ライフスタイル

シングルマザーだからこそ把握しておきたい!園や学校の行事

シンママStyle編集部

 

シングルマザーで日々働いて頑張っておられるみなさん、園や学校の行事に参加されていますか? または、これから園や学校に通うお子さんをお持ちのみなさん、行事関係気になりますよね。

 

 

忙しくて行事への参加は難しいことが多いかもしれませんが、子どものために自分のために、よく把握しておいて、参加できるものはしておいたほうが良い行事もあります。ここでは、主な行事を紹介しましょう。園や学校によって内容は異なりますが、参考になればと思います。

 

 

■入園(入学)式と卒園(卒業)式

 

 

幼稚園では、入園式と卒園式に保護者はほぼ全員出席しています。一方、卒園式では、保護者がいなくて祖父母が代わりに出席しているところもありました。それを考えると、入園式や入学式ははずせない行事のひとつになります。

 

 

園や学校では1度きりのイベントなので、できる限り出席したいですね。1年の節目となる大切な行事になりますので、休ませない会社も少ないでしょう。日頃、休みが取りにくい会社に勤めている方、ここは頑張って上司を説得してみましょう!

 

 

■運動会

 

 

保育園や幼稚園の運動会でよくあるのが、親子競技です。できれば親が一緒にいるほうが子供は寂しくないですよね。だいたい土日に行われることが多いようですが、土日も仕事があるママは、前もって休みを取るようにしてあげたいですね。

 

 

また、雨天の場合は日にちを変更して行われることがほとんどですので、その日がいつかも確認しておくことが大切です。

 

 

■親子遠足

 

 

小学校では保護者が付き添うことはないですが、園では親と子どもが一緒に遠足を楽しむ行事があるところがあります。ここはなるべく有給を使って休みを取り、参加したいものです。他の子ども達は親と一緒にいるのに、自分だけが違うということがないようにしたいですね。もし、どうしても休めない場合は、子供に事情をよく説明しておくことが肝心です。

 

 

■参観&懇談会

 

参観は、園や学校での普段の様子を見ることができる数少ない機会の1つです。家では見られなかった子どもの成長を見ることができますよ。

 

 

懇談会は毎回出なくても良いようです。最初の懇談会は、役員決めをしたり、担任や保護者の自己紹介をしたりするところがあります。仕事もしているから、懇談会まで出るのは大変という方は、初回はまず出席して、他の保護者の人の様子を見て考えてもいいかもしれませんね。

 

 

懇談会では、他の保護者の人と話ができる良い機会になります。特に年度最初の懇談会がお勧めです。行事に限らず学校の情報を得ることができるかもしれません。

 

 

■音楽発表会

 

 

これも参観のひとつにカウントされるかもしれませんが、園や小学校では音楽発表会というものがあります。園では合唱や楽器(木琴、シンバル、太鼓、トライアングルなど)の発表が多いです。小学校では、合唱の他、低学年はピアニカ、中学年からはリコーダーや楽器演奏をするところが多いようです。

 

 

日頃音楽で頑張っているところを発表する1年に1度の行事ですので、都合がつく限り出席しましょう。子どもが帰ってきて、「とても上手だったよ」と褒めてあげると、きっと嬉しくてもっと頑張ってくれるでしょう。

 

 

毎年あるものなので、今年出席できなくても来年があります。毎年行けるのが理想とはいえ、仕事をしていたら難しいのはシングルマザーに限らず他のママも同じ。もし、今年行けなかったら来年こそは、と予定を確認しておきましょう。

 

 

■PTA行事

 

 

初年度に行われるPTA総会には極力参加することをお勧めします。仕事などで、急な休みをとることが難しいのがシングルマザーの悩みですが、そこに参加して年間行事予定表をもらえたり、おおまかな学校の様子を知ることができます。

 

 

また、保護者が一斉に集まる場なので、そこで普段知り合えない保護者の方と交流することができます。話をすることによって、知ることができることも多々ありますので、都合がつけばなるべく参加しましょう。

 

 

参加できない場合は、不参加の旨を紙で提出するところが多いので、大丈夫です。でも、あまり毎度欠席すると、「あの子のお母さん来なかったね」「だからシングルマザーはね」などと陰口をたたかれることもあるようです。

 

 

私はそんなのへっちゃらよ、と精神的にタフな方は気にされなくてもいいことですが、そうではない方は、PTA総会の日にちは事前にチェックしておきましょう。その他PTA行事としては、スポーツ大会やもちつき大会などがありますが、学校によって色々です。

 

 

☆まとめ☆

 

 

紹介した行事は主なものなので、園や学校によってはもっと多くの行事がある場合もあります。保育園や学校の行事に参加できないことに心を痛めている人は、シングルマザーに限らず結構増えています。でも、子どもが話を理解できる年齢になってきたら、なぜ行けなかったのか、事情をしっかりと話せば、寂しい思いをすることはあっても、親子の関係や絆が崩れてしまうことはないでしょう。

 

 

もし参加できなかったら、行事のあったその日によく話を聞いてあげて「がんばったね」「楽しかったね」「ごめんね」などと声をかけてぎゅーっと抱きしめてあげてくださいね。

 

 

そんなママの気持ちを、子どもはママの態度や声かけからくみとってくれることでしょう。行事に参加できなかったことを悔やむのではなく、参加できなかった時間をその後、どう子どもと過ごすのかに意識を向けてみるといいです。

 

 

でも、なるべくは事前に行事の予定を把握しておき、早めに休みを取るなどして対処しておくことが一番かも知れません。

 

 

(文/ゆー 画像/123RF1)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!