ライフスタイル

シングルマザーの現実は厳しい!?

さまざまな理由でシングルマザーの道を選んだあなた。ようやく離婚ができてこれからの期待と不安がある船出ですが、現実の厳しさに驚くのではないでしょうか。

もともと専業主婦であれば、まずは仕事探しが大きな関門です。独身時代どれだけ会社でキャリアを持って活躍していても、第一線からいったん離脱すると復帰するのはたやすいことではありません。ましてや小さな子どもがいると正社員の職を見つけるのは厳しいかもしれません。

母子家庭の実に6割以上は非正規雇用で働いているといわれています。つまりパートやアルバイトです。時給700~900円前後で、月13~15万円の収入になるかもしれません。また、子どもの体調が悪いときなどは保育園に迎えに行く必要もありまし、お休みすることもあるでしょう。その分収入が減ることになります。

一般に母子家庭の収入は父子家庭の半分といわれています。男性は正社員として働き続けるでしょうから、収入は大きく変動しません。ここでも男女の壁があるのです。

また、男性は実家に子どもを預けるケースも多く、そのあたりも仕事への影響度が変わってきます。日本の社会は男女機会均等雇用といいながら、実情は全く違うのです。ましてや母子家庭となるとさらに不利になるのです。

そこで今回は、さまざまなシングルマザーの現実に迫っていきたいと思います。

■シングルマザーに非正規雇用者が多いのはなぜ

シングルマザーが、子育ての生活サイクルにフィットした会社を正社員雇用目指して探すのは至難の業です。子どもを保育園に預けている場合、延長保育を利用しても働けるのはお迎えの時間も考慮して19時まで。

また、子どもの生活サイクルを考えても、21時までには寝かせてあげたいと思ったら、20時にはお風呂に入れておかなければなりません。

認可外保育園だったら24時間子どもを見ていてくれるのですが、保育料が高額なため利用できる方は少数。さらに子どもの体調不良で保育園に登園させられないとき、家族(実母や兄妹)の助けがあれば出勤できるのですが、そういった助けがないと仕事を休まざるを得ません。

そんな生活背景を持つと、正社員勤務は難しくなります。職探しをする際も、求人広告に「子育てママ応援!」「勤務時間応相談」と書いてあれば安心して面接受けたいという気持ちになりますが、自分の代わりがいなさそうな職業は選べなくなってしまいます。

非正規雇用、パートや非常勤といった働き方なら残業がない上にシフト調整も可能。子どものイレギュラーな体調不良にも対応できます。ですが昇給や賞与がわずかしか望めず、時給も安い仕事だとどうしても貯蓄ができないため、子どもが小学校に上がって育児が落ち着いたころに、正社員での働き先探す方も多いようです。

■月収を増やせない…ならどうしたら?

子育ての事情から、思ったように稼ぐことができないのがシングルマザーの現状です。生活費が足りない。でもこれ以上勤務時間を増やすことはできない。ならどうすればいいのでしょう?

まずは「副業」と考える方が多いのではないでしょうか? 副業というと一昔前までは闇のイメージが強かったのですが、今では大学生もやっているといいますから、ある意味メジャーな稼ぎ方になってきています。

忙しいシングルマザーでもできる副業といえばアフィリエイト。アフィリエイトとは、自分が立ち上げたコンテンツ(ブログ・動画など)に掲載した広告から収入を得ること。見る人が多ければ多い分だけ収入があるという仕組みです。

また、パソコンがあれば在宅ワークもできます。文章を書くのが好きな方ならライターがおすすめ。自分が得意なジャンル、例えば妊娠・出産・子育てに関することや、家事や節約、家電製品に関するジャンルなどで検索すると、意外と募集があるものです。

クラウドソーシングという、仕事を依頼したい人と在宅で働く人をつなぐサイトに登録してみるのも、成功のへ第一歩です。

■シングルマザーの子育ての現実とは? その実情に迫る!

シングルマザーになってつらい現実を突きつけられ、困惑している方も少なくないと思います。ここでは、もっと具体的に掘り下げて「現実」をご紹介しましょう。

■シングルマザーが恋をすることは現実的に難しい! 恋人はどのようにしたらよい?

仕事に育児に、毎日そればかりという方がほとんどではないでしょうか。そのなかで、恋愛をすることは非常に難しく、例え好きな人ができても諦めてしまう方も多いですよね。しかし、シングルマザーであるからと、恋愛を諦めなくてもいいのではないでしょうか。

自分の気持ちをしっかり持ち、彼氏ができても母親であることを忘れないということが守れれば、ときに恋愛はプラスに働いてくれます。よく、シンママが恋愛すると母親から女性になってしまうケースがありますが、そうなってしまうと子どもへの影響が大きいので気を付けたいところです。

■離婚後に養育費を受け取っていない人が多発している現実!

現在、養育費をもらっているシングルマザーは半数以下。こうしたこと現実を踏まえて、大学などに進学することができない子どももいます。実際には、シングルマザーで貧困している家庭もあり、生活するのがやっとという場合もあります。ですから、こうした状況を打開するためにも、さまざまな経済的支援を受けることが必要です。

■子どもと過ごす時間が濃密になれる? シングルマザーになって良かったこととは?

シングルマザーになると、ほかの人からの偏見の目など嫌なこともたくさんありますよね。もちろん、お金の問題や忙しさは本当に計り知れないぐらい大変だと思います。

しかし、シングルマザーになって子どもとの時間が濃密になったという声も聞きます。また、夫と過ごすこと自体がストレスだったという方もいるかもしれません。

もちろん、子どもからするとお父さんとお母さんが揃っているのが一番でありますが、仲が良くなければ離れることも大切ですよね。現実的には、大変な面もたくさんありますが、心の満足度は高いのかもしれません。

☆まとめ

シングルマザーが貧困から脱却するのは容易なことではありません。元夫からの養育費も何時までもらえるか分かりません。実際に途中から払われないケースがほとんどのようです。

備えれば憂いなしですから、生活保護をはじめ、教育補助金、生活支援制度も調べて申請しましょう。とくに子どもが小さいうちは働きたくても働けないことだってあるかもしれません。

そして何より重要なことは、社会の動きに目を配り、いつ自分の生活が貧困になっても食べて行けるだけのキャリアを磨いておくことを日頃から意識することです。貧困の連鎖は母親が断ち切ってあげましょう。

(文/ルーミス、namiki、まゆまゆ 編集/シンママStyle編集部 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!