ライフスタイル

シングルマザーが共感するあるあるって?

 

こんにちは! 最近フリフリのファッションにハマっているバーバです。ジージには不評ですが…。バーバは我が道を行きます。

 

女同士で話していると、「ある!ある!」と叫んでしまう位共感することって多いですよね。私だけじゃないのだ!と安心したりして、この共感するって大事なことだとバーバは思うのです。シンママにとっての「あるある」はどんなことなのでしょうね。

 

■シンママってどう見られているのでしょうか?

 

この世の中は思い込みや偏見があふれています。それは人の境遇や育ち、職業など様々なものに対してです。思ってもみないことを言われて驚くこともあるでしょう。これは固定観念みたいなものを持つことによって、思い込んでしまうということです。

 

シングルマザーと聞くと、イメージするのは、貧困、身勝手、可愛そうなど色々です。多くの人がマイナスイメージを持っているのは確かでしょう。

 

けれど実際シンママに接すると、そのようなイメージとは違う部分が多いのに気づきます。子育てを頑張っているママだし、流行にも敏感でオシャレだって忘れていません。偏見の目で見てしまうのが間違いですね。人間誰だって負の要素を持っています。完璧な人なんかいないのですから、他人の事を言う前に自分を見つめ直してほしいものです。

 

■シンママのマイナスあるある

 

◆経済的に苦しい

シンママの収入だけでは苦しいですから、行政の支援や養育費に頼らざるを得なくなります。これは避けては通れない大きな問題です。

 

◆時間に追われる

家事に育児、仕事と、シンママは休む暇がありません。

 

◆何もかも一人でしなければいけない

相談する相手が身近にいないので、全て自分で判断しなければならない。

 

◆父親がいない事に悩む

子供が父親のいないことをどう思っているのか、常に不安に思っている。

◆離婚したことを後悔する時がある

 

子供に離婚理由を聞かれたり、何かの問題にぶつかった時に、離婚を後悔してしまうシンママもいます。

 

◆子供がいじめに遭うことがある

子供は時に残酷で、片親しかいない子供をいじめる傾向があります。当たり前だと子供なりに思っていることに反しているのは、いじめの対象になるのでしょう。

 

◆再婚に前向きになれない

子供の事を思うと再婚するのはいけないことだと思ってしまう。

 

■シンママのプラスあるある

 

◇家事の負担が減る

夫の食事作りもないですし、食器洗いや洗濯も少なくて済みます。

 

◇精神的に楽になる

夫との生活に行き詰まっていた人は、気持ちが楽になります。

 

◇子供とのびのび暮らせる

子供と二人で気兼ねなしに、好きな時間に行動できます。

 

◇行政の支援によって生活が成り立つ

お金を家に入れない夫の場合、シンママになった方が支援を受けられます。

 

プラスあるあるに関しては、シンママの環境や価値観によって変わりますね。物事には必ずプラスとマイナスがありますから、どう捉えるかによって真逆になることもあり得るということです。

 

☆まとめ☆

 

心無い人は、「シンママなのに笑って!」とか「シンママのくせに…」とか平気で言ったりします。どのような状況であっても、人間の感情の中には喜怒哀楽はあるものです。

 

バーバの父親は認知症が進んで、ある日トイレに入れ歯を流しました。私が、「おじいちゃん! 大事な入れ歯流してどうするのよ!」と笑いながら話していると、傍にいたケアマネが怪訝そうにバーバを見たのです。

 

「何笑っているのよ!」と言いたげな感じでした。でもね、笑うしかないじゃないですか! 泣いたって現実は変わらない訳です。それなら笑いに変えた方が前に進めますからね。こういう時共感してくれる人が傍にいたら、気持ちも随分楽になる筈です。辛いことも悲しいこともありますが、笑いに変えて生きていってほしいとバーバは願います。

 

 

(文/たぬこ 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!