取っておくと好印象!おすすめの料理の資格

資格といわれると、大抵の場合は仕事上のスキルにしか直結しないものというイメージがありますよね?  しかし、中にはお仕事だけでなく、日常生活にも役に立つ資格があるのをご存知でしょうか?  しかも、そんな資格の中には実は自分だけでなく、家族にも役立つものが多いのです。今回は、その中でもお料理に関する資格を紹介していきます!

161

資格といわれると、大抵の場合は仕事上のスキルにしか直結しないものというイメージがありますよね?  しかし、中にはお仕事だけでなく、日常生活にも役に立つ資格があるのです。しかも、そんな資格の中には、自分だけでなく、家族にも役立つものが数多くあります。

今回は、その中でも「お料理」に関する資格を紹介していきます!

 

(1)ビジネスでも活きる資格!フードコーディネーター

162

まずはビジネス寄りの資格であるフードコーディネーターについてご紹介します。

フードコーディネーターとは食に関することにおいて幅広くコンサルティングを行う資格です。例えば飲食店での新メニュー開発に携わったり、盛り付け方の指導や、食器などの小物の活かし方を考えたり、また、料理教室の開催などを行います。
必要な知識の幅も当然広く、食材の情報だけでなく、食を楽しむための環境や食器の効果的な使い方、飲み物の知識まで要求されます。

フードコーディネーターとして働くために特別な資格は必要ありませんが、「特定非営利活動法人 日本フードコーディネーター協会」による「フードコーディネーター資格認定試験」の資格を取れれば、テレビでも活躍しているフードコーディネーターと同じように職業として第一線でも活動できるようになります。

 

(2)アスリートを支える資格!アスリート・フードマイスター

163

次に、アスリート・フードマイスターについてご紹介します。この資格は、名前の通り、アスリートの食に携わるものです。

アスリートにとって、食というものはトレーニングの次に大事なものです。トレーニングに適当な料理で食事を済ませてしまうと、トレーニングの効果は大幅に減少します。適切な料理を食べることで翌日の疲労度を抑えたり、トレーニングの効果を活かしたりすることができるのです。体づくりというものは、トレーニングや睡眠はもちろんのことですが、食べたものが体の一部となっていくため、食事に大きく気を使わなければなりません。

特に、体育会系の家族を持つ方や、アスリートを支える仕事を目指したい方には必要な資格といえるでしょう。必要になる知識は、食に関する知識はもちろん、トレーニング後の料理を提供するタイミング、対象となる人物の年齢・競技の理解などです。この資格は株式会社アスリートフードマイスターが主催する試験をパスできれば、晴れて資格取得となります。

現在メジャーリーグで活躍している、田中将大投手の奥さんである、タレントの里田まいさんもこの資格を取得し、話題になりました。旦那さんや気になる人がアスリート志向の方は、できる女をアピールできるかもしれませんね!

 

(3)あのローラも持ってる資格!食生活アドバイザー

164

「おっけー」などの適当語録で有名なローラさんですが、意外なことに資格を持っています。その資格というのは、食生活アドバイザーというものです。

食生活アドバイザーは、主に健康な食生活をサポートするための資格です。特に昨今では食の安全や健康が重要視されてきており、さまざまな場面での活躍が期待されます。この資格はFLAネットワークが主催の食生活アドバイザー検定に合格すれば、晴れて資格取得となります。

資格取得後は、食材の知識を活かし、飲食店でのメニューの考案や、食材管理の指導、また、食育現場での指導や介護・医療のサポートまで行うことができます。家族や自分の健康を食事から管理することができるのも大きな魅力です。

 

(4)最後に

165

「食」は健康な体を作る上で最も重要な要素のひとつです。正しい知識を備えて自分だけでなく、他人の健康を思いやることができるようになるために、資格の取得を目指してみてはいかがでしょうか?