シングルマザーの飲み会 参加頻度はどこまでならOK?

家事に仕事に育児にと、毎日エンジンフル回転のシンママ。たまには、飲み会でストレス発散していますか? 世間からは「母子家庭なんだから、母親が遊びに行くなんてとんでもない!」なんて声も聞こえてきそうですが、シンママだって生き抜きは必要!

タグ:

 

家事に仕事に育児にと、毎日エンジンフル回転のシンママ。たまには、飲み会でストレス発散していますか? 世間からは「母子家庭なんだから、母親が遊びに行くなんてとんでもない!」なんて声も聞こえてきそうですが、シンママだって生き抜きは必要!

 

そうは言っても、一般的にシンママの飲み会参加率ってどのくらい?その辺気になりますよね。

 

<頻度は人それぞれ>

 

同じシンママでも、飲み会に出掛ける頻度は、実家が近くにある人とない人とでは大きな差があるようです。やはり、預け先ナンバー1は実家という人が多く、自宅から実家までの距離は大きなポイントのようですね。

 

頻度としては、月に一回や、半年に一回程度など、やはり人によって違いがあるようですが、中には、預けたことはないという方の声も。飲み会参加が多いから子どもをほったらかしという訳でもありませんし、飲み会に行った事がないから偉いというものではありません。

 

人それぞれでいいのです。誰かと比べる必要はありません。

 

ここで、飲み会への参加頻度の数字に戻りますが、月一回や半年に一回という数字。この数字を見てみるとどうでしょう?シンママだから少ない訳ではないようですね。ご主人のいるママだって、月に一回ペースで飲み会に参加する方は少ないと思いませんか?

 

<シンママだからダメというのはナンセンス>

 

環境が整っているなら、息抜きも兼ねての飲み会で、次の日からリフレッシュして頑張るための時間作りいいと思います! 「シンママが誰かに預けてまで飲み会に参加することに、周囲が過剰反応し過ぎているのでは?」「シンママじゃなくても子どもを預けて飲み会参加って普通あるよね。」

 

といったポジティブな声は比較的多くあるんですよ。たしかに納得ですし、嬉しいご意見ですよね。そうはいっても周囲の目が気になってしまうもの。

 

どうしても「母子家庭」なんだからという特別視がシンママ家庭に向けられて、何かと叩かれてしまうことが多いのが残念ですが現実です。

 

また、第三者ならではのフラットなご意見として、シングルマザーほど「息抜き」を正当化しようとする発言多いよね。と、少し耳の痛いご意見もあることも。これらをふまえても、良くも悪くも「シンママだから…」といった考え方の中にばかりいると、あなたが辛くなってしまいます。

 

羽目を外さなければ、シンママの飲み会参加の頻度は、あなたなりのルールを決めて楽しんでいのです。

 

<子供だけでの留守番は危険>

 

シンママの飲み会参加は、預け先の確保が最優先です。預けられないならあきらめましょう。子どもだけの留守番は絶対にさせてはいけません。何かあっても子どもだけでは対応できませんし、物騒な世の中です。

 

「後悔先に立たず」なにか起きてからでは遅すぎます。それに、飲み会でなければ息抜きができない訳でもありませんよね。何でも考え方次第ですし、あなたの生活スタイルの中で工夫すれば、息抜きの場は飲み会以外にも必ずあります。

 

<シッターさんを頼む>

 

シッターさんを頼んでまで、ママが息抜きをしなければいけないのかについては、いろいろな声がありそうですが、各ご家庭によって違ってかまいません。預け先を見つけられないなら、シッターさんを頼みましょう。

 

一時間1,000~4,000円(子ども一人)と金額はまちまちですが、だいたいの相場はこのくらいです。このほかにシッターさんの交通費がプラスになります。入会金や年会費があるところや、ないところがあります。また、子どもの数が増えるとプラスの金額が発生します。

 

<まとめ>

 

飲み会の頻度は、職場によっても違うでしょうし、付き合う友だちによっても違ってきます。無理に周囲に合わせて参加していては、あなたが辛くなってしまいます。

 

誘われた飲み会のすべてに参加する必要はありません。ときには、断ることも大切ですし、割り切る強さも必要です。

 

また、みんなはどのくらいの頻度で飲み会に参加しているのか? ばかりを気にすることもありません。

 

誰かとくらべて多いとか少ないとか考えるのはナンセンス。回数ばかりを気にするのではなく、飲み会が本当に必要なときってあるものです。そんなときは、心から楽しんでリフレッシュ!気持ちも新たにリセット! そして、明日からリスタートできるようにしてくださいね。飲み過ぎにはくれぐれもご注意を。

 

 

(文/kakolin 画像/123RF)

 

タグ: