• HOME
  • ライフスタイル
  • 予算や選び方は? シングルマザーでもクリスマスプレゼントを贈りたい

ライフスタイル

予算や選び方は? シングルマザーでもクリスマスプレゼントを贈りたい

「シングルマザーの3人に1人が、クリスマスなんてなければいいと思ったことがある」そんな調査結果が、サンタクロースを使ったボランティア活動をしているNPO法人「チャリティーサンタ(東京)」により発表されました。その理由としては、主に「お金がない」「時間がない」といったものが挙げられていたそうです。

仕事や家事に追われるうえ、経済的に苦しい場合も多いシングルマザー。クリスマスには、可愛い飾り付けをして、ケーキや豪華なディナー、サンタさんからのクリスマスプレゼントを用意する、という世間一般の風潮を苦痛に感じている人も多いようです。

それでも、子どものために何とか楽しませてあげたい…そんな方のために、時間もお金も節約しつつ、クリスマスを楽しむ方法やプレゼントをご紹介していきたいと思います。

◎クリスマスソングをかける

おうちをクリスマスモードにするには、クリスマスらしい音楽をかけるのが効果的。CDや携帯アプリで、定番のクリスマスソングをダウンロードしておけばずっと使うことができます。コスパ抜群で手間もかからないのに効果は絶大です。

◎クリスマスツリーを飾る

折り紙でガーランドを作ったり、リースを手作りしたり…。節約には手作りが一番。分かってはいるけれど、なかなか仕事でその時間を確保しにくいのがシングルマザー。

そんなときは、オーナメントをクリスマスツリーだけに絞りましょう。存在感があるため、1つあるだけでお部屋の雰囲気をぐっとクリスマスモードにしてくれますよ。お休みの日に、子どもと一緒に飾り付けを楽しみましょう。

一度買ってしまえば、毎年使い続けることができるのでコスパ的にも優れています。ネット通販なら手頃なお値段のものも多数ありますよ。

また、お部屋に背の高いグリーンの観葉植物がある方は、それをクリスマスツリーに見立てて電球などを飾るのもおすすめです。

◎ディナーには簡単で存在感を放つクリスマスサラダを

クリスマスのディナーといえば主役はチキン! でも、ローストしたり、フライドしたりするには、仕込みを含めるとそこそこ時間がかかってしまいます。だけど食卓はクリスマスらしく盛り上げたい。そんな時は、簡単に作れるのにとっても可愛いクリスマスサラダを作ってみましょう。

◇クリスマスサラダとは

サラダをクリスマスツリーやリース型に盛りつけるだけ。彩りがいいので食卓が一気に華やぎますよ。

[クリスマスツリー風サラダの作り方]

ポテトサラダを山盛りにしたら、その周りにブロッコリーを刺してツリーのようにしていきます。てっぺんの部分には星型にくりぬいたパプリカを飾りましょう。ツリー部分も、トマトや星型にくり抜いたパプリカ、チーズなどで飾りつけたら完成です。最後に上から粉チーズを振りかけて雪のようにしても可愛いですよ。

[クリスマスリース風サラダの作り方]

まず、大きめのお皿の上にレタスをドーナツ型に盛り付けます。あとは、ツリー風サラダと同様、星型にくりぬいたパプリカやチーズなどで飾り付けをするだけで完成です。

◎ケーキはホールではなく、カットで購入する

クリスマスの時期のワンホールケーキなんかとてもじゃないけど手が出せないという方は、カットされたケーキを家族の人数分購入するだけでも十分。ワンカットなら、ショートやチョコレートなど、それぞれの好きな味を選ぶこともできますよ。

■シングルマザーが選ぶ子どもへのクリスマスプレゼントは?

子どもにとってクリスマスは、とっても楽しみな特別な日ですよね。しかし、先述したように母子家庭のシングルマザーにとっては頭が痛い問題かもしれません。子どもにクリスマスプレゼントを買う余裕のないママさんも少なくないと思います。でも子どもの夢は母親にとっても大切なもの。

どうやって子どもに夢を持たせられるのでしょうか? ここはシングルマザーから子どもへのクリスマスプレゼントについてまとめてみました。

◎クリスマスプレゼントの金額

子どもがまだ小さいとクリスマスプレゼントの金額も少額ですが、子どもの成長につれて欲しい品物の金額も上がってきます。ママは子どもが小学校に入ると、友達の中で今こんなものが話題になっているなどを聞かされます。

子どもには、それがクリスマスプレゼントだったら嬉しいなと言う気持ちがきっとあるはず。親としては子どもの希望を叶えてあげたいところですが、難しいときもあるでしょう。

◎クリスマスプレゼントは金額ではない?

子どもが希望するものをプレゼントできれば一番喜ぶのは当たり前です。でも母子家庭の子どもなら、自分の家でそれができるかどうかはなんとなく分かっていることがあります。それは日頃、母親が必死に家事や仕事、育児をやっている姿を子どもは見ているから。

だから子どもの関心はプレゼント自体がもらえるかどうかにあるケースもあります。もしかしたら金額ではないのかもしれませんね。母親は子どもがかわいそうだからと無理に高いプレゼントを用意する必要はないと思います。

◎子どもに夢を持たせてあげよう

まず子どもが欲しいと思っているものを会話の中から拾い出します。一つに絞らず、いくつか聞き出した方がいいでしょう。そうそれば、金額的に買えそうなものをチョイスすることができますね。

子どもがサンタクロースを信じているなら、その夢を壊さないように可愛いラッピングをしてあげましょう。ラッピングを解くのも子どもには楽しみ。クリスマスプレゼントなら無料でラッピングしてくれるお店もありますから是非利用してみましょう。

◎貧困に負けない強い心

母子家庭は貧困家庭というイメージが強いですが、心だけは貧困にならないようにしたいもの。生活が苦しいことを子どもには感じさせたくはありません。でも一緒に生活していれば子どもはきっと何かを感じているはず。

そこでママは心の余裕を持って、無理をしない範囲でクリスマスプレゼントを用意しましょう。こうしたサプライズが子どもの情操教育にも大きな影響を与えます。親に対する感謝の気持ちを育むこともあります。

■シンママもできる! 子どもの思い出に残るクリスマスプレゼントの渡し方って?

最高なクリスマスプレゼントが用意できても、それで終わりではありません! どうせ同じものを渡すなら、心に残るような、素敵な渡し方をしたいですよね。例えば、大人になってクリスマスを迎えたときに、我が子がプレゼントを貰ったときのことを思い出してくれたら嬉しいですよね。

そんな風に心に残る、素敵なクリスマスプレゼントの渡し方を3つ紹介します。少しの工夫でお子さんたちを多いに喜ばせてあげましょう!

◎手紙を一緒につける

我が子に手紙を書いたことありますか? あるようで、意外とないですよね? 子どもから母の日や誕生日に手紙を貰うことはあるかもしれないですが、よく考えると逆は意外と少ないのではないでしょうか。

そこで今年のクリスマスプレゼントには、手紙をつけてみましょう。お金はほとんどかかりませんが、確実に子どもの心に残るクリスマスプレゼントになります。1年分の愛情がたっぷりこもった、素敵な手紙を書いてあげましょう。

◎宝探し形式にする

「クリスマスプレゼント、家のどこかに隠したから探してごらん!」と言って子どもに自分で探してもらう手法です。「見つからなかったらお母さん貰っちゃうからね!」なんて言うと負けず嫌いな子は特に盛り上がって探してくれそうですよね。ただ、高いところなど物理的に子どもの手が届かない場所にだけは隠さないように気をつけてあげましょう。

◎ラッピングに工夫を凝らす

プレゼントって、「これはなんだろう? 」と思いながら開けているときに一番ドキドキ、ワクワクしていますよね。しかしお店の簡素な包みだとある程度予想がついてしまうときもありますよね。

そこでお店の包装用紙ではなく、100均などに売っているキラキラの包装用紙で包んだり、子どもが好きな色のリボンをかけてあげたりするのはいかがでしょうか。きっと盛り上がること間違いなしです!

☆まとめ

子どもにとって、クリスマスは1年のうち最も楽しみな日の1つ。親にとってはその気持ちを大事にしてあげたいところですが、無理をしすぎるのは禁物です。お金をかけられなくても、一緒に楽しむことができればきっといい思い出になりますよ。節約できるところは節約しつつ、楽しいクリスマスを過ごしてくださいね。

(文/こまち、ルーミス 編集/シンママStyle編集部 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!