うのです。ご近所には絶対知られたくないということもありますよね。家族に知られたら、余計にやっかいということも、なきにしもあらずです。

 

お互いに煩わしくない距離感が、本音を言わせるような気もします。共感してもらえた時は、涙がでるほど嬉しいですし、『間違っていなかったんだ!』という安堵感もでてきます。同じ価値観を持っている相手には、中々巡り合えませんからね。これがブログを綴るメリットではないでしょうか?

 

友人や家族に本音を言えるのが一番なのでしょうが、何か邪魔をするのですよね。波風を立てたくない?知られるのが怖い?関係が悪化しないか?とかマイナス思考が働いてしまいます。これって女性に多いみたいですね。

 

■シンママの本音ってどんなこと?

 

シンママの本音を探る前に、シンママの周りの男性は、シンママをどう見ているのでしょうか?ある調査では、多くの男性は、仕事や子育てを頑張っているシンママに興味を持ったり、惹かれたりするようです。要因は、健気で可愛い、何か気になる、放っておけないという感情が湧いてくるのだそうです。

 

バーバは常に不思議に思っているのが、芸能界の再婚事情です。特に女優さんや女性のタレントさんって、再婚するのが早くないですか?

 

子供がいても、男性がシンママと結婚を決めるのには、やはり理由がある筈です。それは調査結果のように、放っておけない、自分が幸せにして上げなければという感情が強いのかもしれません。それは芸能界にも通じることなのでしょうね。

 

それでは、シンママはそのような感情を抱いている男性を、どう思っているのでしょうか?客観的に観ると、優しく接してくれる男性は気になる存在となるでしょうね。フィーリングがあって、趣味なども似ていたりすると、もっと近づきたいと思うのは、当たり前の心理です。けれどシンママの本音を考えてみると、その気持ちは抑えなければいけない、今は子供のことが一番だから…。

 

簡単に踏み出せないのは、子供を思ってのことで、自分の幸せは二の次と思っているからでしょう。子供が成長して、理解を示してくれるまで待つというケースもありますね。

男女の問題だけでなく、身内や友人に対しての本音もあるでしょう。

 

けれど本音を言う前に、どうしても迷惑をかけてしまうのでは!と思ってしまいます。親に甘えたいとか、友人に共感してほしい気持ちはあるのですけどね。人の心はうらはらですから、本音を探るのは難しいのでしょう。

 

■まとめ

 

最近の若い男性の中にも、シンママに好意を抱く人が少なくないようです。それは、シンママを大人の女性として観ているからだと言われています。つまり母性を感じているのであって、自分も癒されたい気持ちがあるのだとか…。

 

ちなみにバーバの次男は、「俺はマザコンやから!」と、堂々と言ってますね。良いのか悪いのか分かりませんけど、バーバは悪い気持ちはしません。まあ結婚すれば、変わっていくのでしょうけどね!

 

 

(文/たぬこ 画像/123RF)

 

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!