• HOME
  • ライフスタイル
  • シングルマザーの確定申告!知らないと損をする!これだけは抑えておこう!控除のあれこれ!

ライフスタイル

シングルマザーの確定申告!知らないと損をする!これだけは抑えておこう!控除のあれこれ!

シンママStyle編集部

 

シングルマザーになると確定申告の際に受けられる控除があるのをご存知でしょうか。会社勤めの方は年に一度書類を提出していますよね。その際に忘れずに受けられる控除についてチェックしていきましょう! とは言っても、確定申告を自分でやるのは難しい部分もあります。受けられる控除があるといっても素人にはなかなか理解が難しいのが現状ではないでしょうか! そこで、ここでは確定申告する際のポイントを記載していきますので、参考にして頂ければと思います。

 

■シングルマザーが受けられる控除は何があるのか!

 

◇扶養控除

お子さんが16歳以上になると38万円の控除を受ける事が出来ます。これは意外と大きいですよね。同じ年収の人でも扶養が有る無しで、金額が大きく変わります。扶養があると税金が安くなるというのはこの影響があるためです。

 

但し注意しなければならいのがお子さんのバイトです。年間103万円を超えてしまうと扶養とみなされませんので注意しましょう!

 

◇寡婦控除

離婚や死別した方が受けられる控除になります。35万円の控除が受けられます。寡婦控除については未婚の方は受けることができません。あくまでも離婚や死別した方対象の控除になります。注意してください。

 

■そもそも確定申告って何なのか!なぜやらなくてはならないの?

 

確定申告という言葉はよく耳にしますが、しっかりと意味を理解している人は少ないですよね。簡単に言うと納めすぎた所得税を戻してもらう制度です。

 

確定申告をしないと戻ってくるはずのお金が戻って来ません。必ず確定申告は実施しましょう。会社勤めの人は時期が来ると会社で書類を提出します。会社で行う場合は面倒な手続きはありません。必要書類を会社に提出すれば会社でやってくれます。但し下記に当てはまる方は自分でも確定申告をしなければなりませんので注意しましょう!

 

・年収が2000万を超えた場合

・複数の会社から給与をもらっており20万以上の収入があった場合

・途中で会社を辞めて年末調整を受けていない場合

・ふるさと納税を6か所以上した場合

 

これらに一つでも当てはまる項目がある場合には、会社で行う確定申告とは別にご自分で確定申告が必要になります。特に副業をしている人は注意してくださいね! 毎月2万以上の収入がある方は年間20万円を超えますので、確定申告が必要になります。

 

■確定申告をしないとどうなるのか!

 

確定申告は義務になるので必ずしなければなりません。怠った場合には重いペナルティーが課せられます。逆に多く支払いしなければならなくなりますので、確実に確定申告はしましょう。

 

やり方が分からない方は税務署行って確認すると良いでしょう! 但し、提出期間中は税務署がかなり混み合います。今はインターネットからでも簡単に出来るようになっていますので、インターネットで行う方がスムーズに対応できるでしょう!

 

☆まとめ☆

 

「シングルマザーが受けられる控除を理解して、確定申告を行い払いすぎた税金を戻してもらいましょう!」

 

確定申告は複雑で初めての人にはなかなか理解に苦しむ部分です。しかしながら、確定申告をしないという選択肢はありません。必ず行わなければなりません。

 

控除などいろいろとあり複雑ではありますが、一度覚えてしまえばその後はスムーズに対応できるようになりますよ。初めはめんどくさいかも知れませんが、時間をかけてしっかりと対応していきましょう!

 

また、インターネットでも確定申告に関する情報がたくさんヒットします。ある程度基礎知識は把握しておくと良いですよ。確定申告して損をするとはありません。これを機に確定申告についてしっかりと勉強していきましょう!

 

 

(文/yuunamama 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!