• HOME
  • ライフスタイル
  • 将来に大きく影響するかも?離婚を考えたら、しっかりとした弁護士を見極めよう

将来に大きく影響するかも?離婚を考えたら、しっかりとした弁護士を見極めよう

タグ:

 

自分一人で子供を養っていけるだけの当てがない場合、離婚の際に夫と養育費や財産分与の取り決めを行っておくことは、シングルマザーになろうとしている人にとって大切です。子供を抱えた状態での離婚は、お金の面はもちろん、面会交流の頻度など、決めておくべき大切な問題がたくさんあります。

 

ただ、取り決めるべき内容、契約書の交わし方など、どれも慣れないものばかり。自力で調べて行おうとすると限界があり、後々大切なものを見落としていた…なんてことに気がつく事態にも陥り兼ねません。

 

シングルマザーになる予定の方こそ、しっかりとした弁護士を間に挟んで取り決めを行っておきたいもの。本記事では、離婚問題に関する弁護士を選ぶ際に注意したいポイントをまとめました。

 

■離婚問題に関する実績をチェック

 

厳密に言うと、弁護士に専門分野というものは存在しません。なぜならそれらを証明する認定資格のようなものが無いからです。

 

ただ、どんな弁護士にも得意分野というものがあります。依頼するなら、やはり離婚問題の経験が豊富な弁護士を選びたいところ。その問題に関する事例をたくさん知っているほど、こちらが見落としている問題を拾って示してくれる可能性も高くなります。

 

その弁護士がどんな問題を得意としているかは、事務所のHPなどを見ると何となく分かってきます。特に、過去の実績を載せているところであれば、どれくらい離婚に関する問題を解決した事例があるのかを見ておきましょう。

 

■料金体系が明確かどうかをチェック

 

弁護士へ支払う費用としては、主に「相談料」「着手金」「成功報酬」になります。ただ、このほかにも、契約書類を交わした場合の「印紙代」、交渉ごとによりどこかへ出向いた場合の「交通費」など、細々した費用が発生することもあり、予想以上に積み重なることがあります。

 

また、弁護士によっては、相談料を無料としているところもあるので、料金体系は一概なものではありません。

 

弁護士費用は、数十万〜数百万単位のお金がかかるものです。一見安そうに見えても、実は後から高い費用を請求されるような、悪徳なからくりが潜んでいるかもしれないので、料金体系を明確に提示してくれるところを選ぶようにしましょう。

 

■説明のわかりやすさをチェック

 

自分が問題に陥らない限り、その分野の法の条文に触れたりすることってなかなか無いですよね。法律のプロである弁護士の説明を聞いて理解できるだろうか…と不安に思ってしましますが、優秀な弁護士ほど、説明が素人にも理解できるように話してくれる場合が多いです。

 

かえって、離婚問題に精通していない弁護士ほど、ややこしくなると素人には小難しい専門用語を使って濁されてしまう可能性があります。

 

また、こちらのレベルに合わせて話をしてくれない人は、やや不親切で、顧客の要望を積極的に汲み取ろうとしてくれない人かもしれません。弁護士を決める前に、一度直接話して見ることが大切です。

 

■意外と大切!フィーリングが合うかどうかをチェック

 

最後に、意外なようで実は一番大切なことが「フィーリングが合うかどうか」です。離婚問題は、その夫婦間によって様々であり、個人のデリケートな面が大きく出やすいもの。淡々と事務的に進めようとする人ではなく、聞く耳を持っていることと、こちらが話をしやすい雰囲気を作ってくれるかどうかというのはとても大切です。

 

積極的に問題を把握し、解決に導いていこうという意欲を感じられる人を選びましょう。

 

☆まとめ☆

 

これから、母子での生活になるかもしれないという大きなプレッシャーのかかる局面で、未来の生活に影響しうる大切な事柄を一人で決めるのは危険です。こういった問題に関する経験が豊富な弁護士を見つけられればグッと心強くなりますよ。

 

ストレスの多い問題だからこそ、共に戦ってくれる弁護士は慎重に選んでくださいね。

 

 

(文/こまち 画像/123RF)

 

タグ: