ライフスタイル

シングルマザーが友人へのプレゼントで喜ばれるものとは

ゆー

お誕生日やお祝いなどで、友人にプレゼントする機会はありませんか。せっかく贈るのだから、喜んでもらえるものがいいですよね。そこで、プレゼント選びに注意しておくといいことと、喜んでもらえるおすすめのプレゼントを紹介します。

■独身の友人にプレゼントするときは

◎選ぶときのポイント

好みに合うものやいくつあっても困らないもの、おしゃれなものなどが好まれます。実用的で毎日の生活に役立つものもいいでしょう。

◎おすすめのプレゼント

☆「マグカップ」

好みが分かれるような派手なものではなく、シンプルだけど品があるブランドものを選びましょう。比較的安価なものならフランフラン、ちょっと高価なものならウェッジウッドのマグカップはどうでしょうか。あらかじめ、友人が好きなブランドが分かっていればそこのものを選んでもいいでしょう。彼氏や彼女がいる友人なら、ペアのマグカップを送っても喜ばれますね。

☆「紅茶のセット」

ちょっといいブランドの紅茶は、紅茶好きな女性に喜ばれます。おすすめのブランドは、「LUPICIA(ルピシア)」のお茶セットです。お菓子との組み合わせをするのもいいですし、紅茶以外にも緑茶やハーブティーなどバリエーション豊かな商品をセットしてあるものを購入してもいいでしょう。

価格的にも2000円から3000円台でそれなりに見栄えがいいプレゼントを贈ることができます。

☆「ハンドクリーム」

化粧品には肌に合うかどうかが分からないのですが、ハンドクリームは肌質をあまり考慮せずに済むほうではないでしょうか。ブランドのおすすめは「ロクシタン」です。ハンドクリームとソープのセットがギフトの定番商品となっています。メンズ用も扱っているので、男友達用で迷ったらここのブランドを見てもいいでしょう。

■結婚する友人にプレゼントするときは

◎選ぶときのポイント

結婚する友人に送るプレゼントの相場は平均して1~2万円とされています。結婚において縁起が悪いとされるものに、「切る」「消費してなくなる」「割れる」「壊れる」ことを暗示させるものは、基本的にはよくないです。

ただし、友人からリクエストがあったり、あまりそういった縁起を気にしない友人だったりする場合にはそのときに応じて考えましょう。

◎おすすめのプレゼント

☆「名入れ商品」

マグカップやタオルなど、名前を英語で入れて贈るのもおしゃれです。ル・クルーゼのマグカップは名入れができるし、おしゃれでブランドとしても定評があるのでおすすめです。

☆「ペア商品」

ペアで使うマグカップのほか、夫婦箸、バスタオル、パジャマなど色違いでプレゼントするのも喜ばれます。

☆「商品券」

新生活のスタートには、家電や日用品、家具などいろいろそろえなければなりません。商品券はお店で使うことができるので即戦力となってくれるはずです。現金の代わりですから、これをもらって迷惑に思う人はそういないでしょう。

☆「生活家電」

コーヒーメーカーやハンドブレンダー、ジューサーなど新生活で使える家電もおすすめです。とくに、ハンドブレンダーはいろいろな食品をつぶしたり混ぜたりできて料理に活躍しますし、収納に場所もあまり取らないのでおすすめです。

■出産した友人にプレゼントするときは

◎選ぶときのポイント

産後は何かといろいろなものが必要です。しかし、便利な育児グッズはすでに持っているものがあるかもしれないので、一般的にママがよく持っていると思われるものは、確認しておく必要があります。最も無難なものは、おむつやおしりふきなどの消耗品やいくつあっても当面は困らないもの、知育にいいとされているものではないでしょうか。

◎おすすめのプレゼント

☆「おむつケーキ」

ネットでおむつケーキと検索するだけでたくさん種類が出てきます。タオルや紙おむつを使って豪華な段ケーキのようにデコレーションされたものです。キャラクターものもいろいろありますので、友人が好きなキャラクターを知っていればそれを選ぶのもいいですね。

また、生まれた子どもが女の子ならピンク系、男の子ならブルー系で選んでもいいでしょう。おむつのサイズは、すぐにサイズアウトする新生児用よりも長く使えるSサイズを選ぶと無難です。

☆「赤ちゃん用おもちゃ」

産後間もない場合は、赤ちゃん用のおもちゃはあまりそろえていないことが多いです。歯固めや鳴るおもちゃ、音のなる絵本もいいでしょう。ひとつひとつは安いので複数そろえてプレゼントすることができます。

☆「オーガニックや無添加の化粧品」

ママと子どもと兼用で使える保湿剤などの化粧品はおすすめです。「ナチュラルサイエンス」というメーカーが扱う「ママ&キッズ」のブランドには、シャンプーやボディソープ、乳液など自然派の化粧品がそろっています。デリケートな赤ちゃんの肌にも使えるし、敏感肌のママにもおすすめです。

■友人の子どもにプレゼントするときは

◎選ぶときのポイント

すでに持っているものや好みに合わないものを選ばないようにしましょう。好みがわからない場合は、それがあれば好きなものを買える現金に代わるものがおすすめです。また、いくら子どもが喜ぶものであっても、その子のママが喜ぶものでなければなりません。

よって、たとえば小学生の間でゲームが流行っているからといって、ゲームソフトやDSをプレゼントしても、母親がゲームをさせないと決めている家庭では、全く迷惑でしかないプレゼントとなってしまいますので注意しましょう。

◎おすすめのプレゼント

☆「ギフトカード」

ブランドものの服や雑貨を買っても、好みに合わなければ悲しいですよね。かといって現金をプレゼントすることもできないので、そんなときはギフトカードを送りましょう。図書カードやQUOカード、JCBギフト券、Amazonギフト券、ユニクロのギフト券などがおすすめです。

☆「知育おもちゃ」

子どもが長く遊べて、知育にもいいおもちゃはほとんどのママに人気です。レゴブロック(小さな子にはレゴデュプロ)や積み木などは、手先の訓練にもなり頭も使うのでおすすめです。

☆「お菓子の詰め合わせ」

あまりお金をかけられない場合や軽いプレゼントには、駄菓子の詰め合わせでも喜ばれます。ちょっといいプレゼントがしたいときには焼き菓子の詰め合わせも素敵ですね。

■子育て中の友人にプレゼントするときは

◎選ぶときのポイント

育児中の友人にプレゼントするときは、子育てに役立つものをプレゼントするといいでしょう。とくに、実際に自分がママとして使ってみてよかったものを選んでもいいですね。

とくに、育児中は子どものためにお金をかけても、自分のために時間をかけられない人が多いので、「自分ではあえて買わないけど、育児の時短になるもの」が喜ばれる傾向にあります。

◎おすすめのプレゼント

☆「バスローブ」

バスローブと聞くと、映画などを思い浮かべて海外やセレブがお風呂上りにまとっているイメージがありますよね。子育てママはお風呂上りも、自分の体をちゃんとふくことや着替える余裕もなく、子どもに先に着替えさせなければいけないことって多々ありますよね。

そんなときに、バスローブがあればお風呂上りにさっと体をふいて着るだけで、湯冷めもしにくくパジャマを着るまでの時間を有効に使うことができます。実際に、バスローブをもらったママも「自分ではわざわざ買わないけど、もらって役に立っている」と喜んでいるようです。

☆「エステのチケットや美容家電」

子どもが小さいうちは、自分の美容にかける時間やお金にも余裕がないことが多いです。だからこそ、「いつも子育ておつかれさま」の意味も込めて、エステの券や美容家電を送るのも素敵ですね。子育ての役には立たないかもしれませんが、リフレッシュになりストレス発散にもなります。

~おわりに~

友人と一言いっても、付き合い方や関係性によってプレゼントの選び方も変わってきますね。最も無難な選び方は、あると嬉しいけど自分ではあえて買わないもの、実用性があるもの、長く使えるもの、ではないでしょうか。プレゼントには相場がありますが、何よりも相手が喜んでくれることを考えて選ぶことが大切です。

(文/ゆー 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

ゆー
8歳、6歳、5歳、2歳の4人の子どもの育児中です。シングルマザーではありませんが、平日はほぼ1人で育児をしています。夫はいても安月給でそのうえ左遷されてしまい、いよいよ危機感を感じ、今年から徐々に本腰入れて働き始めました。産後にかなり体調を崩していましたが、ようやく立ち直りました。ライティングはこの数年で少しずつ始めました。ライティングの仕事では、主にこちらの「シンママstyle」にてお世話になっています。 仕事ではパワハラに会い、妊娠中は流産・死産を経験し、末っ子では産後に先天性の病気が見つかるなど、色々と人並みかそれ以上の苦労はしてきました。シンママと同じようにというわけにはいかないかもしれませんが、いち母親として子育ての大変さ、そして何ものにも代えがたい思い出や良かったこと、おすすめしたいこと、働くママの家事育児のコツなどを経験としてメッセージに乗せていけたらいいなという想いで執筆中です。 資格や免許は英検準1級、教員免許です。得意の英語を生かして子どもに英語を教えてきました。また、教育を通じて、思春期の時期の子どもともかかわってきました。好きなキャラクターは、すみっこぐらしのしろくま、ディズニーのダッフィーです。最近の楽しみは、インターネットショッピングやイベント参加、クーポン使ってお得に外食に行くことです。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!