ライフスタイル

【体験談】シンママ必見!子ども服を格安でゲットする方法♪

シンママStyle編集部

 

離婚して、意外とお金がかかるなと実感しているのが、子どもの衣服代です。今までは元夫の両親が買ってくれたり、親戚のおさがりをいただいたり、ほとんど自分で買わなくても子どもの服がある状態でした。

 

私の兄弟はまだ結婚していないのでおさがりはなく、両親も、離婚前はたまに会えばたんまり服やおもちゃ、お菓子を買ってくれていましたが、今はいつでも会えるためか以前ほどは服などをくれることはなくなりました。

 

シンママになって、できる限り出費を抑えたい今、服もできるだけ安く買うようにしています。同じシンママに、少しでも役立てるよう、子どもの服を安く買う方法を紹介します。

 

〇シーズンオフのセールを狙え!

 

アパレル業界はなんでも季節先どりなので、春先には冬物セールなど、まだまだこれから着られるといったものも安くなりますよね。そういったときを狙って買うようにします。どうせ同じものなら安いほうがいい!

 

また、完全に暖かくなれば、さらに冬物は安くなりますよね? そういう時に、来シーズン用に、ワンサイズ大きいものをあえて買っておくと、より安く手に入ります! 安いだけでなく、ワンサイズ大きいものを買っておくと便利な点もあります。

 

例えば私の場合、いざ着ようとしたら小さくて着られない!とか、暑い季節の中、急に寒い日が続いた時など、ロンT欲しいなと思って買いに行ったら、半そでしか売っていなくて困った!ということが結構あったので、すぐ着られなくなってしまう小さいお子さんがいる方は、ワンサイズ大きいものも買ってストックしておくといいですよ♪

 

〇フリマやバザーでまとめ買いすれば、激安でゲットできる!

 

子ども服はすぐ着られなくなるため、フリマやバザーでも結構多く見かけます。中には1枚10円単位で買えるものもあり、格安で買えるのがフリマやバザーの特権! まとめ買いするなど、売り手と交渉して、さらに安くしてもらうのがフリマの醍醐味だと思うので、ネットでのフリマなどもありますが、直接交渉できる路上やショッピングモールなどで開催されているフリマがオススメです。ご近所のフリマ情報をチェックしてみてください♪

 

〇古着屋やリサイクルショップで掘り出し物を探そう!

 

中には、知らない人が着たものを子どもに着せるのは抵抗があるというママもいると思います。そんなママでも安く子ども服を手にいれることができるのは、古着屋さんやリサイクルショップです。もちろん中古がほとんどですが、中には、札付き未使用商品もあります! そんな掘り出し物を探してみてもいいと思います。

 

ブランド物などしっかりしているものを安く買えるのも、古着屋さんならではですよね。例えば入学式や卒業式などに着るママと子どものスーツや靴。一年に何回かしか着ないのに、結構な値段かかります。毎回同じスーツでも、ママ友の目も気になるし…。そんなときに古着屋さんを活用するといいと思います! 同じように何回かしか着ていないであろう新品同様のきれいなものが安くゲットできますよ。

 

〇最後に

 

私はこの方法で、自分の服もできる限り安く買うようにしています。安ければいいというわけではなく、もちろん質も大切。安いからといって妥協したり、多く買いすぎるのは×。結局あまり着ないで終わったなんてことになると、ただの無駄遣いになります!

 

特に古着は、ボタンがとれていたり、少し汚れていたり、ということもあるのでしっかりチェックしてください。きちんと吟味すれば、例え安くてもお気に入りのもが見つかったり、長く使えるものをゲットできたりします。

 

できる限り出費を抑えたいと思っているママ、ぜひ試してみてください!

 

 

(文/ぶー 画像/123RF1)

 

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!