• HOME
  • ライフスタイル
  • 【体験談】シングルマザーの子育ては実家に頼る・頼らない? 実家暮らしのメリット・デメリットもご紹介

ライフスタイル

【体験談】シングルマザーの子育ては実家に頼る・頼らない? 実家暮らしのメリット・デメリットもご紹介

シンママStyle編集部

シングルマザーは一人で子育てをしていくのは大変だから、親と同居したほうが楽だと思われがちです。しかし、実際のシングルマザーは半数以上がひとり親になった後は賃貸などに住むか、実家を出て子どもと暮らしているようです。

そこで、シングルマザーが子育てで親と同居するメリットとデメリットをまとめてみました。ご自分の状況に合わせて、正しい選択を考えてみるきっかけにしてみてください。後半では体験談をご紹介します。

■シングルマザーの親との同居率

平成28年度全国ひとり親世帯等調査結果報告(厚生労働省)

https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11920000-Kodomokateikyoku/0000188155.pdf

によると、親と同居をしている母子世帯は、平均13.2%となっています。他、住まいが多い順に紹介すると、持ち家が35.0%(うち母親の本人名義15.2%)、賃貸住宅33.1%、公営住宅13.1%、公社・公団住宅2.3%となっています。

結果としては、離婚や死別後もそのまま住むシングルマザーが多く、ついで賃貸住宅、そして同居か公営住宅という順に人数が多くなっています。親が他界していたり仲が悪かったりするため同居をしない人もいるかもしれませんが、思ったより少ないと感じられるかもしれません。

■シングルマザーが親と同居するメリット

シングルマザーでない人から見れば、シングルマザーが子育てしていくうえで、親との同居がもっとも理想的に思えるかもしれません。しかし、世間一般からみる同居のメリットとシングルマザーが感じるメリットは異なる場合があります。それも含めて同居のメリットをお伝えします。

・いざというときに子どもの面倒をみてもらえる

・子どもの安全面での安心感がある

・離婚後に落ち着く場所ができる

・新しい住居を探すまで金銭的に助けられる

■シングルマザーが親と同居するデメリット

シングルマザーが親と同居するメリットを挙げてみましたが、最初にご紹介した同居率は実質的に低いのが現状です。同居できる環境にあるにも関わらず、同居を選ばないのはデメリットがあるはずです。そのデメリットについて調べたことを紹介します。

◎ストレスが貯まる

実の親といえども、単純に行き来をするのと同居するのとでは違います。実の親だからこそなんでも言えるメリットはあれども、逆に気を使ってしまったり、無理をしてしまったりすることがあります。

◎親の生活リズムに合わせる必要がある

この記事の筆者である私の親は、先にお風呂に入り、夕食は17時半に食べます。私が体調を崩して同居のような状態になったときがありますが、その生活リズムは私とは違うのでしんどいと思うことがありました。しかし、同居している以上は基本的に親の生活リズムに合わせることになるでしょう。

◎親が子どもを甘やかす

親は子育てをしません。働くママが勘違いしてしまうのがここです。保育所も学校も同様に子育てはしません。子育ては親がするものです。子どもの祖父母は、もう子育てを終えています。やっと娘を世に送り出しほっと一息ついたのに、また子育てをしようと思う親がいたら、それはとてもよくできた人間なのかもしれません。

私の親は、「おじいちゃんおばあちゃんは孫をかわいがるもの、親は子育てをするもの」とはっきり言います。

◎周りから偏見の目で見られる

実家に戻って親と同居となれば、子どもの頃に見知った人も近所に多くいるでしょう。その場合は、「あの娘さん、出戻りなんだって」「なんで離婚したのかしら」と興味本位でささやく人もいないとは限りません。

また、「いい大人がいつまでも親のすねをかじっている」と偏見を持つ人までいます。そういった周囲の目や声に耐えなければならない場合があります。

■シングルマザーが同居する場合の心得! 気を付けておくといいこととは

親と同居するにも、いろいろなパターンがあるでしょう。しかし、どの場合においても親との同居をスムーズに送るために心がけておくことがあります。その大切なポイントや方法について紹介します。

◎家庭内のルールを相談し、決めておく

後になって「こんなはずじゃなかった」「ちゃんと決めておくべきだった」と後悔しないためにも、同居するにあたって親とルールを決めておく必要があります。

もっとも大事なのは家計のことです。大人一人、子どもだけといっても、支出は相当かかります。食費や家賃、光熱費については、どれくらい月に払うかを双方で相談して決めておくほうがいいです。

◎子どもの育て方について親にも理解を仰ぐ

子育てを祖父母に任せてはいけません。「子育てをするのは私で、しかるのは主に私。危ないときだけしかってね。後はフォローをしてください」と言っておけば大丈夫です。

また、物を買い与えることについても、「おやつはお小遣い内で。おもちゃなどは誕生日など特別なときだけ」など希望をしっかりと伝えておきましょう。

◎いずれお金が貯まったら、家を出ることも視野にいれておく

親もいつまでも元気であるとは限りません。また、いつか同居がしんどくなってくる日もないとはいえません。それだけでなく、親に迷惑をかけたくないとか親との折り合いがつかないとかで、別居を考えるママもいます。

■実家住みシングルマザーの体験談

よく、実家住みのシングルマザーは母子手当(児童扶養手当)が貰えない…という話を聞くと思いますが、実際のところどうなのでしょうか。実際に経験したというシンママは、実家住みのシングルマザーであっても児童扶養手当は貰えるそうです。詳しく体験談を聞いてみましょう。

◎実家住みのシングルマザーであっても児童扶養手当は貰える!

「お母さん自身の収入で、同じ実家住みシングルマザーが2人いたとしても、貰える方と貰えない方とで分かれてしまうこともあります。その基準は同居している家族の収入です。

私が離婚したばかりの頃は実家にお世話になっていたのですが、児童扶養手当は満額もらえていました。その当時の私の収入は、一般事務の正社員でお給料は手取り13万ほどでした。ボーナスなどはなく、たまに~3万円程の寸志がもらえました。

そして、厚生労働省が設けている児童扶養手当の計算方法では、扶養親族0人の場合は収入ベース122万円、所得ベース49万円となります。

この扶養人数0人とは、どういうこと?と思いますよね。扶養人数0人というのは、離婚後も子どもは元夫の扶養に入っているが、お母さんと一緒に暮らしている場合を指しています。

そして、子どもが1人の場合は収入ベース166万円、所得ベース87万円となり、子どもが2人の場合は収入ベース215万7000円、所得ベース163万円となります。

上記の金額はお母さん自身の収入の話ですが、二世帯住宅を含む同居人の方々の所得も計算に反映されますので(一番所得の高い方をベースとして計算する場合)、ご両親が現役バリバリで働いている場合や、ご兄弟が一緒に住んでおり収入が見込める場合は児童扶養手当の支給額が減ってしまう…ということになります。

つまり、同じお給料を貰い、お互いに実家住みのAさんとBさんがいたとして、Aさんのご両親は健在で仕事もバリバリこなし支給条件を超えていると児童扶養手当は支給されません。反対にBさんのご両親がご高齢で働いていない場合なら、Bさんは全額支給されるということになります。

もちろんお母さん自身の前年度の所得なども考慮されますので、もし離婚した後実家にお世話になる予定がある方や、母子手当について今の自分がいくら支給されるのか気になる方はお住いの地域の役所などに相談してみてください」

◎実家住みシングルマザーの実母とのぶつかりは案外多い…!?

「実際に離婚後出戻りとして実家に戻ったシングルマザーが実の母親とぶつかることは多いと思います。

例えば昔の子育て、つまり昭和の子育ての方針と平成の子育ての方針は大きく変わりましたよね。昔は親が口の中でご飯を柔らかく噛み砕き、それを子どもに与えていたりしましたが、現在では虫歯を懸念する声から離乳食を作る際はお箸や茶わんから全て大人とは分けるようになりましたよね。

実の母親の立場としては、今新米ママとして頑張っている娘を助けたい、実際に子どもを立派に育てた子育ての先輩として少しでもアドバイスをしたい気持ちがあると思うのですが、返ってその行動が娘にとってはありがた迷惑になってしまうパターンもあるようです。

実際に、私も最初のころは毎日のように母親とバトルを繰り広げていました。子どもになんでもかんでもお菓子やジュースを与えることは止めてほしい、子どもが危ないことをしたらきちんと叱ってほしい、と伝えても「叱るのは親の責任、ばぁばは甘やかすのが仕事です~」なんて言うものですから到底話にはなりませんでしたが…」

~おわりに~

シングルマザーが親と同居するにあたっては、いろいろと苦労があるということが分かったと思います。しかし、本来、自分にとって親は一番の味方になるはずです。子育てにおいては助けられる場面が多々あるはずなので、同居でなくても近くに住んでサポートを受けられるならそれが理想なのかもしれません。

親はもちろん、子育てをサポートしてくれる全ての人に感謝する気持ちを忘れずに生活をしていきたいものですね。

(文/ゆー、音葉 編集/シンママStyle編集部 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!