• HOME
  • ライフスタイル
  • シングルマザーでお風呂に悩む人必見!いつまで一緒に入るのが普通!?

ライフスタイル

シングルマザーでお風呂に悩む人必見!いつまで一緒に入るのが普通!?

シンママStyle編集部

25222216 – wooden vat, watering can and bucket on green grass in spring garden

シングルマザーはいろいろな事で悩みが絶えないですよね。一つクリアーするとまた一つ問題が出て…。そんな毎日の繰り返しがシングルマザーの生活です。今回はお風呂の疑問について記載していきます。子どもといつまで一緒に入るのが普通なのか、男の子とのお風呂はどうしたら良いのかシングルマザーならではの悩みなど記載していきます。参考にしてみてくださいね。

 

■男の子は何才まで一緒にお風呂に入るのが普通なの?

 

シングルマザーにとって、男の子の悩みはつきませんよね。まずはお風呂の問題です。小さいうちは一緒に入っていても何ら問題ありませんでした。しかし、大きくなるにつれて男の子とのお風呂は避けるべきなのか、本人が嫌がるまで一緒に入ってあげるべきなのか悩みますよね。

 

小学校低学年までは一緒に入っていても問題はないと思います。むしろ男の子の方がママとお風呂に入りたがりますよね! 高学年になるとある程度体の仕組みを勉強します。女性の体についても興味が出てくる年代でもあります。

 

女性の体を見る事で興奮する子も中にはいると聞きます。ある程度の時期が来たら一緒に入るのではなく、入り口にいてあげたりするなどして徐々に卒業出来るように対応してあげましょう!

 

たまに中学生になっても親とお風呂に入っている男の子がいるとも聞きます。それが駄目とは言いませんが、思春期の男の子と一緒に入ると言うのは考えた方が良いですよね!

 

■同性の女の子場合はどうなのか?いつまで一緒に入るの?

 

同性の子どもの場合は皆さん何才まで一緒に入っていましたか? 私の娘は小学校高学年までは一緒に入っていましたが、段々と回数は少なくなり、中学生の頃には別々に入っていました。

 

女の子は体の変化とともに一人で入るようになってくる事が多いでしょう。胸の膨らみや陰毛などが生え始める事が目安でしょうか。とは言っても、同性の女の子であれば色々とお話をしながら入浴する事も多いと思います。

 

コミュニケーションの一環ですね! たまには一緒に入ろうよと声をかけてあげると、子どももスムーズに対応出来ますよ。親子水入らず、背中を流しあったりして楽しい時間を過ごすのも良いでしょう!

 

■お風呂で気をつけることは何か!どこを観察しているの?

 

一緒にお風呂に入ることで、子どもの体の成長を把握する事が出来ます。恥ずかしくてなかなか体の悩みを言えないお子さんもいるでしょう。親としては何処をチェックすれば良いのか?皆さんは一緒に入浴するときに何処を観察していますか?

 

私は女の子だったので身体つきを確認して、そろそろ生理が来る頃かなと、判断材料にしていました。そうする事で生理についても話をする事が出来るし、教える事が出来るので困る事はなかったですよ!

 

男の子の場合は、おちんちんの成長でしょうか。まじまじ確認すると子どもも嫌がりますので、そっと確認すると良いでしょう。男女共に体の事は子どもからはなかなか親に話しにくいことです。そこは親がそっとフォローしてあげてくださいね。

 

☆まとめ☆

 

シングルマザーの場合、親は遅くまで働いていたりしてなかなか一緒にお風呂に入る時間が確保できない方もいるかもしれません。毎日でなくても、一緒にお風呂に入る時間は大切ですよ!

 

子供の成長を感じることも出来ますし、コミュニケーションも確実にとれます。学校のこと、体の事などさりげなく触れてあげましょう。また、男の子にとっては、ある程度の時期が来たら一緒に入る事を卒業出来るように親が手助けしてあげてください。

 

いつまでも一緒にお風呂に入ってはダメというルールはありませんので、親も子も一緒に入る事に抵抗がないのであればそれはそれで良いでしょう。シングルマザーの子どもは親の愛情に飢えています。それを補う方法としてお風呂を使うのも一つですね。

 

 

(文/yuunamama 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!