ライフスタイル

シンママだって遊びたい!この気持ちダメですか?

シンママStyle編集部

43745366 – mother and child to run hand in hand

 

こんにちは~。時々バーバは昔の事を思い出したりするのですが、初入社した会社の上司が、毎朝バーバのお尻をさりげなく触って、「おはよう!」と言ったのは、完全なセクハラですよね。息子は、「物好きな!」と言いますが、その頃のバーバは二十歳のピチピチギャルだったのですからね! 懐かしい~思い出です。

 

誰だって年老いていくのですから、その時々を大事にして生きていかなければとバーバは思います。何事も年齢関係なく挑む精神が必要だとか言っても、年齢に勝てない時はあるのです。バーバもまさか自分が!と思う事一杯ありますよ。シンママも一人の女性です。遊びたい!恋をしたい!当たり前の感情です。今回はシンママの思いに迫ってみましょう。

 

■シンママだからダメは何故?

 

主婦でもたまには飲み会に行ったり、思い切り女子会を楽しんだりしたいと思っています。兼業主婦が多い昨今ですから、中々自分の時間が取れないのが実情です。ましてシンママは毎日働いて、家事、子育てをし、目まぐるしい一日を過ごしています。そんなシンママが子供を預けて、夜出かけたりすると必ず批判する人がいます。

 

まだ子供を預けられるシンママはいいですが、誰にも頼ることが出来ないママも少なくありません。やっと何もかも忘れて自由な時間を満喫しようとしても、心無い中傷で心を痛めることになってしまいます。

 

心の中のうっぷんは溜まり過ぎると弾けてしまいます。友人は、子供が小学生の時に離婚しました。仕事をしながら資格を取る為に、夜遅くまで勉強していました。ホームセンターでパートとして働いていた時、「へえ~母子家庭でもそんな服買えるんや!」とか「子供待ってるんやろ!さっさと帰り!」と言われたそうです。その人を中心にグループが出来ていて、常に嫌味を言われ続けたと言っていました。完全にいじめですよね。バーバは情けないというか悲しいです。

 

そしてそんな目でシンママを見ているというのが、一番の問題だと感じます。同じ女性ならもう少し思いやりを持って接しなければいけないし、子供のいじめ問題と何ら変わらないです。

 

言葉を発することができない動物や我が子への虐待も、何故起こってしまうのかを考えていかなければと思います。シンママへの偏見から起こるシンママへの否定的な扱いは、自分に置き換えて考え、間違った事をNOと言える勇気を持って欲しいとバーバは痛感します。

 

■子供との信頼関係を築きましょう

 

休日に子供と公園や観光地に出かけるのは、とても楽しいものです。シンママの家庭でもお弁当を持って、子供との時間を過ごすのは幸せな時でしょう。

 

けれどシンママは子供との楽しい時間があっても、何か満たされない部分があります。何もかも自分で考えて行動しなければならない現実を思えば、誰かに悩みを聞いて貰いたい、誰かにすがりたいという欲求が大きくなっていきます。そして出会った男性に恋をしてしまうことだってあるわけです。

 

最初はそのようなつもりでなくても、話しているうちに価値観が似ていたりすると、惹かれてしまいます。そして心の中で葛藤が始まります。子供のことを思えば考えてはいけない!でも何もかも話して悩みを共有して貰いたい!このような経験シンママにはある筈です。周りの雑音で、シンママには恋をする権利はないとまで思ってしまう人もいるでしょう。ある意味大きなお世話ですよね。

 

子供としっかり話し合って、もしもということも仮定し、慎重に進めていくのが大切です。人との繋がりは、如何に相手とのコミュニケーション上手く取るかに掛かっています。不思議なことに、何となくその人といると話が弾むとか居心地が良いというのは、早い段階で分かるものです。

 

そして子供は思ったより的確に物事を判断しています。バーバの息子達もバーバの性格などを見抜いていますから、言い当てられて驚くことも多々あります。日頃喧嘩をしていても、最後に味方になってくれるのが子供という存在です。

 

☆まとめ☆

 

バーバの人生の中の汚点は、次男に「あんたなんか産まなきゃ良かった!」という点です。高校生の時、家庭内暴力に近い状態でしたから、バーバもかなり暴言を吐いていたと思います。時折息子に、「オカン!俺の事否定したよな!」と笑いながら言われると、無性に悲しくなります。決して息子は責めているのではないのですけどね。子育ては本当に難しいですし、結果が何時出るのかも分かりません。

 

それでも縁あって親子になったのですから、お互い信頼し合って生きていかなければならないでしょう。「雨降って地固まる」というのもまんざら嘘ではないと思いますよ。バーバは、たまに行く次男とのお茶が楽しみです。

 

 

(文/たぬこ 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!