ライフスタイル

《インスタで大人気♡》年賀状は我が子の寝相アートで決まり!

▼新年の挨拶は我が子のおひるね&寝相アートで!

新年の一番最初の挨拶でもある年賀状。普段なかなか連絡を取れない人にも連絡をする機会である年賀状にはやっぱり我が子の写真を!と考えているママさんも多いのではないでしょうか?

そこでみなさんにおすすめしたいのが、最近Instagramで話題の「おひるねアート」や「寝相アート」です!この2つは、寝るときのように寝転がった体勢で撮る写真。起きている時間よりも寝ている時間の方が多い赤ちゃんはもちろん、小さいお子さんでも、起き上がって撮る写真よりも寝転がって写真を撮る方が疲れにくくおすすめです。また、自然でいい表情が引き出せるという嬉しい特典付き!

ではどのような寝相アートが人気なのでしょうか?今回は、参考になる10の寝相アートを紹介します。気に入ったアイディアがあれば、ぜひ取り入れてくださいね♡

 

▼紅白の花がポイント♡おめでたカラーアート

これはおひるねアート教室で取られた写真。大きな椿の花が目を引きます。手の込んだ飾りはおひるねアート教室ならではです!紅色をベースに、市松模様や金色がお正月の雰囲気にぴったり。帯の柄を合わせたり、和柄布をバックに使う、などの色使いはとても参考になりますね!兄弟2人とも満面の笑みが素敵です♡

 

▼定番!干支「戌」を主役に♡

2018年の干支は、「戌」です!他の干支と比べて、戌年は服でも合わせやすいのがポイントです!写真のように、カラークッションをたくさん並べるとポップな雰囲気!大きなワンちゃんの顔も、クッション同士を組み合わせて、顔を布や色画用紙で作ればお家でも真似できそうです。

 

▼福よ来い!干支大集合!

たくさんの干支の動物たちに囲まれてやってくる様子はまるで天女さま?!ぬいぐるみたちに囲まれると、より一層赤ちゃんのかわいさが引き立ちますね!写真では干支にちなんだ動物たちになっていますが、干支に関係なく、お子さんのお気に入りのぬいぐるみたちをたくさん並べても良さそうです。右下の、和柄ドットのモチーフもモダンでおしゃれな雰囲気を演出しています♡

 

▼花びら舞う!ご祝儀袋風

フラワーシャワーの写真は、自分で撮るとなるとなかなか大変です。でも、おひるねアートなら心配いりません♡こちらの写真は、お正月ではなく100日祝いのお写真ですが、真似できるポイントが盛りだくさん!ご祝儀袋風のデザインなら、赤い紐があればできるので楽ちんです。フラワーシャワー風に花びらもたくさん散らせば、手間いらずであっという間に華やか!

 

▼赤ちゃんに!2018年モチーフ♡

201″8″だからこそできるおひるねアート♡特に、まだ寝返りができない赤ちゃんにはぴったりです!2018の文字も、鯉・門松・戌・鏡餅……など、お正月モチーフが盛りだくさん! 写真に載っている数字全部を真似するのは、大変ですが、鏡餅の「8」は他と比べても簡単にできるので、お家で写真を撮る人も挑戦してみてはいかがでしょうか!

 

▼ちょっと大人に!ダルメシアン☆

他のおひるねアートより、大人っぽい雰囲気になるのがモノトーン♡101匹わんちゃん風のダルメシアンコーディネートは戌年にぴったりですね!背景に、黒・白・ベージュの布を重ねているのがアクセントになっていて素敵です。足跡も黒色で統一されているので、全体が引き締まって見えます。左半分は、紅のラインにお正月モチーフの小物があって賑やか!

 

▼富士山がめでたい!初日の出風♡

大きな富士山が目を引くこちらのお昼寝アート!右にある椿の大ぶりモチーフとのコントラストが、写真全体にメリハリをきかせています。このような大きめモチーフがあるだけで、おひるねアートの完成度アップは間違いありません!肉球はんこ風の足跡も、2018年度の始まりを演出しています!

 

▼ツインズだからこそシンプルに♡

こちらは双子だからこそやってもらいたい、シンプルなおひるねアート!1人だけだとなんだか寂しげに見えてしまうシンプルなお昼寝アートも、双子ならインパクト大。2人でお揃いコーデにするとより◎です!こちらも100日祝いのおひるねアートですが、年賀状にそのまま応用できるアイディアです♡

 

▼おもち最後まで食べてね♡アート

お餅に包まれちゃった?!今までにない新発想のお昼寝アート!なんとこのアイディアは、人気お笑い芸人はんにゃ川島さん考案だとか。このような、お笑い芸人や芸能人考案のおひるねアートを体験できるのはおひるねアート教室ならではの魅力です。ですが、お家でも、白い布を袋状に縫ったり、白いシーツに包まれば再現できそう!おひるねアート教室に行かずでも、アイディアを真似しちゃいましょう♡

 

▼「ふくわらいぬ」で初笑い、いただき♡

お正月遊びの1つ、福笑い!最後に紹介するのは、福笑いにかけた「ふくわらいぬ」のおひるねアートです!これを自力で作る……となるとちょっと大変そうですが、1度作ってしまえば、おひるねアートの撮影小物になるだけでなく、お子さんのための布おもちゃとして実際に使えそうです!柔らかい布なら、小さい赤ちゃんにも安心です♡ふくわらいぬを作って、遊んで、撮って、初笑いをしてはいかがでしょうか?

 

▼まとめ

ここで紹介したおひるねアートや寝相アートは、自宅で撮影されたものはもちろん、おひるねアート教室といったイベントを介したものなど様々です。

お家でセルフで作るのは大変ですが、ママさんのアイディアを存分に発揮し、世界に1つしかないおひるねアートが撮れるのが魅力です。また、お昼寝アート教室も、有料である場合が多いですが、やはり自分ではなかなかできない手の込んだ装飾とプロの撮影付き、となると見逃せませんね。

また、お家でお昼寝アートを作る際に意外と参考になるのが壁紙!壁紙は部屋の「背景」として、お部屋全体の雰囲気を決めますが、その役割はお昼寝アートのバックの布と同じです。お昼寝アートのバックに迷ったら、壁紙をたくさん見てアイディアを探すのも良いかもしれません。こちらのサイトでは、現在壁紙プレゼント企画をしているのでぜひチェックして見てください。おひるねアートにぴったりなインスピレーションがあるかも♡

シンママStyle では、他にも住まいやお金の話など、ママ必見のお役立ち記事を執筆しているのでこちらもぜひご覧ください。みなさんの子育て応援しています♡

関連記事:

ママと子どもが地域と繋がる!「子ども食堂」って?

気になる子どもの生活音…ママ一人でできる防音対策!

身近なものでピカピカ!人には教えたくない大掃除の裏ワザ!

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!