ライフスタイル

シングルマザーでも結婚したい~自分の気持ちに正直に~

シンママStyle編集部

39908652 – red thread

 

ようやく離婚して、これから子供と生きて行こうと決意して、日々仕事、育児、家事に追いまくられているシングルマザー。始めは気合もあってなんとか頑張れるのですが、母親であるのと同時に女性でもあるシングルマザー。ストレスや悩みなど、誰かそばにいてくれたらとふと思う時もあります。

 

 

でも自分の気持ちに正直になることをまずは否定するでしょう。子供がいるんだから、女性の前に母親だから。そんなことを自分に言い聞かせ、また日々を過ごして行く。きっとその繰り返しでしょう。

 

でもシングルマザーだって結婚したいのです。長い人生をまた誰かと歩んで行きたいと思うのも自然なことです。

 

■女を取り戻す

 

少しお洒落をしてみるのはどうでしょうか。髪やネイル、服装など少し変えるだけで気持ちも変わります。輝いている母親は子供にも素敵に見えるはずです。少しずつ“女”を取り戻してみるのです。あなたが変われば、まわりもからも違って見えてくることでしょう。

 

■婚活を始める

 

現在はシングルマザーでも婚活が盛んです。色々なイベントが開催され、男性と出会うことができます。結婚相談所、婚活パーティ、街婚など、自分にあいそうなものを選んでみましょう。

 

中でも結婚相談所は、ほとんどが真剣に結婚を考える人が登録をするので良い出会いがあるかもしれません。シングルマザーを隠すのではなく堂々としていればいいのです。

強い意志を持って離婚に踏み切ったこと、そして愛する子供がいることはシングルマザーの勲章みたいなものですから。それを正面から受け止められるパートナーを探すのです。

 

■愛すべきは子供

 

子供に女性としての部分を見せるのは躊躇いがあるでしょう。それが要因で再婚を諦める人も多くいます。そんな時は、子供に対してこれまでと変わらぬ愛情を示してあげて下さい。誰よりもあなたが一番だと。そしてその想いを付き合う男性にも言い切るのです。

 

子供は親の庇護がなければ生きて行けません。再婚するのであればパートナーにも同じ気持ちになってもらう必要があるのです。子供中心であることを丸ごと認めてくれるパートナーでなければ再婚は難しいでしょう。子供が好きな男性でなければ再婚は止めるべきです。

 

■自分の棚卸し

 

自分の過去の棚卸しを忘れずにして下さい。過去を振り返るのは時として辛いことですが、再婚を考えるのなら同じ過ちは繰り返せません。離婚原因がDV、浮気、金銭問題であればなおさらです。同じような男ではないことをあなたの目で確認しましょう。

 

■子供に理解してもらう

 

子供が理解できる年齢なら、焦らず少しずつあなたの正直な気持ちを話してみましょう。そして子供がどのような反応をするのか静かに見守ってあげて下さい。ただし「あなたが一番大切」という想いは忘れずに。

 

子供が多感な年齢の時は難しいかもしれません。場合によっては子供を傷つけてしまうこともあります。そんな時は時間をおいて再婚を考えてもいいのではないでしょうか。

 

☆まとめ☆

 

シングルマザーも再婚したいのです。その気持ちを押し殺して子供と頑張っているのです。でもふと一人になると孤独感や喪失感にさいなまれることもあります。支えてくれるパートナーが欲しいと思う時もあるでしょう。

 

母親の中に女性である部分を見つけた時、子供によっては拒絶してしまうこともあります。そんな時は時間をかけて焦らず子供への愛情はこれまで通り、揺るがないという強い想いを見せて下さい。

 

それはパートナーに対しても当てはまります。家族の中心は子供です。ありのままを快く、受け入れ包んでくれるパートナーでなければ再婚はうまくはいきませんね。

 

 

(文/ルーミス 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!