ライフスタイル

シングルマザーにとっては全てが自己責任?離婚・貧困・子育て

シンママStyle編集部

 

「離婚をしたのは自己責任だろう!」「勝手に子供を作って勝手に離婚して子供がかわいそう」など、シングルマザーに対する風当りはまだ厳しい世の中でもあります。しかし、どんなシングルマザーでも勝手に結婚し、妊娠したわけではありませんよね。相手があって結婚、出産します。勘違いや誤解もあることは社会的にも周りに知ってほしいところです。

 

★シングルマザーも悩み、苦しんでいるということ

 

確かに、夫婦が離婚すれば片親になるので、子供がかわいそうと思われることが多いですよね。子供のためにも我慢すればいいのに…という意見も多いでしょう。ですが、両親が揃っていれば必ず幸せな家庭ですべてに恵まれているのでしょうか?

 

結婚していても家庭を顧みない夫もいれば、仕事もせず、パチンコをしたりフラフラして妻がパートや正社員として働いて家族を養っている家庭もあるのです。

 

女性としては、結婚して子供が生まれて「こんなはずじゃなかったのに…」「これなら、私一人が仕事をして子育てしてるのと同じじゃない!!」という不満が出てくるので離婚がちらつくのも当たり前です。

 

こういう家庭の場合でも、シングルマザーになった母親の自己責任と言いきれるのでしょうか? 男を見る目がないからでしょう。といった意見もありそうですが、夫である男性には全く非がないといえるのでしょうか?

 

夫のギャンブルぐせや働かない夫、女関係にだらしない夫、借金ばかりで家計からもお金を持ち出して遊ぶ夫、こういう夫だと妻が見切って離婚になっても仕方がないのでは?と思うのですが…。

 

☆離婚や子供に対する自己責任

 

勝手な判断で離婚したわけではなく、考えて考えて悩んだ結果として、子供のことも考えて離婚しているシングルマザーがほとんどです。もちろん、離婚するときには不安もありますよね。逆に、「あー清々した!」というシングルマザーもいて、気持ちはそれぞれなのですが、やはりこの先自分が背負っていく子供と自分の人生について考えると、すべてにおいて一人で抱えなくてはならないというプレッシャーはとてつもなく大きいはずです。

 

時には、これで良かったのか、正しい判断だったのか、子供を犠牲にしたんじゃないのか…と考えることだってあります。人から言われなくても、責任を感じているのは確かなのです。

 

離婚後の生活をいろいろと細かく考えているゆとりのない場合もあります。この場合は、DVや夫の失踪、突然の死別もあります。これに関しても事情を知らない人は、勝手に自分で離婚したんだから「自己責任だよね」という言葉を使って話していたり、SNSなどの発言できる場所での投稿でも見たりします。

 

離婚の詳しい事情を知らない人が、すべてをシングルマザーの自己責任という考えで、意見したり責めるような言葉を使うべきではないと思うのです。

 

★自己責任・シングルマザーが自覚すること

 

シングルマザーが子育て、家事、仕事、その他のすべてを一人でこなしながら生きていくのは離婚した時点で当たり前といえます。自分でやらなければならないことが増えるのは、離婚を決めた時点で分かっているはずです。

 

ここが、きちんと分かっていないと…。一人でできない、誰もわかってくれない、私だけどうしてこうなるの?という不満が出てくるのは確実だと思うのです。自分でできることは自分でするという覚悟がとても大切です。人に頼ろうと思えば、あれもこれもできないから「助けて~」といえば最初は助けてもらえるでしょう。

 

しかし、そうそう人は助けてばかりはくれません。自立することをしっかり覚悟しておかないと、自己責任という意味で、欠けてしまうのではないでしょうか。

 

なんでも頼めばいい、やってもらえばいい、という考えは自分が本当に困った時以外は持たないほうがいいのではないでしょうか。これは自分のためでもあり、子供が成長していく過程で家族で協力することを学ばせるいい機会にもなります。

 

☆別れた夫には責任はないのか?

 

別れた夫には何の責任もないのか?といえばそうではないですよね。別れる原因はそれぞれですが、子供は悪くありません。子育てに関して別れてからも協力してくれる夫もいると思います。

 

養育費をきちんと払ってくれる夫もいますし、全く払わず子供に関しても、もう関係ないという夫もいます。こういう夫は最初から愛情がなかったのかもしれません。

 

そういう人だったと思うしかないようにも感じますが、離婚前に養育費の請求はきちんとしましょう。払わない夫がほとんどなのですが話し合うことも子供への親の自己責任として必要です。

 

離れて暮らしても親子ですから、子育てに協力する義務はあります。シングルマザーが稼いだお給料だけで子供を高校、大学へと進学させるのは本当に苦しいものです。そんな時に、協力してもらえる関係になっておくのも離婚後の親の在り方だと思います。離婚したときの状況にもよりますが…。

 

★シングルマザーの貧困・これって自己責任?★

 

マスコミやテレビでも母子家庭の貧困が取り上げられていますね。シングルマザーへの非難はものすごい意見が多数あります。シングルマザーもなりたくてそうなっているわけではないのですが…。

 

人のことは、本当にどうにでもいえるのが今の日本ではないかと思います。社会的な風潮シングルマザーの貧困は自己責任といったイメージを持たせているようにも思います。

 

「離婚するなら最初から子供を作るな!」「養育費を請求しないのは、母親の怠慢だ!」「まともに子育てや生活ができないなら、産むな!離婚するべきではない」「DV離婚でも母親が我慢すればいいこと」などなど、たくさんの批難があります。

 

こういう言い方ってないですよね。いざ、言っている人がシングルマザーの立場になった時に分かるのではないでしょうか。

 

☆貧困の背景

 

母子家庭の貧困の背景には、雇用形態にも問題があるようです。子供がいるから、仕事はできないでしょうとか、結局子供がいるから…という理由で面接すらしてもらえないということもあります。

 

正社員にはなれず、パートの短時間勤務、保育園に預けてパート以外にアルバイトをして食いつなげているシングルマザーもいます。必死で働いているのです。

 

このことを知らずに、子供がいるから無理という会社は、本当に人として、シングルマザーにも生活があるのだと分かっているのでしょうか。これを離婚したあなたが悪い、仕事もろくに決まらない、働けないのは自己責任と言ってしまうのはシングルマザーだけの責任ではないように思います。

 

仕事の選び方もあるかもしれませんね。働き方も子供の成長に合わせて働かせてもらえる場所は必ずあるものです。

 

貧困問題も離婚も子供のこともすべてがシングルマザーの甘い考え方からくる自己責任だと言われるのであれば、本当のシングルマザーの苦労や悩み、頑張っていることを世の中が否定しているのと同じことではないでしょうか。

 

実際に、生活が困窮して食べるものもなく親子で亡くなってしまう母子家庭もあります。ここまでになる前に、母親が役所に相談に行ったりしなければ誰にも分からないことだったのだと思います。

 

ですが、母親が病気で働けなくなっていたり、うつ病になっているということも考えられますよね。うつ病であれば病院に行くお金がなかったかもしれない、病気の治療費もなかったかもしれないということも考えられます。

 

そのままにしてしまった母親に責任はあるでしょう。これは自己責任ですよね。苦しいからこそ、頼るべき場所に助けてほしいと言うのは。決して恥ずかしいことでもなく、引け目を感じることもありません。

 

まずは、母子の健康と衣食住の安定のために生活保護という自立支援を受けるという方法もあります。ここでまたシングルマザーの怠慢だとか、甘えていると言った意見をする人もいるのですが、本当にこういう状況の人が使うべき制度なのです。

 

周りの理解も本当に必要だと思いますし、シングルマザーの生活保護不正受給、偽装離婚で母子手当の不正受給も多いのです。そういうことをしているシングルマザーこそ、自己責任ということを改めて考えてほしいものです。

 

☆まとめ☆

 

シングルマザーと自己責任について書いてきましたがいかがでしたか? どんな人にも多少なりとも苦労や悩みがありますよね。シングルマザーも同じです。

 

ただ、それが一人で抱えなくてはならないことが大きな負担ですよね。自己責任だから仕方ないと言われればそれまでですが、離婚も自己責任だと決めつけられるだけでも、普段から子供に対して責任を感じて生活しているのに余計に苦しい気分になりますよね。

 

頑張っているシングルマザーが生きやすい社会になっていくことを願います!

 

 

(文/tomo’s* 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!