• HOME
  • ライフスタイル
  • シングルマザーが抱える罪悪感、どう対処する? 具体的な方法をお伝えします!

ライフスタイル

シングルマザーが抱える罪悪感、どう対処する? 具体的な方法をお伝えします!

ゆー

死別であれ、離婚であれ、シングルマザーは罪悪感を抱える場面がいくつかあります。ママが悪いわけではないのだから、罪悪感を持つ必要はないよと言われても、そう簡単に拭い去ることが難しいものです。でも、ずっと罪悪感を持っているとママにとっても子どもにとってもマイナスです。

そこで、シングルマザーがどんなときに罪悪感を持つか、ということや、具体的にどう対処して乗り越えているかをお伝えします。

■シングルマザーが抱える罪悪感

シングルマザーが抱える罪悪感としては主に次のようなものがあります。

・離婚して間もないころに子どもを叱るとき

・園や学校の行事に参加するとき

・イベントなどで一緒にお弁当を食べるとき

・週末にお出かけするとき

・写真館で写真を撮るとき

・子どもに「離婚してほしくなかった」「パパと暮らしたい」「パパがいなくて寂しい」と言われたとき

それぞれの具体的な状況について、まとめてみました。

●離婚して間もないころに子どもを叱るとき

子どもは親が思うように行動してくれなかったり、時には悪いことをしてしまったりすることもあります。反抗期になると親に反発することも出てくるでしょう。

そんなときに、「親の都合で離婚してつらい思いをしているはずだから、あまりきつくしかるとかわいそうかもしれない」という気持ちと、「親なんだから、しつけとしてここはしっかり言ってきかせないといけない」という気持ちがせめぎ合うときがあります。

●園や学校の行事に参加するとき

保育園や幼稚園・学校などの行事に参加すると、両親そろった家族を見て子どもに申し訳なく思うことがあるかもしれません。とくに、親子で参加するプログラムがあると、「パパがいれば子どもはもっと喜んだかな」「このプログラムには男親がたくさん参加しているから、自分では申し訳ない」と考えてしまうと、子どもに対して罪悪感を抱くかもしれません。

●イベントなどで一緒にお弁当を食べるとき

親子遠足や運動会など、子どもと一緒にお弁当を食べる機会があります。小学校では、運動会は子どもはそれぞれの教室で食べて親は家や外で食べるというスタイルのところもありますが、もし子どもと一緒にお昼やお弁当を食べることになると、子どもに言われたことで罪悪感を持つことがあるかもしれません。

「パパも一緒に食べたかったな」と子どもが言ったり、ちょっと悲しそうに見えたりしただけで、「ごめんね」と思ってしまうものです。

●週末にお出かけするとき

土日や祝日など、多くの家族がお出かけすることが多いです。というのも、会社は土日祝休みのところが多いからです。ショッピングセンターや遊園地、広い公園などに行くと多くの家族連れを目にします。

なかには面倒見がいいパパがいて、子どもと一緒に遊んだり楽しそうにしたりしている姿をみると少し後ろめたい気持ちになってしまうのも理解できます。

●写真館で写真を撮るとき

お宮参りや七五三、入学、卒園などいろいろな節目で写真を撮りたいと思うことがあるでしょう。一生に一度しかない記念すべき瞬間を残しておきたい、という気持ちは誰しもありますよね。しかし、子ども写真館に行くと、ほぼ必ずといっていいほど両親やときには祖父母までそろって仲良さそうに写真を撮る姿が目に入ります。

「パパがいれば、もっと楽しく素敵な写真が撮れたのかな」と思う一方、「子どもはどう感じているのかな。ママと二人だけで」という心配が頭をよぎるかもしれません。

●子どもに「寂しい」などと言われたとき

夫婦の間でさまざまな事情で離婚した場合でも、子どもの本音はどんなパパでもパパなのです。子どもの願いで離婚したのではない限り、子どもがパパを欲したとき「子どもからパパを奪ってしまった」と感じるママも多いです。離婚後はひたすら子どもに謝り続けたというシンママさんもいます。

■シングルマザーが罪悪感を持たずに済む方法

罪悪感を持っているとき、ママの顔はどうですか? 気持ちだけでなく顔まで暗くなっていませんか? それを家庭に持ち込んでしまっていませんか。それは、ママにとっても子どもにとっても望ましくないことです。そこで、シングルマザーが少しでも罪悪感から離れて明るく生きるための方法を考えてみました。

●助けを求める

罪悪感を持ちやすい状況は、もしかすると知らないうちにママの心や時間に余裕がなくなっているからかもしれません。あるシンママの友人は、自分で離婚を決めたのだし、自分で何もかもやるのが当然だし、安上りだと思っていたそうです。しかしこれは結果として、自分自身の疲労や※燃えつき症候群につながり、思考もマイナスになってしまっていました。

しかし、夕食の準備中に祖父母に子どもの面倒を頼んだり、兄弟に子どもの遊び相手を頼んだり、難しいときには有料のサポートサービスを利用することで少しずつ自然にうまく一日を回していけるようになったそうです。

●子どものことを200%好きだと伝える

シングルマザーはどれほど頑張っても、完全にパパの代わりをすることは不可能だし無理だと割り切った方が楽です。それならいっそのこともっと楽な方法を取ってはどうでしょうか。

例えば、「パパはいないけど、パパの分もあなたのことが好きよ」「あなたのことを200%好きだよ」と伝えることです。

子どもが小さいころは、とにかく周りと比べてすぐにうらやましがって、「あの子にはパパがいていいな」というようなことをすぐに口にします。しかし、ママからの愛情をしっかりと感じていて満たされていれば、だんだんと大人の事情がわかってくる年ごろには言わなくなるでしょう。

●写真やこれまでやってきたことを見返す

自分と子どもとの家族写真を撮っていますか。子育てや仕事で心が折れそうなとき写真を通じてこれまでやってきたことや思い出を見返すことで、「これまで自分はよくやってきた」と肯定的にとらえることができるようになってくるでしょう。

●父親が必要なときの代わりを見つけておく

力仕事や行事などで、父親がいればいいのにと思うときがあるかもしれません。そんなときは、身内や友人の力を借りるのもおすすめです。

自分の父親や兄弟などに来てもらうことで、一時的に代役を務めてもらうことができます。最近は年の離れた夫婦もいるので、子どもの祖父が運動会で一緒にいても、「パパ?」と周りから思われることがあるかもしれません。

●周りの目や評価を気にしない

「パパがいなくてかわいそう」とか、「あの人シングルマザーなんだって、大変ね」とか、暇な人はちょっと気になった人のことをいろいろと好き勝手言うものです。

それにいちいち気にしてこだわってしまうと罪悪感がより強くなってしまいます。大切なのは、周りよりも子どもです。子どもがそう言ったのなら、気にしてあげてしっかり抱きしめてあげましょう。

シングルマザーになるにも、いろいろな事情があって他人はその人にはなれないから100%事情を分かっているわけではありません。あなたはあなたしかなれないのです。

●離婚シングルマザーは、もし離婚しなかったらどんな悲惨なことになったかというマイナス面を考えてみる

死別シングルマザーは当てはまらないかもしれませんが、夫の暴力などの被害や性格の不一致で離婚した場合は、あのまま離婚していなかったらどんな悲劇が待っていたか、ということを考えてみるといいかもしれません。

夫婦の仲が悪く喧嘩ばかりしていたら、子どもは人の顔色をうかがってばかりの人になってしまうといわれています。そんな子に育てたくはありませんよね。だから、離婚してむしろ良かった、自分にとっても子どもにとっても幸せだったと気持ちを切り替えて考えてみることも必要です。

~おわりに~

子育てというものは終わりがなく、楽しい反面つらいときも多々あります。そのため、ちょっとしたミスでも心が折れやすいものです。それはシングルマザーだけに限らず、子育て中のママがみんな感じていることです。しかし、シングルマザーは子どもにパパがいないことで人一倍子どもに罪悪感を持ちやすいのです。

例え罪悪感を持ったとしても、それをずっと引きずっていてはそれが子どもに伝わってしまい子どもも悲しい気持ちになってしまうでしょう。ここで紹介したいくつかの方法を試していただき、それが少しでもママが明るい気持ちで過ごすきっかけになってもらえれば幸いです。

※燃えつき症候群

英語でバーンアウトともいわれ、一定の生き方や感心に対して検診的に努力した人が期待した結果が得られなかったため、感じる疲労感や欲求不満。あるいは、努力の結果、目標を達成した後に生じる虚脱感を指す場合もある。

慢性的で絶え間ないストレスが持続すると、意欲をなくし、社会的に機能しなくなってしまう。一種の心因性うつ病とも説明される。

引用)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%87%83%E3%81%88%E5%B0%BD%E3%81%8D%E7%97%87%E5%80%99%E7%BE%A4

(文/ゆー 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

ゆー
8歳、6歳、5歳、2歳の4人の子どもの育児中です。シングルマザーではありませんが、平日はほぼ1人で育児をしています。夫はいても安月給でそのうえ左遷されてしまい、いよいよ危機感を感じ、今年から徐々に本腰入れて働き始めました。産後にかなり体調を崩していましたが、ようやく立ち直りました。ライティングはこの数年で少しずつ始めました。ライティングの仕事では、主にこちらの「シンママstyle」にてお世話になっています。 仕事ではパワハラに会い、妊娠中は流産・死産を経験し、末っ子では産後に先天性の病気が見つかるなど、色々と人並みかそれ以上の苦労はしてきました。シンママと同じようにというわけにはいかないかもしれませんが、いち母親として子育ての大変さ、そして何ものにも代えがたい思い出や良かったこと、おすすめしたいこと、働くママの家事育児のコツなどを経験としてメッセージに乗せていけたらいいなという想いで執筆中です。 資格や免許は英検準1級、教員免許です。得意の英語を生かして子どもに英語を教えてきました。また、教育を通じて、思春期の時期の子どもともかかわってきました。好きなキャラクターは、すみっこぐらしのしろくま、ディズニーのダッフィーです。最近の楽しみは、インターネットショッピングやイベント参加、クーポン使ってお得に外食に行くことです。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!