• HOME
  • ライフスタイル
  • 【体験談】シングルマザーの七五三事情! いくらくらいお金がかかるの?

ライフスタイル

【体験談】シングルマザーの七五三事情! いくらくらいお金がかかるの?

子どもが七五三を迎える日は嬉しいけれど、お金がかかるかもしれない…シンママとしては嬉しい反面気がかりもありますね。そこで気になるのが、ほかのママは七五三どうしてるの?ということではないでしょうか。

衣装をレンタルしてスタジオで撮影する? それとも衣装を購入して写真を自分で撮る?などシンママに限らず、どのママでも悩む問題です。そこで、ほかのシンママやママが実践している、今からでも見習いたい、七五三で親がするべきことをまとめました。

■そもそも七五三の起源は?

七五三のように、子どもの成長を祝う行事は、平安時代頃のはるか昔から行われていたと考えられます。そして、明確にそのような固定化された儀式のようなものが行われ始めた時期は、江戸時代初期までさかのぼります。

なぜ七五三が祝われているの? 現代の発展した高度な医療、そして徹底された衛生管理の下では、乳幼児の死亡率は非常に低く、多くのお子さんが三歳や五歳、七歳を迎えることができています。

しかし、その昔は乳幼児の死亡率が非常に高かったため、男の子は無事に三歳と五歳、女の子は三歳と七歳を迎えたときにお祝いをするようになりました。これが七五三の起源です。

◎なぜ11月15日なの?

最初に行われたのは1681年11月15日に、徳川幕府第5代将軍徳川綱吉の長男であり館林城城主であった徳川徳松の健康と長寿を願うためであったとされています。七五三を11月15日に行うのはこれが理由です。

その後、江戸時代初期は主に公家や貴族、旗本や大名などの武家を中心にこのような行事が行われており、それが徐々に庶民にも広まり江戸時代末期には現在と同じように非常に幅広く知られ、庶民から公家まで多くの人が七五三を行っていました。明治時代に入ると、現在のように七五三と呼ばれるようになりました。

◎伝統的な七五三とは?

伝統的な七五三では、男の子は無事に三歳と五歳、女の子は三歳と七歳を迎えたときに晴れ着を子どもに着せ近所の神社にお参りに行き、これからの健やかな成長を祈ることが通例です。

三歳には、子どもの髪の毛が生えそろう頃であるため「髪置」という儀式を、五歳の男の子には初めて袴を着させる「袴着」という儀式を、そして七歳の女の子には「帯解」といって着物を留めていた紐を外し、大人の女性が着用する丸帯に変える儀式を行います。また、子どもが千歳飴をもらうことも、伝統的な行事のうちの一つです。

■最近の七五三事情は?

それでは、最近の七五三事情はどのようになっているのでしょうか。まず最近の傾向としてよく見られるのが、子どもが晴れ着ではなく、洋服で七五三をすませるという点です。

子どもの服ではあるものの、晴れ着などはとても高くついてしまううえ、とくに三歳のときは子どもをおとなしくさせるのも大変なのに、さらにその子どもに晴れ着を着させるのは大変すぎるという理由で敬遠される場合も多いようです。

それと関連して、最近では着物のレンタルなどのサービスも開始されています。

また、女の子は三歳と七歳で服装が違うので、多くの家庭で2回やるものの、男の子の場合は、三歳と五歳であまり違いはないので、五歳だけしか七五三を祝わないというケースも増えてきているようです。

■【体験談】衣装や写真はどうする? スタジオ派か購入派か

先程も触れ増ましたが、七五三で神社にお参りに行く人を見ていると、女の子は和装が多いですが、洋装もけっこう見かけます。どれほどお金がかけられるかにもよりますが、人生に2度きりしかない七五三なので、思い出に残したいと思うママも多いでしょう。いろいろなパターンがありますので、以下を参考にしてみてください。

◎スタジオで写真を撮って衣装を借りる

大手のスタジオアリスという写真館の場合を例にとると、だいたい6月頃からキャンペーンをしていて、平日衣装レンタル無料、衣装何着でも試着可能、ヘアメイク無料、足袋や櫛プレゼント、写真小物1点無料、待ち受け無料など特典がついてきます。

スタジオで着られる衣装はブランド物もあり、レンタルできる衣装も華やかなものが多いです。小物やアクセサリーなども本格的で高級感を演出することができます。ただ、写真を買えば買う程お金はかかりますし、土日や祝日にレンタルするのであれば、1万円かかります。

どれほど写真を買うかにもよりますが、トータルで10万円はかかるでしょう。さらに、神社で御祈祷を受ける場合には、初穂料5000円~(神社による)かかります。

◎衣装を購入してカメラマンに出張撮影してもらう

あるシンママは、七五三費用をなるべく抑えるために、衣装を思い切って購入しました。費用は1万5000円。また、美容院でセットアップするほど髪が長くなかったので、自分でやって無料になりました。

写真は、インターネットで「出張カメラマン」と検索して、当日に来てもらって写真を撮りました。写真スタジオで頼むよりも、たくさん写真を撮ってもらえてデータでもらうことができました。写真スタジオとは違って、自然光を利用して自然な写真がたくさん撮れたようです。

ただ、お天気が当日良ければよいですが、雨の中だと写真を撮る場所が限られてしまうことや、天候のせいで暗い雰囲気にうつってしまいがちな点が欠点かもしれません。彼女の場合、出張カメラマンを利用して2万円ほどかかりました。写真スタジオよりは格段に安く抑えられていると思われます。

また、天候の問題などもあるので、彼女の場合は、写真スタジオで前撮りもしていたようです。そして、初穂料も含めて7万円ほどでした。

■七五三当日、食事はどうする?

子どもの祖父母も招いて食事をするか、あるいは親子のみで食事をするかによって変わりますが、七五三はほとんどの家族が午前中に行っています。お祝いの日のお昼はどうしようかな、というのも初めて七五三を迎えるママにとって悩ましい問題ですよね。以下の2通りを提案させていただきます。

◎仕出しを取って家でお祝いする

仕出し屋さんのカタログと取り寄せれば、お祝い膳が載っているページがあるはずです。七五三でお参りに行った後はゆっくりしたい、というママにはおすすめです。

予算としては、一人あたり3000~5000円くらいになるでしょう。筆者である私も、一人目のときは、親にすすめられるまま仕出しを取りました。でも、両祖父母が来たことと、自分の家で行ったので、お会計が自分払いとなり痛い出費にはなりました。

◎ちょっといいレストランでお祝いする

和食レストランや洋食レストラン、どちらでもよいと思いますが、低価格帯のファミリーレストランは不向きです。和食レストランなら、掘りごたつがある座敷や個室が落ち着いて過ごせますよ。

とくに、子どもの祖父母を呼んでいる場合には、そういったゆったりした雰囲気のほうが喜ばれるかもしれません。子ども向けのメニューがあるかも確認しておきましょう。

洋食レストランを私が選んだときには、ピアノ演奏があるようなちょっといいレストランを選びました。もちろん、子ども向けメニューもあり、新幹線やキティちゃんのプレートに、子どもが喜んでいました。せっかく家族でお祝いするので、いつもとは違う雰囲気のところがおすすめですよ。

~おわりに~

子どもにとっても親にとっても、2度しかない七五三。お金のことも考えなければならないのでママは大変ですが、素敵な思い出にしたいものですね。2通りの方法を紹介させていただいたので、予算や好みに合わせて考えてみてください!

(文/ゆー 編集/シンママStyle編集部 画像/123RF)

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!