【体験談】シングルマザーに育てられた子どもの気持ち

実際に母子家庭の家で育った子ども自身は、自分が不幸と思っていません。世間がそういうだけで、子ども自身は不幸だなんて思っていないので、シングルマザーの皆さんには自信を持って子育てしてほしいです!

タグ: ,

 

シングルマザーになるともちろん応援してくれる人もいますが、時には「お父さんがいなくてかわいそう」と心ない言葉をかけられることがありますよね。

 

しかし、実際に母子家庭の家で育った子ども自身は、自分が不幸と思っていません。世間がそういうだけで、子ども自身は不幸だなんて思っていないので、シングルマザーの皆さんには自信を持って子育てしてほしいです!

 

■私の母はシングルマザーでした

 

学生時代、両親が離婚し母と弟と暮らしていたことがあるので、私はシングルマザーに育てられている子どもの気持ちがわかります。まさか自分の両親が離婚するとは思っていなかったので、離婚した当初は正直ショックでした。しかし、ショックを受けていたのはほんの一時期です。

 

母が明るい性格だったので、たとえ離婚しても明るい家庭のままでした。むしろ、離婚して母の気持ちも軽くなったのか以前よりも伸び伸びと生活していた気がします。母が伸び伸びしていると子どもも嬉しいもので、両親が離婚したことを忘れるぐらい楽しく過ごしていました。

 

■楽しかったけど、生活は厳しい

 

母は離婚するまで何年も専業主婦をしていたので、離婚後はもちろん生活は以前よりも苦しく、家も狭くなりました。離婚したのに、慰謝料も私たちの養育費もありません。両親の離婚前とは生活が変わりましたが、子どもである私自身は不幸だとは思ったことがありませんでした。

 

■母子家庭で育った友達にも聞いてみた

 

大学生の頃、みんな大々的には言いませんでしたが「実は母子家庭で育った」という友達が意外にも多くいました。その友達たちにも「親がシングルマザーで何か嫌だと思ったことはある?」と聞いたことがあります。

 

・女友達RちゃんとHちゃん

この2人は家庭の状況が似ていて、小さい頃に両親と離婚して以来父親とは会った事がない子達でした。しかし、父親がいない寂しさを感じたことはないそうです。小さい頃から父親がいないので、それが当たり前で寂しいと感じることもなかったと言っていました。また、他に嫌なことと言えば、家が母子家庭と言うと気を遣われるのが嫌だと言っていました。

 

・男友達Mくん

この子は両親が離婚後、新しい義理の父親と一緒に住んでいる子でした。再婚家庭でしたが、この子の家庭もすごく明るく、義理のお父さんのことも大好きと言っていました。本当の父親とも仲良くしていて、どちらのお父さんとも良い関係を築いていました。

 

■世間の目と本人の気持ちは違う

 

家庭環境はさまざまなので、両親が離婚しひどく落ち込んでいる人も中にはいるかもしれません。しかし、私の知る限り、たとえ母子家庭で育っても本人は不幸だなんて思っていないのです。

 

私が高校生の時、担任の先生に「あなたは母子家庭で不幸だから、しっかり将来のことを考えないとダメですよ!」と言われたことがありました。でも、実際には自分のことを不幸と思ったことはありません。

 

また、母子家庭でも普通の家庭でも将来のことを考えて生きるのは同じです。何も経験していない人は、まだ「シングルマザーはかわいそう」や「母子家庭で育てるのはかわいそう」と思っている人が少なからず存在します。

 

■シングルマザーの人には自信を持って生きてほしい!

 

シングルマザーになり「父親のいない子になってしまって申し訳ない」と思ったり、他人に心ない言葉を言われ「この子は不幸なのかな?」と後ろめたい気持ちを持ってしまっているママに伝えたいです!

 

親がシングルマザーだからって子どもは不幸に思っていないことを。

 

ママが楽しんでいたら、子どもはそれだけで嬉しいのです。シングルマザーになっても楽しく笑顔で自信を持って過ごしてほしいです! シングルマザーだからこそ、伸び伸びと生きてほしいと思います。

 

 

(文/あやん 画像/123RF)

タグ: ,