• HOME
  • ライフスタイル
  • 自分の用事はどうしているの?歯医者に行く時間のないシンママへ

ライフスタイル

自分の用事はどうしているの?歯医者に行く時間のないシンママへ

シンママStyle編集部

 

シングルマザーの皆さんはどうしても外せない自分の用事がある際はどうしていますか? 毎日お子さんに付きっきりで自分の時間など皆無と言っていいほどありませんよね。こんな忙しい毎日で自分の用事は後回しにされているお母さんも多いと思います。ですが冠婚葬祭や、ついつい後回しにしてしまいがちな歯医者など、意外に外せない用事はたくさんありますよね。

 

今回はそういったお母さんの悩みや不安、母子家庭のお母さんが受けられる歯科治療の際の助成のお話しをしたいと思います。

 

■知っていましたか?歯科治療の医療費助成の範囲は結構広いんです!

 

皆さんは母子家庭のお子さんとお母さんの医療費が助成されるのはもうお分かりですよね。それは病院のみならず歯医者での歯科治療でも該当するんです。

 

ですが、どこまでが助成の対象なのか歯科治療は専門用語が多く素人の私たちには難しいですよね。大まかにいうと保険適用内なら全て助成され、適用外だと実費負担になり助成されないという事になります。では歯科治療ではどこまでが保険適用内なのか詳しくお話したいと思います。

 

皆さんがもっとも歯医者へ行く目的はお子さんに関わらず大人の方も虫歯が多いと思います。虫歯治療は基本的に保険適用内になります。虫歯治療で歯を削り、被せ物をするかと思うのですが一般的なものだと銀色の蓋をしますよね、ですが少しでも自然に見せたい、治療した箇所を目立たせたくないといった場合は白い色の被せ物(ジルコニア)に変更が可能です。ですがこの銀色からジルコニアに変更する際に保険適用外となってしまい実費負担になります。

 

また、歯科技師さんが扱いきれずインプラント治療になってしまった、という場合も同じく実費負担、保険適用外になってしまいます。つまり、一般的な歯の治療、フッ素塗布などは保険適用内で行うことができ、歯を綺麗に見せるための行為は実費負担、保険適用外になってしまうという事です。少し前まではフッ素塗布も保険適用外だったのですが最近から保険適用内に変更になったそうなのでお子さんやお母さん自身の虫歯予防にも是非通いたいですよね。

 

歯医者さんによって規定など変わるところもあるかと思いますので、ぜひお住いの地域の歯医者さんへ問い合わせてみてはいかがでしょうか?

 

■歯医者や美容院など日常の用事は一時預かりや有休を賢く活用しましょう!

 

シングルマザーとして毎日子供に付きっきり、そんな忙しい中でも歯医者や美容院、冠婚葬祭などお母さん自身の外せない用事が出てくると思います。一番助かるのは託児所付きの歯医者や美容院を探すことですよね。ですがキッズスペース完備のお店や医院はまだまだ少ないのが現状です。

 

ですので、お母さんの勤め先にもよるかと思うのですが、有給や半休がいただけるようなら予約の時間を調整してササっとお迎え前に行けるのが理想ですよね。

また、どうしてもお休みがもらえない場合は土曜日や日曜日に数時間の一時預かりサポートなど活用してみてはいかがでしょうか?

 

土日も空いている歯医者さんは案外たくさんありますので、是非一度問い合わせてみてください。

 

長々とお話させて頂きましたが、実際シングルマザーの私も最初は子供を預けて歯医者など罪悪感で押しつぶされてしまいそうでした。子供を預けて自分の用事をすることにすごく罪悪感があったんだと思います、特に悪いことをしているわけでもないのですが…(笑)。

 

歯医者などついつい後回しにしてしまいがちですが、医療費助成などフル活用し気軽に健診感覚で言ってみるのもいいかもしれませんね。それに保育園の先生や市のサポートの方々はキチンと免許や資格を持っているプロの方々ですのでそこは任せてみてもいいのではないでしょうか?

 

お母さんもこれからは自分の用事を後回しにしたりせず、周りの協力やサポートを上手く活用してみてはいかがでしょうか?

 

 

(文/音葉 画像/123RF)

 

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!