• HOME
  • ライフスタイル
  • シングルマザーが子供と二人暮らしをするために知っておきたいこと

ライフスタイル

シングルマザーが子供と二人暮らしをするために知っておきたいこと

シンママStyle編集部

 

シングルマザーの方で実家に暮らしている方もいますよね。ずっと実家にいる人もいれば、数年経ってから子供と二人暮らしの為に家を出る方、妊娠中に部屋探しをする方と色々な人がいると思います。シングルマザーの方が部屋を借りるときのことについてご紹介します。

 

■「部屋を借りる時に何をチェックされるか」

 

シングルマザーの方が部屋を借りるときはどのようなことをチェックされているのか気になりますよね。以下の項目をチェックされているそうです。

1.入居を希望する部屋に対しての年収

2.職業や勤務先

3.連帯保証人は誰か

4.人柄、見た目

5.子供の年齢

あれ、特別な項目なんてないじゃん。と思っていただけましたか? 5番目の項目以外は、全員にあてはまることですよね。母子家庭だからといって何か特別にチェックされることはないということです。年収がきちんとあり、職業や勤務先がしっかりしていれば、「家賃をちゃんと払ってもらえるのだろうか」と不安に思われることはありません。連帯保証人は友人や会社の上司よりも、親族のほうが信頼度が増すので審査が通りやすくなります。

 

■「シングルマザーが借りやすい部屋」

では、どのような物件なら借りやすいのでしょうか。知っておいて損はないですよね。

 

1.大家さんが個人

大家さんが個人の方が法人に比べて、交渉がしやすいです。生計が不安な方は正直に相談してみてくださいね。大家さんが法人か個人かは物件情報だけでは判断できないので、不動産屋に相談するといいですよ。ウチコミ!というサイトを活用すれば、大家さんと直接やりとりできます。

 

2.条件が悪くて人気が低い

当たり前ですが、条件が良いところは人気も高いです。妥協できるところは妥協して探してみましょう。例:駅から遠い、築年数が古い、独立洗面台がない、ユニットバスなど。

 

3.外国籍・生活保護OK

【外国籍、生活保護OK】の物件は他の物件では審査に通りづらい人でも貸してくれる傾向があります。

 

他にも知り合いが賃貸物件を所有していれば、安く借りられることがあるかもしれません。

 

■「長く住める部屋を借りよう」

 

なんとなく想像できるとは思いますが、子供の年齢によって、住む間取りは変わります。引っ越しはお金もかかりますし、先のことを考えて長く住める間取りの部屋を選ぶことをおすすめします。参考として、子供の年齢ごとに住むべき間取りは以下が考えられます。

小学生未満・・・1DK、1LDK

中学生以上・・・2DK、2LDK

もちろん、子供の人数によっても間取りは異なります。子供の年齢や成長のこと、何年住むつもりなのかを考えて部屋を探すといいですね。

 

■「生活費はいくらかかる?」

 

全国消費実態調査(平成26年)のデータによると、子供二人までの母子家庭の手取り平均は18万9,520円、生活費は平均19万464円となっています。あれ…赤字だ。と思いましたよね。毎月944円の赤字ということです。ですが、これは全国の平均なので、物価が安い地方であれば、手取りも生活費の平均も下がり、都会であれば上がります。ちなみに、何にお金がかかっているのか家計のトップ3は以下です

1位:食費(平均4万5,711円)

2位:交通・通信費(平均2万9,331円)

3位:住居(平均2万7,426円)

住居費が安い理由として、持ち家のシングルマザーが含まれていたり、市営住宅に住むことにより安くなっていると考えられます。食費が1位なのは、惣菜を買ったり宅配を利用することが考えられます。共働きでも楽したいと思うことありますよね。シングルマザーの方は、家事、育児、仕事を全て一人でやっているので尚更だと思います。

 

いかかでしたか?二人暮らしを考えているシングルマザーの方は、実感が湧いてきたでしょうか。必ずしも全てがこうというわけではないので、参考にしていただければ嬉しいです。

 

 

(文/まりか 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!