シングルマザーが熱を出したときはどうすればいい?

子どもをひとりで育てているシンママが、もしも熱を出して寝込んでしまったら…と考えただけで不安になってしまいますね。シンママだからといって不死身な体を持っているわけではありませんから、体調も崩せば熱をだすときだってあります。

タグ:

 

子どもをひとりで育てているシンママが、もしも熱を出して寝込んでしまったら…と考えただけで不安になってしまいますね。シンママだからといって不死身な体を持っているわけではありませんから、体調も崩せば熱をだすときだってあります。年中元気いっぱいでいられるわけがありません。

 

熱を出しても何もしないで安静にしていれば、回復も早いかもしれませんが、ただでさえ子どもの用事で仕事を休まなければいけないことがありますから、自分の体調で仕事を休むことはためらってしまいます。

 

それに、具合が悪くたって子どものお世話は休めませんし、自分からこどもに移ってしまったら、それはもう一大事です。そのためにも、もしも自分が体調を崩したときはどうすればいいのかをシュミレーションしたり、子どもの預け先について調べておくなど準備をしておくことは大切です。

 

■自治体の制度を利用しよう

 

地方自治体の「日常生活支援事業」というのをご存知ですか?ひとり親世帯が利用できる制度なのですが、病気などで一時的に支援が必要なとき、支援員やヘルパーを派遣してくれたり、子どもを一時預かりしてくれる制度です。

 

自治体により「ひとり親家庭等日常生活支援事業」や「ひとり家庭ホームヘルプサービス事業」など呼び名が違いますので、お住まいの自治体に問い合わせてみてください。

 

利用回数は「月10回まで」や「ひとつの事由で10日間まで」「年間120時間」など各自治体によって違いがあります。料金は0~300円と、所得によって負担額が違ってきます。

 

利用するしないにかかわらず、一度問い合わせてみることをおすすめします。万が一のときのために、一つでも多くの制度を知っておくことは大切ですよね。事前登録が必要ですから、事前に登録を済ませましょう。

 

■かかりつけ医は決めておく

 

子どもが病院にいくときは、いつもの「かかりつけ医」のところへ行くのでしょうが、あなたは「かかりつけ医」がいますか?

 

仕事が終わってからでも通える遅くまでやっている病院や、自宅や職場から近い病院などあると思いますが、いつも行く病院を決めておきましょう。

 

また、診療時間を調べておくことは大切です。熱がでて具合が悪いときに調べるのは、本当にしんどいです。「熱だ。どうしよう。」となってしまわないようにしてくださいね。備えあれば患いなしです。

 

■医療費助成制度

 

普段は、病院に行かなくても市販薬で治す!というシンママは多いと思いますが、「ひとり親家庭等医療費助成制度」を利用することをおすすめします。医療費と薬剤費等への助成があります。こちらを利用すると、市販薬より安上がりになることもありますよ。

 

■体調によっては仕事を休むことも必要

 

無理して仕事に行っても職場の人に移してしまっては大変です。なにより、無理して出勤して病気が長引いてはあなたが一番困ります。

 

休みが本当に必要だと思ったら仕事は休みましょう。体調の悪さは、あなたしかわかりません。しっかりとした判断で休むと決めることも大切です。

 

■普段から健康に気を付ける

 

普段から体調管理をしていれば熱も出さないし、風邪も引かないというわけではありません。それでも、普段から夜更かしを控えたり、バランスよい食事を摂ったり、休みの日は休養するなど体調管理に気を付けることが大切です。

 

■まとめ

 

たった一人で子育てをしているシンママが熱を出すような病気になってしまうと、子どものお世話の心配はもちろんですが、体調を崩したことでの精神的なダメージも大きくなってしまいます。

 

体調を崩したときは、あれもこれもと頑張らずに家事は手抜きで、自分が元気になることを第一優先にしてくださいね。

 

食器や洗濯物が少々たまっていたってどうってことありません。元気になってからやればいいんです。あなたが早く元気で笑顔になることを子どもは待っていますよ!

 

 

(文/kaolin 画像/123RF)

 

 

 

 

 

タグ: