子供3人を育てるシングルマザーに必要な生活費って?

母ひとり子ひとり、その生活だけでも大変なのに、子供が三人もいれば生活がもっと忙しくなり、大変になるのは簡単に想像できます。ですが、実際にシングルマザーとして子供を三人育てているお母さんがいるのも事実です。シングルマザーになる経緯は人それぞれなので、いきなり自分ひとりで子供三人を育て上げなければいけなくなった、という状況になってもおかしくはありません。 そんなときにまず一番に頭に浮かぶ問題点は、生活費のこと。では、三人の子供をしっかり育てるにはどのくらいお金がかかり、どのように生活費を工面していけるのでしょうか?

281

母ひとり子ひとり、その生活だけでも大変なのに、子供が三人もいれば生活がもっと忙しくなり、大変になるのは簡単に想像できます。ですが、実際にシングルマザーとして子供を三人育てているお母さんがいるのも事実です。シングルマザーになる経緯は人それぞれなので、いきなり自分ひとりで子供三人を育て上げなければいけなくなった、という状況になってもおかしくはありません。

そんなときにまず一番に頭に浮かぶ問題点は、生活費のこと。では、三人の子供をしっかり育てるにはどのくらいお金がかかり、どのように生活費を工面していけるのでしょうか?

 

(1)子供3人を育てる為に必要な生活費っていくら!?

282

両親と子供が3人いる家庭はダイヤモンドオンライン調で25.2万円かかるそうです。お父さんがいないのでここまでかかることはないと思いますが、その分収入も減ってしまいます。シングルマザーの平均年収がおよそ180万円ですから、20万円と考えてもなかなか厳しいものがありますよね。また、こどもを幼稚園から大学まで、すべて公立に通わせるとしても総額2900万円ほどかかると言われています。

3人を育て上げるために、削れるところもあるので3倍はかかりませんが、それでも母ひとりの収入だけではきりつめた生活を強いられそうです。無駄な出費を抑えて、かつ親子で楽しく仲良く暮らしていくためにはどのようにしていけば良いのでしょうか。シングルマザー向けの支援制度と、生活費を守るための節約術について紹介します!

 

(2)やばい!足りない!そんな方に紹介したい支援制度

283

子供三人育てていくのにこれだけお金が必要だと、正直苦しい場面もでてきますよね。でも安心してください! シングルマザーに対する手当は数多く存在します。それぞれの自治体によって用意されている制度も受給対象者も異なるので、積極的に自治体に問い合わせてみてください!

シングルマザー向けの支援のうち大きなものは児童扶養手当や就学援助、結婚経験があるシングルマザーに対しては寡婦控除というものも存在しています。児童扶養手当は所得に応じて受給額は変わってしまいますが子供三人の場合だと最大で約五万円の受給が可能です。就学援助は子供のランドセルや体操服など学用品のサポートを市区町村がサポートしてくれるものです。世帯人数や所得で金額は変わってしまいますが、大半が返ってくるケースもあるので、申請の準備はすすめてみると良いかもしれません。

寡婦制度は結婚経験がないと受けられない支援ですが、シングルマザーの税負担が軽くなるという制度です。所得から27万円の控除が受けられ、家計を大きく助けてくれる手当となっています。

冒頭にも書きましたが、支援といっても自ら動かなければ行政は手を貸してはくれません。どのような支援があるのか自ら積極的に探し、行政が行っているサポートはフル活用していき、生活費にまわしていきましょう!

 

(3)やっぱり足りない!そんな時はここを削る!

284

それでもお金が足りない! いろいろな理由で支援対象に入らなかった! そんな方のために生活費からどこを削っていくべきかまとめてみました。

まずは食費。やはり人数が多ければ食費もかかるもの。なるべく自炊をして、外食に頼らないようにしましょう! お菓子作りも、親子で作ればコミュニケーションがとれて楽しい時間が過ごせる上に、お金がかからないのでおすすめです!

つぎに削れるところは生活雑貨にかけるお金です! 子供服などはおさがりにして、上の子から下の子まで使っていきましょう! また、新しいものがほしくなったら、まずはリサイクルショップなどで探してみてはいかがでしょうか。比較的安価で手に入りますし、子供服だときれいなもの、新品同様のものも見つかりやすいです。

最終的に削れるのは家賃、つまり実家で暮らすことです。全体的な生活費も削減できますし、なにより子供の面倒をみてくれる人が増えます。しかし、実家に暮らしてしまうと先ほど紹介したような支援を受けられなくなる可能性も高くなるので、注意しましょう。

 

(4)最後に

285

いかがでしたか? 子供が三人いる状況なだけでも大変なのに、その上シングルマザーとなると気が遠くなるほど忙しそうですね。たしかに、生活費の工面はその中でも大きな問題です。それでも様々な支援と節約術があります。子供がたくさんいるのは金銭的につらいことではありますが、家族が多いと考えれば楽しいことも多いはずです! お子さんと楽しく仲良く生活するためにも、節約頑張っていきましょう!